早くも続編の噂も!この夏最も愛された「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」全体あらすじと最終考察

[08月26日00時09分]  【ドラマ】

早くも続編の噂も!この夏最も愛された「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」全体あらすじと最終考察

Netflixシリーズ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』独占配信中

パク・ウンビンが自閉スペクトラム症を持つ弁護士を演じる法廷ヒューマンドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」。ENAチャンネルで放送し全国最高視聴率17.5%超を記録、同時にNetflixでも配信され、この夏最も国民に、そして世界中に愛された大ヒット作品だ。全体のあらすじを振り返り、最終考察を紹介しよう。



「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」(全16話予定)はIQ164の天才的な頭脳を持った自閉スペクトラム症を負うウ・ヨンウ(パク・ウンビン)が、大手法律事務所で新入弁護士として様々な事件を通して成長していく物語だ。各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力などは【「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」を2倍楽しむ】で詳しく紹介している。

■あらすじ
クジラとのり巻き、そして法律を愛するウ・ヨンウ(パク・ウンビン)はソウル大学法学部を首席で卒業するほどの秀才だ。彼女が他の人と違うのは自閉スペクトラム症を抱えている事だけ。5歳で難しい法学書を丸暗記するほどのずば抜けた記憶力を持っていた彼女は、韓国で初めての自閉スペクトラム症を抱えた弁護士の資格を取得し、新聞にも掲載され話題となるが、実際には彼女を雇ってくれる法律事務所はなく、厳しい現実に直面する。

そんな彼女が卒業から半年して大型法律事務所「ハンバダ」に就職。父グァンホ(チョン・ベス)の大学時代の後輩で、同法律事務所の代表を務めるソニョン(ペク・ジウォン)の打診によるものだが、彼女がヨンウを雇った背景には、ライバル事務所「テサン」の代表テ・スミ(チンギョン)を潰したいという思惑があった。

突然現れ、掴みどころのないヨンウに困惑したシニア弁護士ミョンソク(カン・ギヨン)は、彼女の採用に最初は反対するが、ヨンウが担当した最初の事件で、彼女の独自の視点と熱意を認め、優しく、時に厳しく彼女の成長を助けるメンターとなっていく。

ヨンウよりも先に入社していた同期のミヌ(チュ・ジョンヒョク)とスヨン(ハ・ユンギョン)はお互い牽制し合う犬猿の仲。弁護士として成功したいミヌは、ヨンウが自閉スペクトラム症である事が原因で事件の担当を外されてしばらくの間、仕事への自信を失って無断欠勤したにも関わらず、有給休暇扱いにされるなど、優遇される彼女に不満を抱き、彼女の入社経緯を知るやいなや匿名の書き込みでコネ入社を批判。更にヨンウの出生の秘密を知ると出世の為に彼女を陥れようと目論むようになる。

一方のスヨンとヨンウはロースクール時代の同期だが、スヨンは常に成績トップだったヨンウに嫉妬し、ヨンウに辛く当たるが、ATMの特許権を巡った事件(第5話)でミヌから腫れ物扱いされるヨンウを見て、更にヨンウが自分に対して抱いていた印象を耳にした事から気持ちに変化が現れる。更に、脱北者の女性による暴行事件の裁判ではヨンウと共に弁護を担当し、次第に彼女との友情を深めていく。

「ハンバダ」の訴訟チームで働くジュノ(カン・テオ)は、裁判の為に資料や証拠を収集する頼れる助っ人だ。常に笑顔で優しく接するジュノは、社内でも人気の人物。ヨンウにとっては出社して初めて会った人物であり、唯一嫌がらずに大好きなクジラの話を出来る特別な人物だった。ヨンウに対して特別な感情を抱き始めるも、傷つけることを恐れてなかなか気持ちを伝えられないジュノだが、彼の気持ちをスヨンの「女の勘」が察知する。

