櫻井翔、子どもの頃にやりたかった!「スマイルゼミ」新TVCMでタブレットを使った最先端の学びを体験

[2021年11月18日04時00分]  【商品・CM】

櫻井翔、子どもの頃にやりたかった!「スマイルゼミ」新TVCMでタブレットを使った最先端の学びを体験

株式会社ジャストシステムは、タブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」の新テレビCMに嵐の櫻井翔さんを起用し、『学年を超えた学び』篇(15秒)、『みんなで学べる』篇(15秒)、『櫻井翔さん体験(小学4年生・小学5年生・中学2年生)』篇(3種・各15秒)を制作、2021年11月18日(木)より順次放送開始、公式サイトでも公開する。



「スマイルゼミ」は、2012年に国内初として開講した、タブレットで学ぶ、幼児・小学生・中学生向けの通信教育。タブレットで学ぶ教材ながら幼児から中学生まですべてのコースで「書く学び」にこだわり、紙での学習と同じように書くことができるため、ストレスなく、質の高い学習効果が得られる。幼児コースでは、お子さま一人でも楽しく学びを進められる仕組み、小学生コースでは、学習の習慣化を促すサイクルと教科書準拠(※)の学び、中学生コースでは、一人ひとりが最適な学習プランと教材で学べる「個別指導式学習」の仕組みなど、お子さまの成長に合わせて“いま”必要な学びを提供している。また、お子さまの学習状況や理解度はすべて保護者のスマートフォンに共有されるため、適度な距離をとりつつ見守りが可能だ。

来春より幼児・小学生コースでは、幼児から中学レベルまで学年を超えて“先取り”や“さかのぼり”ができ、“学力の体幹(コア)”を鍛える無学年学習「コアトレ」と、タブレットを通して他のスマイルゼミ会員と競い合いながら学習ができ、家にいながらまるで教室にいるような楽しさで取り組める「みんトレ」を、価格は据え置きで提供される。

CM撮影にあたり、専用タブレットを用いて小学4年生、小学5年生、中学2年生の各コース、そして「みんトレ」を実際に体験した櫻井さんは、「驚きの連続でした!」と声を弾ませます。「スマイルゼミなら“書く”ことや“聞く”ことができる教材で、細かく丁寧に教えてもらえるので、(勉強が)楽しくなるんじゃないかな」と、感想を述べていま。
※小学1年生~4年生の英語は、オリジナルの教材を配信。

●『学年を超えた学び』篇
「タブレットで学ぶ通信教育のスマイルゼミは、この度新しい学びを提供します」と櫻井が紹介するのは学年を超えて“先取り”や“さかのぼり”の学習で“学力の体幹”を鍛える無学年学習「コアトレ」。「小学校の教科書に合わせた学び(※)だけではなく、新たに『学年を超えた学び』が加わります」と、一人ひとりの理解度に合わせてスモールステップで進められ、得意分野は学年に関係なく先取りし、苦手な分野は学年をさかのぼって学び直すこともできる「コアトレ」が新たに加わることを伝える櫻井。「さあ、学びの最先端へ」と誘う。
※小学1年生~4年生の英語は、オリジナルの教材を配信。

●『みんなで学べる』篇
「頑張ろうね!」と声をかけ合いスマイルゼミのタブレットに向き合う櫻井と男の子。2人が挑戦するのはタブレットを通じて他のスマイルゼミ会員と競い合いながら学習し、反復学習、実力アップにつながるスマイルゼミの新しい学び「みんトレ」。櫻井の「はじめ!」の声に合わせ、同じく「みんトレ」に取り組む二人の女の子も加わる。タブレットを用いて紙での学習と同じように書きながら問題を解いていく4人。解答方法がひらめき「そうだ!」と目を輝かせる男の子。計算問題に正解し「よし!」と笑顔の女の子。一方櫻井は「あ~やべやべ」と思わぬ苦戦を強いられている様子です。家にいながらまるでみんなと教室にいるような楽しさで取り組める「みんトレ」。みんなで一緒に学べる「みんトレ」だからこそ、モチベーションが高まり、やる気が継続。最後は1位を獲得した男の子と櫻井が「イェーイ!」とハイタッチを交わす。

