初回視聴率6.5%「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」第2話で黒木華が新編集長に就任!第1話ネタバレと予告動画

[01月07日13時21分]  【ドラマ】

初回視聴率6.5%「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」第2話で黒木華が新編集長に就任!第1話ネタバレと予告動画
<br/>

@フジテレビ

クセモノぞろいの編集部員、溝端淳平、野村周平、野間口徹、石井杏奈が魅力的!安藤政信に早くもラスボスとの考察も!フジテレビ木曜劇場「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」2022年1月13日(木)夜10時放送の第2話のあらすじとみどころ、第1話のネタバレあらすじを紹介!予告動画は番組公式サイトで、見逃し配信はFODプレミアムとTverで配信中。



「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」は、大手出版社・クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の新編集長・瀬古凛々子(黒木華)と、そこで働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。初回15分拡大で放送された第1話の視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、世帯別、関東地区)だった。

第1話で、凛々子は経理部から突如「カンフルNEWS」編集部に異動してくる。空気が読めず、共感性もなく、与えられた任務を正確に実行するため、経理部の“ケルベロス(地獄の番人)”とアダナされている。殺気立つほどにまっすぐな仕事ぶりをみせる凛々子に対し、自分たちの仕事である“ネットニュース”に、まったく身を入れていない編集部員たちは文句ばかり。凛々子の同期・根津(溝端淳平)に至っては、自分の仕事を「クズ」だと吐き捨てるしまつ。常に辞書をめくって“言葉の真意”を読み解く凛々子は、“仕事”の意味を語ってきかせ「“仕事”はクズじゃない、そう思ってる人」と根津の姿勢を問うのだ。

「カンフルNEWS」が発信したフェィクニュースのせいで、編集長の山田は責任を取らされて早期退職することに。凛々子が書いた謝罪文ではPVは伸びなかったものの、盗作被害に会ったNゲージ店の店主は心の拠り所を手にし、ゲームアプリ会社は元社員から訴訟を受けることになった。“きちんと取材し、裏付けのある記事を書く”という至極当たり前のことなのに、「カンフルEWS」で忘れられていたことが、やっと成し遂げられたのだ。

第1話では、癖の強い編集部員それぞれの個性も丁寧に描かれていた。そんな彼らが、どの段階で仕事への姿勢を変えていき、凛々子が掲げた「5000万PV」に協力していくようになっていくのかを、予想するのも面白いのでは?そして、凛々子に指令を与えた仁和(安藤政信)の真意も気になるところだ。Twitterでは早くも仁和=ラスボスとの考察コメントが上がっている。

1月13日に放送される第2話では、編集長に就任した凛々子が、「円満離婚」という報道に「別れるのに関係は良好。意味がわからない…ザワザワする」と言って取材を開始。ところが、「カンフルNEWS」が、ほとんどの芸能事務所から取材NGや出入り禁止処分をくらっていることを知らされる。いったい、これまで何をやらかしてきたのやら…。お荷物編集部になり下がってしまった理由も、次回で明かされるのだろうか?
人気俳優の前橋恵一役で武田航平が、元女優の妻・清瀬みさと役で清水葉月がゲストとして登場。さらに、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に源義仲に仕える女武者・巴御前役での出演が決定している秋元才加が、前橋のマネージャーで根津の大学時代の先輩・牧紗耶香役で出演する。

知られざるネットニュースの世界を楽しめる本作。「真実をきちんと真実として伝えること」に重きを置く凛々子次に、次に暴かれるのは、いったいどんな“真実”なのだろうか!?

■前回:第1話 ネタバレあらすじ
他人の気持ちや場の空気を読むことは苦手だが、優れた洞察力を生かし矛盾や誤りを見抜く能力に長けた瀬古凛々子(黒木華)は、大手出版社クスノキ出版の経理部に所属し、その厳しいチェックぶりから“ケルベロス(地獄の番犬)”と呼ばれている。そんな凛々子の能力を認める執行役員の仁和正樹(安藤政信)は、クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しを凛々子に命じる。

古びた別館社屋にある「カンフルNEWS」には、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)のもと、凛々子と同期で口は悪いが人を丸め込むのが上手い・根津道春(溝端淳平)、女性にモテて、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌「ジャンクス」編集部を志望している・一本真琴(石井杏奈)が所属。

やる気のない彼らの仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかり。PV(ページビュー)は月間50万程度で広告もろくにつかないお荷物部署状態だった。編集部に来た凛々子は、リモートワーク中の彼らを召集し「ゴシップで攻める」という戦略を立て、月間5000万PVを目標に掲げた。編集部員たちは無理だと言い切る。