スヨンからの助言を受けても、恋愛経験の無いヨンウはジュノに対する気持ちが恋心なのか分からずにいた。そんな彼女の相談に乗ったのは、行きつけの食堂のヒゲ社長ことみんシク(イム・ソンジェ)と、高校時代にいじめから守ってくれた唯一の親友で、社会生活の師匠であるグラミ(チュ・ヒョニョン)だ。お互いの気持ちを確かめる秘密の作戦を伝授するが、ヨンウはそれをそのままジュノに伝えてしまう。困惑しながらもヨンウとの距離を縮めていくジュノ。

そんな中、道路建設を巡った裁判(第7,8話)でヨンウは、遂に「テサン」の元代表として有名なテ・スミと対面。冷静に抜かりなく裁判をこなしていく彼女の姿にヨンウは憧れを抱くが、彼女こそ、学生時代に父グァンホと交際し、ヨンウを産んだ拾の母親だった。父から真実を聞いたヨンウはスミにも真実を告げるが、法務部長官として政界進出を目前に控えたスミにとって、隠し子ヨンウの存在は招かれざるスキャンダルの種だった。秘密を知って「テサン」への移籍を要求するミヌを使ってヨンウを辞めさせようと動き出す。

晴れてヨンウとの交際をスタートさせたかと思われたジュノだが、キスまでしたのに「付き合う前にデートをしている段階だ」というヨンウの悪気のない発言に傷つき、更に弁護の依頼で訪れた済州島では姉夫婦から交際を反対され、これを聞いていて自信を失ったヨンウからは別れを切り出されてしまう。一方で、ミョンソクはステージ3の胃がんが見つかり、療養を余儀なくされ、スヨンは済州島で天敵ミヌの思わぬ一面に触れ、お互いを意識するようになっていた(第13,14話)。

頼れるメンターであるミョンソクが療養に入った事で、絵に描いたような嫌な先輩弁護士スンジュン(チェ・デフン)と共に、通販サイトの個人情報流出事件の裁判を担当する事になったヨンウは、独自の視点から突破口を見つけ出していくが、スンジュンからは理不尽な扱いを受け、担当から外されてしまう。スミと結託してヨンウを辞めさせようとしていたミヌも、そんな彼女の姿を目の当たりにして、スヨンの発言で心を改め、同期としてヨンウを応援するようになる。

事件は代表の自殺未遂など思わぬ方向に展開していくが、ハッキングと個人情報流出には、スミの息子でヨンウの腹違いの弟に当たるサンヒョンが関わっていた事が発覚。大人に利用され事件を起こしたサンヒョンは、正直に自首して罪を償おうとするが、政界進出を目前に控えたスミがそれを許さない。「ハンバダ」でも、ソニョンらはこの事実を利用してスミの信頼を失墜させようとするが、サンヒョンの意思を優先したいヨンウは、スミのもとを訪れ、母親としてサンヒョンの意思を尊重するよう涙で訴える。

サンヒョンの自白で「ハンバダ」は裁判で勝利を収め、結束を強めた同期が、ミョンソクらを交えて打ち上げをする。ミョンソクは新人3人の成長を感慨深そうに見つめていた。ヨンウとジュノもお互いが抱いている気持ちや不安を打ち明け、関係を修復。スミは法務部長官を辞退し、母親として息子と向き合うと世間に深々と頭を下げた。

晴れて正規雇用となったヨンウ。苦手だった回転ドアに挑戦し、初めて一人で通貨に成功し、達成感を噛み締めて微笑む。そんな様子をジュノが優しく見つめていた…。

■最終考察:なぜこれほどまでにウ・ヨンウは愛されたのか?
放送終了後も連日特別映像や、メディアによるニュースがリリースされているほか、物語に登場するクジラに関する書籍の売上が伸びるなど、思わぬ波及効果を伴いながら話題のヒット作となった本作。ケーブルテレビでの放送作品にもかかわらず、全国最高視聴率は17.5%を超え、日本でも話題になった「梨泰院クラス」の16.6%を超える結果となったが、第1話の全国視聴率は0.9%と低調な滑り出しだった。一体何がここまで視聴者の心を惹きつけたのだろうか。