●『櫻井翔さん体験(小学4年生・小学5年生・中学2年生)』篇
専用タブレットで「スマイルゼミ」の学びを体験する櫻井。「今日はこれだよって教えてくれるのいいですね」「これは分かりやすい!」「(漢字の)ハネまでチェックしてくれるんだ」「これなら自分でやりたくなるな」と、スマイルゼミならではのアニメーションを多用した問題や解説、書いた文字が丁寧に判定される様子などに興味津々。さらに「国語に算数、英語、理科、社会、5教科全部!」「(英語の会話音声を聞いて)これは聞く力つくね」「これなら苦手意識持たずにできそう」と、最先端の“学び”を目の当たりにして感心しきり。「記述問題だ。これは力つくね」「どこでどう間違えたか教えてくれるんだ」「自分のペースで何回もできるし、部活とかとも両立できるね」と、開講10周年を迎え、ますます多くの方々から支持される「スマイルゼミ」に、納得の表情を浮かべる櫻井なのだった。

●「スマイルゼミ」で最先端の学びを体験!
「よろしくお願いします」とスーツ姿でスタジオ入りした櫻井さん。監督から演出の説明を受け「アンバサダーのような立場でスマイルゼミをご紹介していただきます」とのリクエストに背筋が伸びる。『櫻井翔さん体験』篇では専用タブレットを用いて小学4年生、小学5年生、中学2年生の各コースを、『みんなで学べる』篇ではタブレットを通じて他のスマイルゼミ会員と競い合いながら学習できる「みんトレ」を実際に体験した櫻井。感想を聞いてみると「驚きました。僕の子どもの頃には無かったですから。タブレットを使って学ぶ、しかもそれぞれの学力に合わせて学ぶことができるというのは、一人ひとりのペースに合わせて勉強できると思いましたし、何よりスマイルゼミなら、楽しみながら勉強できるなって思いました」と感心した様子だった。

●「え!終わっちゃった・・・」
撮影は順調に進み、リビングを再現したセットの中で小学生の男の子と一緒に「みんトレ」に挑戦するシーン。実際に専用タブレットを用いて次々と問題を解いていく櫻井さんと男の子。撮影の合間には、一緒に解いた問題を振り返ったり、学校生活についての話など、会話が弾みます。そうしているうちに「櫻井さんの撮影はすべて終了となります。お疲れ様でした!」との声が。「え!終わっちゃった・・・」と驚きをかくせない櫻井だったが、最後は「今日はありがとね!」と笑顔で男の子とハイタッチを交わし、スタジオを後にした。

●自宅でも、学校や塾と同じように学べる
櫻井自身が子どもの頃に「スマイルゼミ」があったらやりたかったですか?と尋ねると、「やりたかったです!面白いなと思いました。時間も場所も選ばないから、部活や他の課外活動をやっていても、自分のペースで(勉強を)できると思います」とのこと。「特に今の世代の子はきっとタブレットに馴染んでいるから、よりフィットして勉強できるんじゃないかなと思います。苦手教科も、むしろゆっくり自分のペースで勉強できるからいいですね」と櫻井さん。「何より、家にいる時間が増えたり学校や塾に行けないときでも、より一層学べる機会が増えるんじゃないかなと思います」と、(タブレットで学ぶ)スマイルゼミの魅力を次々と語った。

「スマイルゼミ」公式サイト


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. NHK「アンという名の少女3」第8話あらすじと見どころ:突然におとずれる変化
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. NHK「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」第13話あらすじと見どころ:ナ・イヌが剣を握る理由!|全22話
  4. NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」新婚の深津絵里とオダギリジョーは京都へ!第13週予告動画と第12週ネタバレ
  5. 2022全日本卓球選手権大会ライブ配信

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,608タイトル、  85,993作品!