東山紀之らが配信前夜に見所やマル秘エピソードを語った「GAME OF SPY」イベントレポート&写真公開

[06月24日16時21分]  【ドラマ】

東山紀之らが配信前夜に見所やマル秘エピソードを語った「GAME OF SPY」イベントレポート&写真公開

東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Original ドラマ「GAME OF SPY」(30 分×全10 話)が配信開始前日の6月23日(木)にイベントを開催し、東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平 健、渡部篤郎らが登壇し撮影エピソードなど作品にまつわる様々なトークを展開し、その模様がYouTube Live にて生配信された。
※6 月24 日(金)#1~#4、7 月1 日(金)#5~#7、7 月8 日(金)#8~#10 配信予定。
※さらに本作は英語、中国語、韓国語の3 言語字幕で、8 月1 日より順次世界配信予定。



《Amazon Original ドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベント 概要》
【日時】6月23日(木)
【場所】Hibino VFX Studio (港区海岸 2-7-70)
【登壇者(予定・敬称略)】東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平 健、渡部篤郎 【MC】八雲ふみね


東山は「ようやく完成して、みなさんの元に届けられる喜びを感じています。独特の世界観ができたと思っていますし、世界配信でたくさんの方に日本の文化の素晴らしさや、スタッフの優秀さを感じていただければと思います」と完成した作品を、日本国内はもちろん、世界の視聴者に向けても作品をアピールする。

本作は、東山が「地上波ではできない激しいアクションをやりたい」と熱望したところから、企画がスタート。「アクションというのはやはり、できる年齢があると思うけど、それを打ち破ってやってみたいという思いが強かったです。地上波ではできないようなことが配信ではできるということで、思い切りやってみたいなと思いました」とその思いを語る。

東山が演じる羽柴は劇中、軍隊格闘「カリ・シラット」に加えて、手裏剣や吹矢、鍵鉤縄など日本古来の武器や忍術を組み合わせたスタイルのアクションを披露しているが「忍術や日本が持っている文化の深さ、それを融合させた素晴しさを感じてもらえると思います!」と自信をのぞかせる。

一方で、方向音痴であったり、スパイなのにやや抜けたところのある羽柴のパーソナリティについては「どちらかと言うと、僕の素に近い気がします(苦笑)。方向音痴でデジタルに弱いところとか…。役作りというより、脚本に沿ってやっていったら、自然とそういうキャラクターになってたという感じで、愛すべきキャラクターになっていると思います」と明かした。

SPY

小澤が演じた香月は羽柴の“バディ”という役どころ。小澤は「(香月は)ボクシングスタイルのパワー型の役柄。クランクインする何カ月も前から、ボクシングで実際にミットを打って練習しました」と明かす。東山との共演を撮影前から楽しみにしていたというが「本当にビックリしたんですけど、僕はボクシングを3 ラウンドやったらヘトヘトになるんですよ。でも、ヒガシさんは横で汗ひとつかいてないんです。しかもその後、家まで走って帰ってましたから…(笑)。今回、改めて(東山の)仕事に対するストイックさを感じました」と東山の凄まじさを実感したよう。

女性スパイを演じたローレンは「日本語での演技は初めてで、発音とかも大変でしたし、スパイの話ということで普段は使わない言葉も多くて、いい勉強になりました」と撮影をふり返る。この日のイベントでも流暢な日本語で話していたローレンだがYouTube や映画を見ながら独学で日本語を学んだのだという。東山は「ローレンは本当に偉いと思います。一人で日本に来て、現場に来て、難しい日本語の演技をやって…『自分だったら?』と考えると勇気が出ないと思う。ローレンの頑張りが現場に刺激をくれたし、本当にすごい才能です」と絶賛。小澤も「俺より日本語うまいよ!」と称賛するも、この発言に対し一同、どう反応したらいいか…? という感じで気まずい(?)沈黙が流れ、小澤は「誰か拾ってくださいよ(苦笑)!全員にハシゴを外された感じ…」と苦笑い。スタジオは笑いに包まれた。

GAME

松平は、秘密裏に羽柴に仕事を依頼する公安調査庁の総務部次長・高原を演じたが、本作の魅力、極秘スパイ機関「GOS」の“強み”を問うと「やはり、ひとりひとりの能力・才能にたけたメンバー。それに正義感、そして高原の“日本愛”の気持ちじゃないかと思います」と語る。ちなみに、この日の登壇陣の中で、誰が一番スパイに向いているか? という質問に、東山は迷わず松平さんを挙げ「普段は静かな方で、僕らはくだらないことをしゃべってるんですけど、その間、健さんは静かにたたずんでいて…」とその静かな立ち居振る舞いがスパイ向きだと語る。小澤も「気づいたら真後ろに立ってるんですよ(笑)」と松平さんのスパイの資質に言及し、東山さんからは「ゴルゴ13 ですね(笑)」との声も!

