松本直也による大人気コミック『怪獣8号』が遂にアニメ化決定!タイトルロゴとアニメ化発表特報映像配信中

[08月05日09時40分]  【アニメ】

松本直也による大人気コミック『怪獣8号』が遂にアニメ化決定!タイトルロゴとアニメ化発表特報映像配信中
<br/>

©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

集英社「少年ジャンプ+」にて連載中の松本直也による大人気コミック『怪獣8号』!日本のみならず世界中のマンガファンを席巻している本作が遂にアニメ化決定し、アニメ化発表特報は、『怪獣8号』公式Twitterと、YouTube TOHO animationチャンネルで配信中だ。



2020年7月より連載が開始された本作の舞台は、日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた主人公・日比野カフカは、一度はその夢を諦めるも、ある出来事をきっかけに再び防衛隊を目指す。
怪獣と隣り合わせの世界で、時に傷つきながらも逞しく生きる人々のドラマ。そして最新鋭の装備を備えた防衛隊と、無慈悲に襲い来る怪獣との大迫力のバトルが、あらゆる年代・あらゆる地域の読者を魅了している!

現在までにコミックスの累計発行部数は800万部を突破し、ジャンプ+累計閲覧数は驚異の3億超え。連載開始後、圧倒的速度でジャンプ+を代表するマンガの1つとなり、今なお加速する人気でファンを拡大し続けています。「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門1位、2020年度コミックス第1巻年間売り上げ1位をはじめ数々のマンガ賞に輝き、メディア化前にして抜群の知名度を誇る本作。海外に目を向けると「MANGA Plus by SHUEISHA」をはじめ複数のサービスを通じて、8言語・一部地域を除く全世界で日本と同時配信中。プリント版は35の国と地域で刊行。世界中で好評を博している。
そしてこの度、全世界待望のアニメ化が、『8号の日』となる本日8月5日に発表となった。

『怪獣8号』 左:日本国内ロゴ、右:海外ロゴ『怪獣8号』 左:日本国内ロゴ、右:海外ロゴ

アニメ化発表とあわせて公開となったのはアニメオリジナルのタイトルロゴ。 作品のアイコンとなる印象的な「8」を中心として、“怪獣に対する畏怖と戦意”を感じさせるデザインになっています。怪獣の脅威、それに立ち向かう防衛隊の戦いを象徴し、アニメーションならではの魅力をより一層引き立たせる。

さらに、本作の特徴である「日常の中に怪獣が現れる世界」を覗くかのような迫力あるアニメ化発表特報も公開。



陰影を帯びた市街地の写真には、作中の世界を感じさせる企業広告・交通表示が。加えてサイレンやざわめきが不安をかきたてる。楽曲は本編劇伴作家による書き下ろし。怪獣の猛々しさを感じさせるオーケストラサウンドと、防衛隊の雄々しさを象徴するギターサウンドが、かつてない壮大な戦いを予感させます。現実と虚構が入り混じる世界で何が起こるのか。不穏さの中にも湧き上がるような期待を感じる映像となっている。

アニメ化発表特報は、『怪獣8号』公式Twitterと、YouTube TOHO animationチャンネルで配信中だ。アニメ『怪獣8号』の詳細は後日発表、今後の続報に期待したい。

『怪獣8号』公式Twitter
YouTube TOHO animationチャンネル

公式サイト
アニメ化発表特報
作品公式Twitter
アニメ公式英語Twitter



[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 【「奇皇后」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころなど)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,698タイトル、  86,071作品!