カズタも所属の「N.ssign(エヌサイン)」優勝の瞬間を再び!10月、TOP7に会える初来日公演も決定

[08月09日12時26分]  【音楽】

カズタも所属の「N.ssign(エヌサイン)」優勝の瞬間を再び!10月、TOP7に会える初来日公演も決定

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、2022年8月4日(木)夜10時より日韓同時、日本独占無料放送のグローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女の新たなオーディション番組「青春スター」の最終回のレポート到着、アーカイブ配信も開始した。



本番組は、世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間をお届けするとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そして共に苦悩を乗り越え芽生える友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描く番組。オーディションを勝ち進んだなかから最終的にTOP7のデビューが確約され、日本でのデビューも予定。さらに優勝者には1億ウォンの賞金が贈呈される。

最終回で行われた決勝戦では、デビューメンバーTOP7のパフォーマンスと、最終順位発表が行われ、No.1には日本人で沖縄出身のカズタも所属するアイドルチーム「N.ssign(エヌサイン)」が輝き、1億ウォンを獲得した。

青春スター

ついに迎えた決勝戦のパフォーマンス。決勝戦も1次と2次の2回パフォーマンスを行い、8人のエンジェルミュージシャンによる投票のうち50%、スターメーカーによるメール投票のうち25%、TikTok投票のうち25%の合計3,200点を満点とし、順位を競う。

カズタが所属するアイドル派のチーム「N.ssign」の名前がMCから呼ばれると颯爽と登場するメンバーたち。“新しい”を意味する「New」そして、“星座”を意味する「star sign」を合わせた言葉で、星が1つだけでは、星座(=スターサイン)が作れないように、7人で新しい星座を作っていこうという思いが込められていることを明かした。彼らが決勝戦1次で披露したのは、アイドルを目指す人なら誰もが憧れるというSHINeeの「Sherlock」。オープニングから一糸乱れぬパフォーマンスをみせ、歓声が鳴りやまぬなか高い歌唱力とダンスで会場を圧倒。視聴者からは、「生放送でこれは完成度高い」「えぐい…」「うますぎ」「箱推しだわ」「鳥肌が止まらない」といった声が続々と寄せられ、会場にも歓声が響き渡しました。これまで彼らを支え、近くで指導してきた、WINNERのカン・スンユンさんは、「冷静にパフォーマンスを見ようと気持ちを抑えながら見ていました。それでも、ステージが終わっても熱いものが込み上げて泣きそうになりました。感情を抑えていたんですけど、それにもかかわらず僕が差し上げた点数がその結果を表していると思います」と、コメントした。

青春スター

続く決勝戦2次のステージでは、BTSの「Spring Day」とDEUXの「In Summer」を2曲連続で披露。「7人それぞれ別々の環境で育ってきて『青春スター』という番組を通じて1つになりました」「成長しながらもっと大きな世界で、僕たちの夢を叶えたいという思いで選曲しました」とこの2曲を選んだ理由を明かし、夏を感じさせる爽やかな衣装でパフォーマンス。ここに至るまでの彼らの思いや、ダンスブレイク中、後ろのモニターにこれまで共に戦ってきたアイドル派全員の名前が映し出される感動的な演出が相まって、視聴者からは「感動的なステージ」「泣ける」「青春だわ」と言った声が寄せられた。また、先ほどのクールな表情から一転、「In Summer」披露中には、笑顔溢れる可愛らしいパフォーマンスを見せ、コメント欄では「なにこれ可愛い」「みんな爽やかで可愛い」「天使かと思った」と言った声が寄せられた。

そして、デビューするTOP7すべてのパフォーマンスが終わると最終順位発表へ。1位は、3,200点満点中3,151点を獲得したアイドル派のN.ssignに決定し、108名の頂点に立ちました。日本人のカズタは、「3年近く会えてないお母さんにありがとうと伝えたいです。」と日本で暮らす母への感謝の気持ちを伝えました。メンバー全員のコメントは以下の通り。