内閣官房長官・白鳥を演じた渡部は東山とは共演は約30 年ぶりとなる。東山が「素敵な俳優さんになられて…」と語ると、渡部は「感慨深いものがありますよ。僕は(当時)23~24 くらいですよね。東山さんは大スターでしたけど、私は出たばかりの若者で…。いま、こうやっていられることについて、自分をほめたいですね」としみじみと語り、これに東山から「もう佇まいや喋り方が政治家みたい(笑)!」とツッコミが飛ぶ。渡部は改めて「少し長くやってると、こうやって何十年ぶりとかに会えたりするんですね。若い時は突っ走ってやってる感じだけど、思い返していろんな方に感謝できたりして、とてもいい機会でした」と久々の共演の喜びを口にし、東山は「30 年以上経っている感じはしなかったですね。いろんな人生経験を経て、こうやって会うわけですけど、その頃の自分のことを思ったり、経てきた年数を思い返すこともあって…この仕事だからこそこうやって再会があり、こうやって思い返すことができて、良い出会いだったなと改めて思います」とうなずいていた。



また、本作では東京スカイツリーや浅草などの観光名所でも撮影が行われたが、世界配信に向けて、改めて登壇陣に日本のオススメの観光ポイントを尋ねると、東山はスカイツリーの上部の塔外に出て行なわれた撮影を振り返りつつ「そこで見た、東京が本当に美しくて、そこに立っていることが不思議な気持ちでした。(視聴者にも)同じように感じてもらえたら」と語る。さらに「戦いが終わった後など、地べたに転んでるシーンが多くて、東京の空も随分見ました。スカイツリーも見上げると本当にキレイだし、浅草のあたりもキレイで…日本全体が素晴らしいところだなと日本人の僕が再確認したところがありました。いま、世界情勢を見ても混沌としてるけど、その中で日本は平和だし、こういう平和が世界に届けばという思いが強くなりました」と語った。

小澤は「浅草寺は浅草で必ず行きたくなる場所ですね。歴史があるので、歴史を感じていただけたら、また一歩、日本の良さがわかっていただけると思います。最近は、時間があるときに公園を散歩するんですが、日本の公園は歩いてみると、『こんなところに日本家屋の建物があったんだ!』とか初めて気づく日本の良さがりますね」とアピール。ローレンは「撮影で富士山の方にも行ってるんですが、普段は行かないところも行けて、自然のキレイなところにも行けました。ドラマで見られると思いますが、キレイで感動しました」と声を弾ませる。松平は「東京の夜景は素晴らしいと思います」とネオンに彩られた夜の東京の美しさをおススメ。渡部は「僕も都心ですね。海外から友達が来たら都心を見てもらいたいです。僕は東京生まれ、東京育ちですが、東京ってすごい街なんじゃないかと思います」と改めて東京のすばらしさを強調。東山はその言葉にうなずき「古いものも、新しいものも、猥雑なものも一緒にあって、文化として成立しているし、何を食べてもおいしい 世界的にこんなすごいところないと思います」と熱く語っていた。

SPY

また、劇中に登場する忍術アイテムにちなんで「あったらいいなと思うアイテムは?」という質問に、東山は「(忍者の)水面を歩けるやつがあれば便利だなと思います」と語り、小澤は「冷えたご飯を一瞬で温かくできるものがあれば…」と語り、「電子レンジじゃん!」とまたも東山からツッコみを浴びる。ローレンは劇中に登場するアイテム“ダンシングキャット”が「かわいかったです」とすっかり心奪われた様子。松平は「トランクが勝手について来てくれる(道具が)あるといいですね」と語ったが、渡部は、忍術グッズから徐々にトーク内容が“便利グッズ”に脱線してしまったことに困惑気味…。小澤は「(トークの脱線は)俺のせいですね(苦笑)」と平謝りだった。

