初回視聴率9.2%「ファイトソング」間宮祥太朗の“崖っぷち感”と麗しいピアノ弾き語りが話題に!第1話ネタバレと予告動画

[01月12日13時11分]  【ドラマ】

初回視聴率9.2%「ファイトソング」間宮祥太朗の“崖っぷち感”と麗しいピアノ弾き語りが話題に!第1話ネタバレと予告動画

@TBS

清原果耶にベタぼれの慎吾のLet's Dance が愛おしい!菊池風磨(Sexy Zone)のナチュラルな演技に注目集まる!TBS火曜ドラマ「ファイトソング」2022年1月18日(火)夜10時から放送される第2話のあらすじとみどころ、第1話のネタバレあらすじを紹介、予告動画が番組公式サイトで公開、第1話はParaviで配信中だ。



「ファイトソング」は、夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原果耶)、一発屋のミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)、万年片想いの一途な幼馴染・夏川慎吾(菊池風磨)の、不器用な3人のじれったくも切ない、恋と成長の物語だ。

1月11日に放送された第1話初回視聴率(ビデオリサーチ調べ、世帯別、関東地区)は、9.2%で発進となった。ドラマ放送中から「#ファイトソング」はTwitterトレンド1位をキープし、放送終了後は関連ワード「STAR TRAIN」「Let's Dance(レッツダンス)」「間宮祥太朗(間宮くん)」「菊池風磨(慎吾ちゃん)」「清原果耶(花枝ちゃん)」が続々ランクインし、トレンドを埋めつくすほどの盛り上がりを見せた。

間宮演じる芦田は闇を抱えているが、なんとか出口を探そうと苦悩する姿がなんとも魅力的。ピアノの弾き語りでは艶のある美声を披露し、たちまち視聴者を虜にした。

菊池風磨は、底抜けにポジティブで、花枝にベタ惚れしている幼馴染の夏川慎吾役をナチュラルに演じファンを狂喜させた。自分の仕事に命を賭けていると熱く語り、惚れた相手でも叱るときにはきっちり叱る、男気溢れる太陽のような慎吾も実に魅力的。ジャにのちゃんねる の「Let's Dance」がドラマでも観れたとTwitterで話題に。

そして、今までになく“動”なヒロインを演じた清原について「静の芝居が天才な印象だけど、花枝、新しくてとても魅力的」「花枝ちゃんの泣いているシーンに引き込まれた」「涙の演技がモネのそれとは違って、花枝ちゃんの涙・表情でした」と、演技力を絶賛する感想が寄せられた。

ドラマの終盤で、事故後の検査で両耳に聴神経腫瘍があり、耳が聞こえなくなる可能性もあると花枝が告知されていたことが判明する。空手を通じ“戦う”姿勢を貫いてきた花枝だったが、病を誰にも打ち明けられず、戦う気力を失っていたのだ。ヒロインが聴覚を失うという展開から、令和版「オレンジデイズ」(2004/TBS)になるのでは?といった意見も上がっている。

「音楽」が主題になっているのに、ヒロインには聴覚を失うかもしれないという苦難が…。「スタートライン」よりも良い曲が出来上がっても、花枝は聴くことができなくなるのだろうか?ポップでハートフルなラブコメと思っていたのに、どうやらそれだけではなさそう。岡田惠和脚本に、早くもいい意味で裏切られた。

1月17日に放送される第2話で、いきなり芦田に「つきあって」と言われた花枝は大混乱。直美(稲盛いずみ)に、「運命の人なんじゃない?」と言われ、浮かれてしまう。恋愛経験ゼロの花枝は、これで未来が変わるかも…と、最初の一歩を踏み出す勇気が芽生えたようだ。一方、常日頃から花枝に愛の告白をし続けてきた慎吾はモヤモヤするばかり。芦田からの仕事の依頼を自ら受けることにし…。

運命の出会いが波乱の幕開け!花枝の“人生最初で最後の恋”が今始まる!

