KNTV「ホン・チョンギ(原題)」第13-14話あらすじ:アン・ヒョソプの暴走!封印式~破れた御真

[2022年04月03日10時00分]  【ドラマ】

KNTV「ホン・チョンギ(原題)」第13-14話あらすじ:アン・ヒョソプの暴走!封印式~破れた御真

©SBS

KNTVにて毎週土曜よる8時〜10時30分まで2話連続放送の「ホン・チョンギ(原題)」(全16話)は、キム・ユジョン×アン・ヒョソプが主演を務め年末の演技大賞で4冠を達成した人気ファンタジーロマンス時代劇!ここでは2022年4月2日放送の第13話~第14話のあらすじを紹介、KNTV「ホン・チョンギ(原題)」番組サイトにて予告動画が視聴できる。

「ホン・チョンギ(原題)」は、呪いにより運命が入れ替わってしまった男女の、切実で悲痛な人生を描く壮大なファンタジーロマンス時代劇だ。
【「ホン・チョンギ(原題)」を2倍楽しむ】では、ドラマの見どころや時代劇を観る上で知っているとより楽しめる豆知識など、まとめて紹介している。



■キャスト
ホン・チョンギ役:キム・ユジョン
ハ・ラム役:アン・ヒョソプ
ヤンミョン大君役:コンミョン
チュヒャン大君役:クァク・シヤン
など

■第13話あらすじ
自分の手を傷つけることで、何とかピンチから脱するハ・ラムとホン・チョンギ。朱香(チュヒャン)大君はハ・ラムへ、指輪を持ってくるよう命じる。(ホン・チョンギへ渡した指輪のことだが、朱香(チュヒャン)大君はそのありかを知らない)

チョンギ 6一方、朱香(チュヒャン)大君が魔王を自身の体に入れ込もうとしていることを知る亮明(ヤンミョン)大君は、もし本当に朱香(チュヒャン)大君の願いがかなった場合どうなるのか、国巫ウォルソンに問うと、朱香(チュヒャン)大君を殺す以外方法はない、という回答をえる。

とうとう完成した王の肖像画。今度こそ、神力が感じられる神聖な絵の出来上がりにみなが驚く。朱香(チュヒャン)大君はもし自分の体に魔王を宿すことが出来れば、すぐに絵を燃やすよう家臣に命令を下す。ハ・ラムは復讐を果たすため、朱香(チュヒャン)大君に魔王を引き渡すことを計画していたが、それを知るホン・チョンギはやめるよう声をかける。しかし、全く聞く耳を持たないハ・ラム。

やってきた封印式の日。封印式として設定された日が、良くない日だと知っていた三神とホリョンは不安な面持ちで彼らの運命を見届けた。封印式が始まると、魔王は暴走し、朱香(チュヒャン)大君をはじめとする多数の人の首を絞めてまわった。何とか国巫ウォルソンが神力を使い魔王を封印しようとするが、絵に魔王が封印されるどころが、破けてしまった。

ハ・ラムが心配で外へ出てきてしまうホン・チョンギ。暴走する魔王をどうにか抑えようとするハ・ラムであるが、耐え抜くことが出来ない。朱香(チュヒャン)大君を止めるために用意していた剣を取り出す亮明(ヤンミョン)大君。魔王を止めるため、その剣でハ・ラムを刺すのであるが…。


■見どころ
衝撃のシーンで幕を閉じた13話。壮大なCGと、絵が破れるという予想外の展開に驚いた方も多いのではないだろうか。この先何が起こるか、誰にもわからない危機的状況に陥ったタン王朝。王の余命もわずかであり、ここからは絵の復元のため、再びホン・チョンギが活躍しそうだ。

体を魔王に支配されながらもホン・チョンギを必死に守ろうとするハ・ラムの意志も及ばず、暴走は止まらない。ハ・ラムはたして命を落とさず我を取り戻すことが出来るのか、息をのむ展開が続きそうだ。


■第14話あらすじ
亮明(ヤンミョン)大君の剣により、何とか暴走を止め再びハ・ラムの中へ封印された魔王。ハ・ラムはぎりぎりのとことで一命をとりとめた。

チョンギ 9国巫ウォルソンから「魔王を封印するために、なにか抜けているものがある」という言葉を耳にする亮明(ヤンミョン)大君。そんなウォルソンは先日の封印式で力を発揮したものの、魔王の攻撃で神力を失ってしまっていた。

目覚めたハ・ラムにホン・チョンギは再び絵を完成させ魔王を封印することを伝えるが、絵を描くこと自体がホン・チョンギに危険が及ぶため、決して首を縦に振らないハ・ラム。絵を完成させれば再び封印式が開かれ魔王を手に入れる機会が訪れると考えていた朱香(チュヒャン)大君は、ホン・チョンギの父親を人質に、再び絵を完成させるよう命令する。

チョンギ 4遅れてホン・チョンギの父親が捕まったことを知るハ・ラム。ハ・ラムは命がけで朱香(チュヒャン)大君の家へ侵入し、ホン・チョンギと父親ウノを逃がす。逃げる途中毒矢で刺されてしまったウノは、ホン・チョンギへ「絵を描いてはいけない」という言葉を残して亡くなる。悲しみにひれ伏すホン・チョンギ。そんな中、友人たちも捕まったという情報を耳にするホン・チョンギ。罠であるというハ・ラムの忠告を無視し、駆け付けるホン・チョンギであるが…。


■見どころ
魔王を取り込めなかったことで、いら立ちを隠せない朱香(チュヒャン)大君の暴走が目立った。彼もまた、自分の命がかかったことゆえ、心情は理解できるが手段を択ばない姿は魔王と並ぶ”悪”の存在としてうつる。倒れた国王も目を覚ましたが、すでに誰も手を付けられないほど魔王に執着している朱香(チュヒャン)大君がさらにどんな行動にでるのか、注視したいところだ。

父親ウノの死、さらに友人たちが処刑の危機と、不幸が重なるホン・チョンギも、観ていて胸が痛む。心身ともにぼろぼろの状態のホン・チョンギは再び筆を握ることが出来るのか…?封印式は再び開かれるのか…?この先どんな展開であれ、彼らの命の無事を祈りたい。気になる続きは15話にて確認してほしい。


放送日:毎週(土)後8:00~10:30 ※2話連続放送
再放送日:毎週(金)前11:30~後2:00 ※2話連続放送


KNTV「ホン・チョンギ(原題)」公式サイト
 2022年2月19日スタート 土20:00-22:30 2話連続
 (再放送)金11:30-14:00
YouTube予告編



■視聴方法
KNTVはスカパー!、スカパー!プレミアムサービス、ひかりTV、J:COMほか各ケーブルテレビで視聴可能。

KNTV視聴方法ページ

kandoratop【作品詳細】【「ホン・チョンギ」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  5. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,725タイトル、  86,098作品!