9月23日、細田守監督の最新大ヒット『竜とそばかすの姫』本編ノーカットで地上波初放送!あらすじと予告動画

[09月22日09時36分]  【アニメ】

9月23日、細田守監督の最新大ヒット『竜とそばかすの姫』本編ノーカットで地上波初放送!あらすじと予告動画

©2021 スタジオ地図

金曜ロードショー(日本テレビ、金曜夜9時~)では、放送延期した、スタジオ地図作品、細田守監督の『竜とそばかすの姫』(2021)を明日9月23日(金・祝)に地上波初放送する。番組サイトで予告動画が公開中だ。



「竜とそばかすの姫」は、「時をかける少女」(2006)、「サマーウォーズ」(2009)、「おおかみこどもの雨と雪」(2012)、「バケモノの子」(2015)、「未来のミライ」(2018)と、独立後の監督作品がすべて日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督、細田守ならではのリアル×ファンタジーを通じ描き出す。

50億人が集うインターネット上の仮想空間〈U〉に自らの分身「ベル」を作り出した女子高生すずが、自らの分身「ベル」を作り出し歌姫として人気者になり、〈U〉に現れた危険人物=「竜」との心の触れ合いと、リアルの世界での恋や友情を通して、成長していく心の傷に向き合い、希望を取り戻していく姿を描く。
「サマーウォーズ」で描いたインターネット空間を舞台に、「時をかける少女」以来の女子高生をヒロインに据えた細田監督の集大成的な一作ともいえる作品。

不思議なメロディーと美しい歌声で注目されるヒロインの声は、俳優初挑戦のシンガー・ソングライターの中村佳穂。劇中でも圧倒的な歌声を披露する。すずの父を役所広司、幼馴染の忍を成田凌、鈴の同級生の弘香をユニット「YOASOBI」のメンバーikuraとしても活動しているシンガーソングライターの生田リラが演じる。そして謎の存在、竜を佐藤健と豪華な声のキャストも注目を集めた。

幼い頃に母(島本須美)を河川の事故で亡くして以来、大好きだった歌を歌うことができなくなっていた高校生のすず(中村佳穂)。すずは、父(役所広司)に対しても、幼馴染みの忍(成田凌)にも心を閉ざし続ける。ある時、親友の弘香(幾田りら)に誘われ、インターネット上の仮想空間〈U(ユー)〉に参加することに。50億人が参加する〈U〉では、〈As(アズ)〉と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることが出来る世界だった。歌えないはずのすずは、「ベル」と名付けた<As役:としては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。そんなベルの前に、「竜」(佐藤健)と呼ばれる謎の存在が現れ…。



■声の出演
内藤鈴/ベル役:中村佳穂
久武忍役:成田凌
千頭慎次郎役:染谷将太
渡辺瑠果役:玉城ティナ
別役弘香役:幾田りら
吉谷さん役:森山良子
喜多さん役:清水ミチコ
奥本さん役:坂本冬美
中井さん役:岩崎良美
畑中さん役:中尾幸世
すずの母役:島本須美
すずの父役:役所広司
竜役:佐藤健

■スタッフ
原作・脚本・監督:細田守
企画・制作:スタジオ地図
音楽監督/音楽:岩崎太整
音楽:Ludvig Forssell 坂東祐大
メインテーマ:millennium parade × Belle 「U」

日本テレビ「金曜ロードSHOW!」番組公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  4. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊
  5. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!