パク・ジュヒョン×キム・ヨンデ「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」韓国で放送前に予告動画、キャスト、見どころ紹介

[2022年12月03日20時00分]  【ドラマ】

パク・ジュヒョン×キム・ヨンデ「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」韓国で放送前に予告動画、キャスト、見どころ紹介

©MBC

パク・ジュヒョン×キム・ヨンデ×キム・ウソクのフレッシュな若手俳優らが出演するフュージョン史劇「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」が韓国MBCにて12月9日より放送開始予定だ。今回は予告動画や、出演者が語る本作品の見どころなどをご紹介したい。

「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」は、7年前世子嬪を失った悲しみから禁婚令を下した王の目の前に、亡くなった世子嬪に憑依できると言い張る詐欺師が現れて繰り広げられるフュージョン史劇だ。原作は2015年に発表されたウェブ小説であり、2019年にはウェブ漫画としても製作された人気作品。原作者のチョン・ジヘが今回ドラマの脚本も担当していることもあり、今回満を持してのドラマ化であろう。



主人公を演じるのは「人間レッスン」「マウス~ある殺人者の系譜~」のパク・ジュヒョン。今回は口を開けば嘘ばかり、禁婚令の時代に人々の縁を結ぶ詐欺師ソ・ラン役を演じる。茶屋エダルダンで働き男女の恋愛問題や相談を受けながら、人知れず婚姻できる方法を教えていたところ現行犯で捕まってしまい、何とか危機から逃れようと口から出たでまかせがきっかけで王の前に連れて行かれ、ストーリーが展開される。

「ペントハウス」シリーズ「偶然見つけたハル」「浮気したら死ぬ」のキム・ヨンデは朝鮮王イ・ホン役を演じる。愛する世子嬪のためならなんでもする朝鮮代表サランクン(愛に全てを捧げる一途な人)であったが、7年前世子嬪を失った悲しみから禁婚令を下す。そんな中でソ・ランに出会い…。
「軍検事ドーベルマン」のキム・ウソクは義禁府のイ・シンウォン役を演じる。婚姻直前に禁婚令が下され破談になるも、妻になるはずだった女性を忘れることができず、彼女を探すために捜査官になる。現行犯で逮捕したソ・ランから7年前の彼女の面影を感じるが遠くから見守るしかない、シンウォンの切ない心の行方は?

「もし国で7年間婚姻を禁じたら?」という大胆な発想から生まれた本作品。ダメだと言われると逆にしたくなるのが人の性というもので、朝鮮全体が愛に向けた熱い熱望で燃えあがり始める…?!これまでも斬新な設定のフュージョン史劇が多く放送されたが、本作品の独自の世界観もかなり気になるところ。今回、放送を目前にして出演者が本作品の見どころなどをインタビューで答えているのでご紹介したい。

まず本作品の背景は朝鮮だが、'他の惑星に朝鮮という国があった'というナレーションから始まり、本作品独自の設定が好奇心をそそられる。パク・ジュヒョンは「そのために'言葉遣いや礼節を完璧に再現する正統史劇とは別の形態の作品である'と受け入れるのが最初のミッションだった」と語る。しかし、新しい世界観を作り出すといっても、どのレベルまで崩してもいいのか?(史劇というとどうしても暗黙の了解で礼節などが重んじられる傾向にあるため)視聴者からどの程度容認されるか、キャラクターと時代劇の間でバランスをどう合わせなければならないかと葛藤も多かったという。パク・ジュヒョンは「視聴者の皆様も一緒にこの世界観を楽しんで頂きたい」と語る。
次にパク・ジュヒョンとキム・ヨンデ、そしてキム・ウソクの3人は、どの組み合わせでも最高のシナジー?!各キャラクターのケミにも注目してほしいと語っている。愛に全力の王イ・ホンと、朝鮮時代にもしMBTI(※)があったら‘EEEE’そのものであるソ・ランの出会い、またイ・ホンとイ・シンウォンのブロマンスや、そしてソ・ランとイ・シンウォン2人の関係は?これらの要素もドラマの見どころである。三角関係のような、ドラマによくある構図ともいえるが、それをこの若手俳優たちがどのようにフレッシュに演じてくれるか、期待したい。
(※MBTIとは、個人の性格を表す一種の自己申告型の診断テストで、近年韓国では自己紹介で自身のMBTIを言うほど浸透している。’E’は外交的な性格を表し、本来‘EEEE’という型はないものの、それだけ彼女が元気なキャラクターだということがよく分かる)

パク・ジュヒョンは「3人とも同じ年代だから現場でお互いのキャラクターについて楽に話しあうことができた。私の話をよく聞き入れ共感してくれたおかげで自信を持って自由に演技ができた」と語り、キム・ヨンデは「演技に対する情熱が溢れており良いシナジー効果を受けた。2人以外にも他の方々とも呼吸がとても良くておもしろい現場雰囲気中で撮影している」、そしてキム・ウソクもまた「年齢が近く気楽に話し合いながら楽しく演じている。また学ぶ点が多い先輩俳優の方々と共演することができた」と、それぞれが和やかな撮影現場の雰囲気を伝えた。



予告動画を見るだけでも、笑いの多い明るい作品だということが伝わって来る。2022年を明るく笑って締めくくれるような、とても見やすいドラマだろう。「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」は12月9日より韓国MBCにて放送開始予定だ。

■作品紹介
制作国 : 韓国 制作年 : 2022年
スタッフ : 監督:パク・サンウ、ジョン・フン
脚本:チョン・ジヘ
原題: 「금혼령, 조선 혼인 금지령」(クムホンリョン、チョソン ホニン クムジリョン)
日本初放送・初配信:

■キャスト
ソ・ラン役:パク・ジュヒョン
イ・ホン役:キム・ヨンデ
イ・シンウォン役:キム・ウソク


公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  5. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,725タイトル、  86,098作品!