そんな中、編集会議でアイドルと人気声優の交際が噂されるきっかけとなったあるクリスマスパーティが話題に。そのパーティにゲーム・アプリ会社グリフィン・ラボの代表たちが出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知った「カンフルNEWS」の面々は、名誉棄損で訴えられる危険性があるという凛々子の反対を無視し、事実確認もせずにこのパワハラの件を記事にしてしまう。

凛々子の予想通り、グリファン・ラボから内容証明が届き、ワイドショーではグリフィンラボが「カンフルNEWS」に「フェイクニュース」を書かれたことへの訴訟も考えていると伝えられる。編集長の山田は本社に呼び出されてしまう。凛々子はまずは謝罪すること、それから記事の事実確認も必要と話すが、編集部員たちはこんな記事はどこでも書いている、謝罪だけで充分と意に介さない。読み手は敏感だから、謝罪しておけばいいでは済まないと凛々子は言い放つ。このままでは廃部になってしまうが、元より「カンフルNEWS」に身を入れていない編集部員たちは異動先を夢想するばかり。

凛々子は自分が謝罪記事を書くといい、事実確認の取材に入る。フェイクニュースになった原因を追求していくと、パワハラがあるという投稿記事をかいた人物が2年前からグリフィン・ラボに盗作の被害を訴えていたことが判明する。「Nゲージ好き」というプロフィールから山田は過去にかかわった人物を思い出し、そこから伝手をたどって投稿者を割り出そうということになる。2人は過去10年分の『週刊カンフル』の中から、掲載された記事を見つけ出した。

Nゲージ店を経営している金子の元を訪れた2人。そこには、週刊誌の記事にも映っていた金子が描いた3人の女性キャラが飾られていた。金子が「盗作された」というのは事実だった。しかし、盗作を訴えても勝てるはずもなく、ゲーム内で活躍する自分が作ったキャラクターに癒されてきたのだが、それもサ終となり、怒りの矛先を失い、「パワハラ」というフェィク投稿をしたのだという。

凛々子は被害者であり、加害者でもある金子の語ったこと全てを記事にすると言う。「あなたのやった事実を、ありのままに書きます。それが私の仕事ですから」

そして書き上げた記事に、凛々子は個人名を記載する。匿名にすることは、ネット社会の住民と同じだからという。凛々子の記事は大したPVを取ることもなかったが、訴訟は取り下げられ、凛々子の記事に勇気をもらった元社員がグリファン・ラボをパワハラで訴えるという波及効果が現れていた。

執行役員会議の結果、山田は責任を取る形で早期退職となり、凛々子が「カンフルNEWS」の新編集長に就任することになった。

■次回:第2話 あらすじ
凛々子(黒木華)は、早期退職した山田(生瀬勝久)に代わって、「カンフルNEWS」の編集長に就任。困惑を隠せない根津(溝端淳平)や下馬(野村周平)ら部員たちを尻目に、凛々子はせっせと編集部内の仕事環境を整える。

世間では人気俳優の前橋恵一(武田航平)と元女優の妻・清瀬みさと(清水葉月)の離婚が話題になっていた。ワイドショーで「円満離婚」と報じられているのを見た凛々子は、「別れるのに関係は良好。意味がわからない…ザワザワする」と言い出し、主演舞台が初日を迎える前橋の囲み取材に行くことに。根津たちは、「カンフルNEWS」が前橋の所属事務所だけでなく、ほとんどの芸能事務所から取材NGや出入り禁止処分をくらっていると告げるが、凛々子はまったく耳を貸さず、自ら取材に行って記事も書くと言い、出かけてしまう。

凛々子は、カメラマン役として根津を同行させ、前橋の公演先を訪れる。案の定、取材は断られてしまうが、前橋のマネージャーが根津の大学時代の先輩・牧紗耶香(秋元才加)だった縁で、今回だけという条件で囲み取材への参加を許される。ところが、そこで凛々子は「二人の間で性的な結びつきはいつまであったのか?」といきなり前橋に切り出し…。

フジテレビ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」は、2022年1月6日午後10時スタート。出演:黒木華 溝端淳平 野村周平 野間口徹 石井杏奈 寛一郎 一ノ瀬颯 りょう 安藤政信 生瀬勝久/ゲスト出演:武田航平 清水葉月 秋元才加 ほか。番組公式Twitterアカウントは「@gossip_cx」。PR動画は番組公式サイトにて公開中。

フジテレビ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」番組公式サイト
フジテレビ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」番組公式Twitter @gossip_cx
Tver「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」配信サイト

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FODプレミアム」

【2022年冬ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 『THE DANCE DAY』予選2位の“KUROKO”が優勝!日本ダンスNo.1優勝コメントと全員得点も
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 【「風と雲と雨」を2倍楽しむ】韓国ドラマ紹介、時代背景、各話のあらすじ、見どころ、キャスト紹介等

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,633タイトル、  86,017作品!