▼ユン・ドハ
こんな風に1位になれたというのは、チームのみんなにも感謝したいですし、ご尽力いただいたみなさんにも感謝したいです。そして、お父さん、お母さん。5年間僕は練習だけをしてきたので、周りの人に息子は何をしているの?と聞かれても返す言葉がなかったと思うんですけど、デビューが決まったので、「“息子はデビューが決まったよ!”って周りの人に言っても大丈夫だよ」って伝えたいです。ありがとうございました。

▼ヤン・ジュニョク
僕もまず両親を思ったよりこれまで沢山困らせてきたと思うんですが、ずっと応援してくれてありがとうと伝えたいです。また、これまで一緒に『青春スター』をやってきた仲間たち、そして信頼してくれた仲間たちに感謝の言葉を伝えたいです。お疲れさま。

▼チョン・ソンユン
こんにちは、チョン・ソンユンです。僕たちを見に来てくださったファンの皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございます。多くのスタッフの皆さんも、いつも僕たちのために苦労してくださっていました。デビューさせてくださってありがとうございます。そして、8月5日は僕の誕生日なんです。僕の人生で2番目に幸せな誕生日でした。ありがとうございます。

▼イ・ハンジュン
優勝できるようにいつも僕たちのために頑張ってくださった製作陣の皆さん、お母さん、お父さん、おばあちゃん、弟、ありがとうございます。デビューして今日、1位になれたので、とにかくこれからも頑張って皆さんに良い姿を見せたいと思います。

▼パク・ヒョン
こうしてこの光栄な場に来れたのは僕の力だけではないと思っています。僕と一緒に戦ってくれたメンバー、参加者の皆さん、製作陣の皆さん、エンジェルミュージシャンの皆さん、そして僕たちの家族。いろんなサポートをしてくれて、いつも僕を幸せにしてくれてありがとうございます。これからも一生懸命に頑張る「N.ssign」になります。ありがとうございます。

▼チャン・ヒウォン
お母さん、お父さん、愛しています。これまで信じてくれてありがとう。やっと息子として誇らしい息子になれたかなと思います。すごく嬉しいです。これまで一生懸命、一緒に練習してきたアイドル派のみんな、本当にお疲れさま。いつどこで何があってもずっと応援しています。ありがとうございました。

▼カズタ
3年近く会えていないお母さんに、“ありがとう”と伝えたいです。すごく会いたいし、昔は喧嘩ばかりだったけど、今は誇らしい息子になったんじゃないかな。お母さん愛してる。


なお、今回デビューするTOP7は、10月に初来日公演が決定。「青春スター」公式Twitter では特別先行(抽選)が開始。詳しくは以下詳細をご覧ください。
・受付期間:8月8日(月)11:00~8月11日(木)23:59
受付ページ

▼TOP7最終順位
1位:N.ssign(アイドル派)/3,151点
2位:キム・プルム(シンガーソングライター派)/2,724.22点
3位:ヒョン・シニョン(ボーカル派)/2,670.25点
4位:キム・テヒョン(ボーカル派)/2,612.57点
5位:リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)/2,428.68点
6位:キム・ジョンハン(シンガーソングライター派)/2,380.96点
7位:ペク・ヒヨン(ボーカル派)/2,308.39点

『青春スター』公式HP

■ABEMA『青春スター』放送概要
#12放送日時:2022年8月4日(木)夜10時00分~
#12放送URL:https://abema.tv/video/episode/577-2_s1_p12

▼MC
チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン
イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

▼MC
チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン
イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

ABEMAの公式サイトはこちらから


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  2. 【「緑豆の花」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代背景、キャスト、豆知識など|韓国ドラマ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版
  5. 「鎌倉殿の13人」第38話小栗旬が坂東彌十郎を追い込み二代執権へ!第39話ネタバレあらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,669タイトル、  86,043作品!