続いて、劇中の特殊技能にたけたスパイメンバーにちなんで「これだけは負けない特技は?」というこれまた難解なお題が…。東山は「身体を動かすことに関しては得意です。これをいつまでキープできるかが課題ですね。頑張っていきます!」とアクションへの並々ならぬ思いを吐露。小澤は最近、観葉植物をベランダで育てていることを明かし「“お水チェッカー”という、土の中の水がなくなったら青から白くなるのがあるんですけど、そのお水チェッカーが白くなるのを見つけるのは早いです!毎日チェックしてるんで。いち早く察知できます。これは特殊能力だと思います」と自信満々に語ったが、これに渡部は、マイクを置いたまま静かに笑みを浮かべて沈黙…。ローレンは「(特技や特殊能力は)ないです」と語ったが、撮影現場ではいつも絵を描いていたそうで、その腕前を東山も小澤も「素晴しいです」と絶賛する。松平も「私は(特技は)ありません」と語るが、東山はそれを即否定し「エンターテイナーとしてすごいです。いつか健さんのバックダンサーをやりたいです!」と松平への憧れを熱く語っていた。

そして、トリを務める渡部は…「あったら言いたいですけどないです」と回答。これに対し、東山は「ムーンウォークうまかったよね(笑)?」とムチャブリし、渡部は「嘘つけ!一回もやったことないじゃん(苦笑)!」と慌てて否定し、スタジオは再び笑いに包まれた。

トークの最後に小澤は「クランクインしてから、監督と話をする中で、率直に『007』とか『キングスなんちゃら』とか、『ジェイソン・ボなんちゃら』とか『ミッションインなんちゃら』と似てるところありますよね? と言ったんです。そうしたら監督は『そうです、小澤くん。この作品は、そういった素晴しい世界的アクションスパイ作品へのオマージュであり、リスペクトなんです』と言ってくれて、そう言われて僕はスッキリして『なるほど、だったら胸を張ってやってみよう』と思ったんです。完成した作品を見て、これは日本発の素晴らしいアクションスパイ作品が出来上がったと思い、誇りに思っています。ぜひ体感してもらえたらと思います!」と本作の魅力を熱弁。

SPY

渡部はそんな小澤の言葉に深く同意し「僕も一視聴者として、みなさんのアクションが楽しみです」と語り、松平も「素晴しいアクションと映像を楽しめます」とうなずく。ローレンは「つらい時も、寒い時も、みなさんと一緒にできて楽しかったです。笑顔で最後まで頑張りましたし、それを感じてもらえると思います。アクションもユーモアもあって、エモーションもたくさんあるので見てください!」と呼びかける。

そして、東山は「エンタテインメントを届けることが一番の使命であり、その方向性はみんな共通していると思います。この作品を見ることで、ひとときの癒しや喜びを感じてもらえたら嬉しいです。こういう作品を日本発でできるという幸せを感じながら、あとはみなさんにその思いを届けるだけだと思います!」と力強く語り、配信イベントは幕を閉じた。



Amazon Original ドラマ「GAME OF SPY」は2022 年6 月24 日(金)、Amazon Prime Video にて、プライム会員向けに独占配信開始。

【作品概要】
■キャスト
東山紀之 小澤征悦 ローレン・サイ 植野行雄(デニス) でんでん 松平 健 / 田中 泯 / 渡部篤郎

■スタッフ
企画・プロデュース:和佐野健一
プロデューサー:大森敬仁 百瀬龍介
脚本:徳永友一 和佐野健一
音楽:海田庄吾
アクション監督:栗田政明 監督:及川拓郎
撮影:小林元 照明:椎原教貴 録音:蟻川真矢 美術:松崎宙人 装飾:遠藤雄一郎
VFX スーパーバイザー:オダイッセイ 編集:斉藤和彦 監修:小谷賢 宣伝:是木良介 小松莉奈
助監督:安養寺工 製作担当:宮下直也 鳥越道昭 ラインプロデューサー:磯崎憲一 長谷川浩之
©東映株式会社

公式サイト
Amazon Prime Video作品ページ
◇作品公式Twitter:@game_of_spy

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 韓国ドラマ「還魂」でガタイのいい世子様がスリムな青春スターだったって知っていた?
  2. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など
  3. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  4. BS12「ホジュン~伝説の心医~」第46話~50話あらすじ:ジュン、自首決意~恭嬪の侍医に!予告動画
  5. NHK総合「ドキュメント72時間」過去10年歴代ベスト10!2夜連続で放送&配信!

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,650タイトル、  86,034作品!