■前回:第1話 ネタバレあらすじ
幼いころ母親を亡くし、絶望した父が失踪したため児童養護施設「あさひ学園」で育った木皿花枝(清原果耶)は、空手の日本代表をめざしていた。大学にはスポーツ推薦で入学し、オリンピック強化選手を選抜する全国大会で優勝を果たすも、その夜、交通事故に合ってしまう。まだ恋もしていないのに、人生ここで終わってしまうのかと、花枝は朦朧とする意識の中で悔やむのだった。

一年後、空手も大学も辞め、全てを失い人生どん底の花枝は、無気力でぐだぐだの毎日を送っていた。施設長・磯辺直美(稲森いずみ)はその姿をみかねて、幼馴染の夏川慎吾(菊池風磨)が経営する「サンシャインハウスクリーニング」でバイトとして働くように促す。

かつて一曲だけヒットを出し、今や落ちぶれたミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)は、事務所のマネージャー・伊達弓子(栗山千明)から、残り2ヶ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。良い曲がつくれないのは、真剣な恋をしたことがなく、人の心が分からないからではないか、自分と知り合わなかったら、もっとちゃんとした生き方ができたのではないかという弓子の言葉が芦田に重くのしかかる。

そんな中、マンションの郵便受けに「サンシャインハウスクリーニング」のチラシを見つけた芦田は、「運気が上がる」という宣伝文句に惹かれて掃除を頼むことに。掃除にやってきたのは、何度か見かけたことのある花枝だった。花枝が慎吾に、仕事に集中ではない理由を「どうしたらいいか、わからない。力がでないんだ。やる気なくて、進めないんだどこにも。なにしたらいいかわからない」と今の自分の状態を語っているのを耳にし、自分と同じように出口をみつけられないでいる花枝に関心を寄せていた。

部屋の掃除を始めた花枝は、音楽を聞きながらでもいいかと芦田に許可を求めた。花枝がしんどい時や、ここぞというときに聴く世界で一番大切な曲「スタートライン」は、芦田の唯一のヒット曲だった。「この曲だけあれば他はいらないんです」と自分の曲を讃えられた芦田。今もしんどい時がある「人生さいだいきついです」という花枝のために、黙ってピアノを弾き始める。

花枝は事故の時、検査で聴神経腫瘍があると告げられ、聴覚が失われる危険性を告げられていた。それを誰にも明かさず一人で抱え込み、どこにも一歩も踏み出せなくなっていた。養護施設に来てからずっと、人に涙を見せたことがなかった花枝だったが、芦田の歌に涙腺が崩壊…。芦田はハンカチでは足りそうにないと、バスタオルを花枝に手渡した。

芦田はふいに何かを言いかけ、「なんでも言ってください」という花枝に「俺と、つきあってくれない?」と思いもよらない提案をする。


※Paraviで1話~最新話まで配信中!

■次回:第2話 あらすじ
「俺と付き合ってくれない…?」ずっと聴いていた“勝負曲”の作者・芦田(間宮祥太朗)と、運命的な出会いをした花枝(清原果耶)は、感動も束の間、芦田からのあまりに突然の申し出に大混乱!一転、微妙な空気になってしまう…。

しかし、その話を聞いたあさひ学園の施設長・直美(稲森いずみ)は、「運命の人なんじゃないの?」と興味津々。花枝は、直美の言葉を否定しながらも、どこか嬉しそう。そんな花枝を見て、慎吾(菊池風磨)はモヤモヤするばかりだった。一方、芦田は、花枝に事情も話さず突然告白したことを猛反省していた。どうにかして花枝に会って謝ろうと考えた芦田は、思い切って再び“サンシャインクリーニング”に清掃を依頼する。しかし、家にやってきたのは慎吾で…?

TBS火曜ドラマ「ファイトソング」は2022年1月11日(火)夜10時スタート。主題歌:Perfume「Flow」/出演:清原果耶 間宮祥太朗 菊池風磨(Sexy Zone) 東啓介 藤原さくら 若林時英 窪塚愛流 莉子 稲盛いずみ 栗山千明 戸次重幸 橋本じゅん ほか。番組公式Twitterアカウントは「@fightsong_tbs」。PR動画は番組公式サイトにて公開中。

TBS「ファイトソング」番組公式サイト
TBS「ファイトソング」番組公式Twitter @keiyaku_drama

Paraviでドラマをイッキ見!2週間無料体験

【2022年冬ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「鎌倉殿の13人」第38話小栗旬が坂東彌十郎を追い込み二代執権へ!第39話ネタバレあらすじと予告動画
  2. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  3. 【「緑豆の花」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代背景、キャスト、豆知識など|韓国ドラマ
  4. 韓国ドラマ「シスターズ」第9話あらすじと見どころ:突然姿を消したナム・ジヒョン!閉ざされた部屋の真実
  5. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,669タイトル、  86,043作品!