『クライ・マッチョ』ニューメキシコで演出するクリント・イーストウッド監督に密着したSPメイキング映像解禁

[01月22日12時00分]  【映画】

『クライ・マッチョ』ニューメキシコで演出するクリント・イーストウッド監督に密着したSPメイキング映像解禁

(c) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

クリント・イーストウッドが今こそ撮るべき映画だと確信した『クライ・マッチョ』は、コロナ禍の中ニューメキシコで撮影が敢行された!そんな監督の演出を伝える貴重なメイキング映像が解禁された。



『クライ・マッチョ』は、クリント・イーストウッドが監督・主演を兼任し、落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して語られる人生とは…喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける、生きる上で必要な[強さ]とは何かを温かく、時にユーモラスに時に切なく語りかける感動作。40年前から検討されていた原作を映画化した作品。

イーストウッド演じる主人公マイクと少年ラフォの旅路を通して、今の時代に必要な本当の「強さ」を問う物語が感動を呼び、「静かでありながら、新たな進化を遂げた作品」「若い世代への優しい眼差しに勇気づけられる」「強さも優しさもただ歳を重ねるだけでは「本物」を得られない気がした。この味わい深い余韻をいつまでも噛み締めていたい」「91歳で監督主演と並大抵じゃない情熱が詰まった作品に胸が熱くなった」など、熱いレビューが続出している。

これまで最新作が全米公開を迎えると、その直後に次に控える新たなプロジェクトが発表されてきたイーストウッドだが、今回は新作の発表はなく、本人が取材に応じたのもアメリカの限られた数媒体だけのみ、プロモーションにも一切顔を出していない。

それでも最前線で映画製作を続けるイーストウッドを心の師と仰ぐ映画監督の李相日は「「ミリオンダラー・ベイビー」の”その後”を観ているような感慨が湧く。全てを失い失踪した男が、この作品では背中を曲げ愛する人とゆったりと踊る。温もりこそ、人生の終着点なのかもしれない」と、91歳を迎えた巨匠の最新作に感慨ひとしおだと語る。映画ジャーナリスト宇野維正も、「『グラン・トリノ』と『運び屋』ですっかり「遺言」を受け取ったつもりでいたところに届いた、かくも軽やかなイーストウッドによる最後の「懺悔」。過去に一度でもイーストウッドに魅了されたことがあるなら、その姿をスクリーンで見届けなくてはいけない」と、イーストウッド作品をオンタイムで観られる“今を”逃すべきではないとコメントを寄せている。

「クリント・イーストウッドはいつも大切なことを教えてくれる」「これまで撮り続けてきたイーストウッドだからこその回顧的目線と哀愁に浸った」「言動全てにイーストウッドの生き様が宿っていて見応えがある」とファンからも絶賛の声が上がっている。「これで終わりでは無い!まだまだやる!という気概があった」「"最後の映画"に相応しい内容だった気もする。でも、もう一回、あと一回…」「ラストを見て「イーストウッドから届いた、さよならの挨拶だな」と感じた」など、イーストウッド作品への感謝と期待を込めた熱いメッセージが発信され続けている。

企画から40年の歳月を経た2020年、「今こそ撮るべき映画」だと確信したイーストウッドは『クライ・マッチョ』に自ら主演、監督すると決めた。全世界を襲った新型ウィルスの渦中で、万全の感染対策を整えたニューメキシコで撮影が進められた。



今回解禁されたスペシャルメイキング映像は、ロケ地に用意された「CLINT EASTWOOD DIRECTOR」と刻印されたディレクターズ・チェアから始まる。「ラフォがあっちへ歩いていくからこっちから撮れるよ」と手をかざした監督に「素晴らしい絵が撮れそうだ」とスタッフが応じる。カウボーイハットでカメラモニターを見つめるイーストウッドの傍らのスタッフはマスクを着用している。馬に優しく触れる場面やマグカップを手にした主人公マイクを演じている撮影シーンが続く。そして、ニューメキシコの大自然をロングショットで撮影しようとするイーストウッドが撮影スタッフとアングルを確認する姿が映し出される。そのまなざしが見つめる先には何があるのか。その答えは映画の中にある。

勇気、希望、友情、そして愛…。ここまで数々の人生を描いてきたイーストウッドが描く真の[強さ]とは。イーストウッドが満を持して放つ集大成にして新境地『クライ・マッチョ』は、大ヒット上映中!

YouTube
映画『クライ・マッチョ』公式サイト

原作:N・リチャード・ナッシュ「CRY MACHO」
脚本:ニック・シェンク(『グラン・トリノ』『運び屋』)、N・リチャード・ナッシュ
製作:アルバート・S・ラディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)、ティム・ムーア(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)、ジェシカ・マイヤー(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)

出演:クリント・イーストウッド、エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラヴェン(『コラテラル・ダメージ』)、ドワイト・ヨーカム(『ローガン・ラッキー』)、フェルナンダ・ウレホラ(『ブルー・ミラクル』)
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
オフィシャルサイト:crymacho-movie.jp #クライマッチョ
『許されざる者』©1992 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『グラン・トリノ』©2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『アメリカン・スナイパー』© 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 井ノ原快彦「特捜9 Season5」山田裕貴はしばらくお休み!新体制で新たな事件を解決へ!第3話ネタバレと第4話予告
  3. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  4. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  5. 「馬医」第12話あらすじと見どころ:クァンヒョンに訪れた転機とチニョンの正体…

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,635タイトル、  86,019作品!