アイドル派、カズタら7人でデビュー決定!「青春スター」最終回 8/4約3時間の生放送でお届け

[08月01日20時22分]  【音楽】

アイドル派、カズタら7人でデビュー決定!「青春スター」最終回 8/4約3時間の生放送でお届け

「ABEMA(アベマ)」は、2022年7月28日(木)夜9時30分より日韓同時、日本独占無料放送のグローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女の新たなオーディション番組『青春スター』の#11を放送した。



本番組では、世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間をお届けするとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そして共に苦悩を乗り越え芽生える友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描く。オーディションを勝ち進んだなかから最終的に7組のデビューが確約され、日本デビューも予定。さらに優勝者には1億ウォンの賞金が贈呈される。

#11にて、デビューメンバーTOP7が決定。アイドル派は、2チーム、計10名の大人数で課題曲をパフォーマンスする「メガクルーミッション」に挑戦し、ド迫力のステージで会場を圧倒。また、実力派揃いのボーカル派とシンガーソングライター派の参加者たちは、個性のあるステージを披露し、エンジェルミュージシャンたちが涙する場面も。また、準決勝ステージでも救済措置「エンジェルパス」が発動され、アイドル派から2名が救済された。

青春

アイドル派の2チームが披露したのは、EXOの「CALL ME BABY」。リズミカルなステップやウェーブ、手と肩を活かした多彩なフリが特徴的な人気曲を10名の大人数で挑む。
パフォーマンスを開始するやいなや、2チームの息の合ったダンスに「10人でデビューすれば?」といった声が。あっという間にパフォーマンスが終わると、会場は歓声に包まれ、エンジェルミュージシャンたちも「ミュージカルみたい」「さすがアイドルだわ、目が覚めた」と絶賛。10人ともが主役級に活躍しながらもまとまったステージであったため、評価する側も「(いい意味で)評価するのが難しかったです」「10人で踊る時が一番いい気がして感動していました」と話し、参加者たちからも「10人でデビューできないの?」「それがいいと思う」というほど甲乙つけがたい接戦を繰り広げた。

そしてデビューメンバーが決まる運命の順位発表にて第1位にキューピッドチームの名前が呼ばれ、それと同時にイ・ハンジュン、カズタ、チャン・ヒウォン、チョン・ソンユン、パク・ヒョンのデビューが決定。カズタは「確かに1位が続いてうれしいですが責任感とプレッシャーに押しつぶされそうです」と涙する。そして、ここまでともに切磋琢磨してきた、プレイチームはあと一歩届かず、惜しくも9位で脱落し悔しさを滲ませる。

青春

しかし、アイドル派の場合は、決勝に進出するのが1チームだけだった場合、脱落したチームから2名を救済できるとして、脱落したプレイチームのなかから、ヤン・ジュニョクとユン・ドハが救済され、キューピッドチームの5名とともに、7名でデビューすることに。脱落してしまったにも関わらず、仲間のデビューを祝福するロビンの姿や、デビューが決定したにも関わらずおもむろな表情で泣きだしそうなユン・ドハに視聴者からは「メンバー愛に泣ける」「デビュー組には脱落したみんなの分まで頑張ってほしい」と言ったコメントが寄せられた。

EXO「CALL ME BABY」
プレイチーム:キム・スンヒョク、ヤン・ジュニョク、ユン・ドハ、ロビン、ロレンス
キューピッド チーム:イ・ハンジュン、カズタ、チャン・ヒウォン、チョン・ソンユン、パク・ヒョン

また、ボーカル派からは、キム・テヒョン、ヒョン・シニョン、ペク・ヒヨン、シンガーソングライター派からは、キム・ジョンハン、キム・プルム、リュ・ジヒョンのデビューが決定。キム・プルムは、準決勝2次の課題曲にSANULLIM(サヌリム)の「Good Bye」を選曲。生まれた時から一緒に住んでいる同い年の猫・カミを見送る準備をする心境を歌に込めたと話し、「カミに語り掛けたい気持ちをどう表現するか探している時に出会った曲」と選曲した理由を明かした。

出会いと別れの“アンニョン”をうまく表現したぬくもりのあるステージにエンジェルミュージシャンたちは涙。「素晴らしい演出家であり、いい表現ができる人であると思いました」「涙が出るほどよかったです」と絶賛し、「このステージがいつか自慢話になってほしいです。この番組に参加した僕の自慢でもあります」とこれ以上ない最高の誉め言葉が飛び出した。

ついに今週木曜日に迎える『青春スター』の最終回は、夜10時から約3時間の生放送でお届け。世界中から集まった108名の頂点に立ち、優勝賞金1億円を手にするのは誰なのか。なお、最終回で行われる決勝戦も1次、2次に分かれてパフォーマンスが行われる。デビューメンバー7組で競う最上級の争いに最後までこうご期待あれ。



TikTokでは、8月2日(火)23時59分まで視聴者投票を受け付け中だ。8月4日(木)の最終回では、8人のエンジェルミュージシャンによる評価のうちの50%と、スターメーカーによるメール投票(※2)のうち25%と、TikTok投票のうち25%がそれぞれ反映される。みんなからの投票が重要な役割を果たすので、ぜひ参加して!
(※)スターメーカーとは、「青春スター」の参加者を応援する世界中のファンの名称
(※2)メール投票が出来るのは韓国限定です。日本からはTikTok投票のみ参加可能となる。

▼TikTok投票中間順位(#11終了放送時点)
1位:カズタ(アイドル派)/4,513,900P
2位:チョン・ソンユン(アイドル派)/2,603,800P
3位:ヤン・ジュニョク(アイドル派)/2,381,100P
4位:パク・ヒョン(アイドル派)/2,277,500P
5位:イ・ハンジュン(アイドル派)/1,927,000P
6位:ユン・ドハ(アイドル派)/1,293,400P
7位:リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)/1,268,100P
8位:キム・ジョンハン(シンガーソングライター派)/1,054,400P
9位:キム・プルム(シンガーソングライター派)/1,043,100P
10位:チャン・ヒウォン(アイドル派)/689,600P

TikTok視聴者投票サイト
『青春スター』公式HP

■ABEMA『青春スター』放送概要
#11配信ページ
#12放送日時:2022年8月4日(木)夜10時00分~
#12放送ページ

▼MC:チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン
イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し新しい未来のテレビとして展開する動画配信事業。登録は不要で、国内唯一の24 時間編成のニュース専門チャンネルをはじめ、オリジナルのドラマや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩なジャンルの約20チャンネルを24時間365日放送している。
さらに、月額960円のABEMAプレミアムに登録すると、限定コンテンツの視聴や「動画ダウンロード機能」「見逃しコメント機能」など「ABEMA」の全ての機能が利用できる。

ABEMAの公式サイトはこちらから


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. Netflix韓国ドラマ「サムバディ」大胆な濡れ場に挑戦したカン・ヘリム!第5-6話ネタバレと見どころ
  4. 【「上陽賦~運命の王妃~」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、キャスト紹介、豆知識|中国ドラマ紹介
  5. キム・ヨングァン主演「サムバディ」衝撃のラストを考察してみた!第7-8話(最終回)ネタバレと見どころ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,688タイトル、  86,061作品!