まず要因として考えられるのは誰もが安心して観られるストーリー性だ。事件や裁判を扱う為、人の死も描かれるが、主要な登場人物が危険に晒される事はなく、ヨンウと実母の関係を巡ってもっとドロドロとした展開になるかと予想させながらも過度な展開になる事もない。1,2話毎に完結するそれぞれの事件では韓国における差別や偏見、様々な社会問題を扱いながらも、事件や問題そのものではなく、それらを通じて成長していくヨンウらの様子や、親子、友情、職場での人間関係が暖かく描かれ、、ハッピーエンドを迎える頃には視聴者も優しい気持ちになれたはずだ。

毎回登場する豪華な特別出演キャストも視聴者の興味を間延びさせずに惹きつけ続けたほか、主要な登場人物が全員、コミカルなシーンの中心に立てるキャラクターだったという点も人気の要因と言えるだろう。

そして、一番視聴者の心を掴んだのは、自閉スペクトラム症という一種のハンディキャップを扱いながらも、視聴者の同情ではなく、ヨンウに対する愛情を集めた脚本と、これに見事に応えてヨンウを演じきったパク・ウンビンの表現力の絶妙さだろう。少しでも表現を間違えれば世間から批判を浴びてもおかしくない難しい役だったにもかかわらず、彼女は見事に視聴者から愛されるキャラクターを完成させ、演じ切った。毎回彼女が見せる一挙一動は目の動きから指先の動きまで、彼女が役作りの為に相当な努力をした事を窺わせる反面、彼女が演じるヨンウからは幼い少女のような純粋さと、好きなものに見せる強いこだわりや父親譲りの頑固さが感じられ、ただただナチュラルで愛くるしい。自閉スペクトラム症が原因で壁にぶつかる場面でも、彼女の前向きな姿勢には同情ではなく、ついつい応援したくなる。本作は、小さいようで大きい壁を乗り越えたヨンウが見せた最高の笑顔で視聴者の心を鷲掴みにして幕を閉じた。

こうして、2022年夏に最も愛された作品となった本作は、放送直後から続編の噂や、それを待ち望むラブコールが相次ぎ、ジュノを演じたカン・テオが兵役を終える2024年あたりに続編が登場するのではないかという声が多い。これに対して、制作会社も「2024年頃にシーズン2を放送できるよう協議している」と明かすなど実現の可能性は高いと言っていいだろう。

振り返ってみると、「ハンバダ」の代表がどうしてテ・スミをあそこまで目の敵にしていたのか?第13話でほのめかされたミヌの家庭の事情は?ヨンウとスミの母子の関係はこれっきりなのか?など疑問点も多く、ヨンウとジュノの恋や、スヨンとミヌの恋、最終回で晴れて元妻と復縁したミョンソクなど、もっとこの先の展開を観てみたい部分も多い。1,2話でひとつの事件が完結するという脚本構成も助けて、まだまだ物語を広げる伸びしろは大きく、期待して待つ事にしよう。

この夏多くの人に愛され、多くの話題を生み出した大ヒットドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」はNetflixで独占配信中だ。

■スタッフ
演出:ユ・インシク
脚本:ムン・ジウォン
原題:이상한 변호사 우영우(イサンハン ビョノサ ウ・ヨンウ)

■キャスト
ウ・ヨンウ役:パク・ウンビン
イ・ジュノ役:カン・テオ
チョン・ミョンソク役:カン・ギヨン
クォン・ミヌ役:チュ・ジョンヒョク
チェ・スヨン役:ハ・ユンギョン
トングラミ役:チュ・ヒョニョン
ハン・ソニョン役:ペク・ジウォン
テ・スミ役:チンギョン
ウ・グァンホ役:チョン・ベス
キム・ミンシク役:イム・ソンジェ
ほか

■放送・配信
配信開始:2022年6月29日〜2022年8月18日
エピソード数:全16話

Youtube

kandoratop【作品詳細】【「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「奇皇后」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころなど)
  2. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  3. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,688タイトル、  86,061作品!