名曲続々!大ヒットコメディ映画第2作『天使にラブ・ソングを2』を金曜ロードオリジナル吹替版で放送!

[2022年12月08日08時00分]  【映画】

名曲続々!大ヒットコメディ映画第2作『天使にラブ・ソングを2』を金曜ロードオリジナル吹替版で放送!

©1993 TOUCHESTONE PICTURES.
ALL rights reserved.

12月9日の「金曜ロードショー!」(日本テレビ、夜9時から10時59分)ではウーピー・ゴールドバーグ主演の大ヒット映画『天使にラブ・ソングを2』(1993年)をオリジナル吹替版、5分拡大で放送!R&Bの女王、ローリン・ヒルの若き日の歌声にも注目!予告動画は番組サイトで視聴できる。



12月9日の金曜ロードショーでは、4週連続で送る「クリスマスに見たい映画」第2弾はウーピー・ゴールドバーグ主演の大ヒットコメディ映画第2作『天使にラブ・ソングを2』を放送する。前作で修道院を立て直したクラブ歌手のデロリスが、今度は問題児だらけの高校で音楽教師となり、彼らと共に“ヒップホップ聖歌隊”を結成し、権威ある合唱コンクールで優勝を目指すストーリー。

主演は前作に引き続きコメディエンヌのレジェンド・ウーピー・ゴールドバーグが担当。クラブ歌手デロリスが、ファンキーなシスター、メアリー・クラレンスに変身し、荒くれ高校生たちと歌を通して絆を深めていく。他にも第1作から引き続き、マギー・スミスや、ウェンディ・マッケナ、キャシー・ナジミーなどお馴染みの顔ぶれが勢揃いし、デロリスの良き理解者、親友として彼女を支える。生徒役には、後のグラミー歌手、ローリン・ヒルも出演し、18歳とは思えないソウルフルな歌声を披露している。

デロリスの仕掛ける讃美歌やヒップホップ、クラブミュージックなど種類の違う楽曲のアレンジと、高校生たちのエネルギッシュな歌声。反抗的な高校生たちが、音楽の力で次第に一致団結していく姿は見ていて爽快そのもの。ノリノリの音楽を聴けば、一緒に踊りたくなる気持ちになるはず。

映画で使われている挿入歌には、『Oh Happy Day』や『Pay Attention』『Dancing In The Street』『joyful joyful』などオリジナルからどこかで耳にしたことがある名曲まで様々登場する。その中でもローリン・ヒル演じるリタが友達とオルガンで歌う『His Eye Is On The Sparrow』は聴き逃せない。リタが音楽クラスへの参加を拒んでいたところ、メアリー・ロバートがリタの歌唱力を知り、デロリスに助けを求めるきっかけとなるシーンだが、進路を巡り母親とギクシャクするリタの多感な心情と、『主は一羽の雀を見守り給う』という内容の歌詞をローリン・ヒルが情感たっぷりに歌う映像は必見です。

そして圧巻なのは、ラストの合唱コンクールのシーン。デロリスはこれまで準備してきた真面目路線を一変。好きな服、好きな音楽を体全体で表現する生徒たちの解放された姿は感動必至。讃美歌が元となっている『joyful joyful』を大胆にアレンジし、ラップあり、ダンスありのハイテンションな1曲は、クリスマスシーズンに向けて気持ちが上がること間違いない。この週末は、ウーピーと一緒に、歌と踊りで盛り上がろう。

■あらすじ
修道院の聖歌隊を立て直したクラブ歌手・デロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は、今やラスベガスの二流スターに昇格し忙しい日々を送っていた。ある日、デロリスは観客の中に友人のシスターたちを発見する。聖フランシス高校で社会奉仕をしているシスターたちが、問題児たちに手を焼き、デロリスに助けを求めてきたのだった。シスターたちからの要請により、デロリスは再びシスター・メアリー・クラレンスとなり、荒れ果てた高校で音楽を教えることを決意する。案内された音楽クラスに向かうと、教室ではヒップホップが大音量で流れ、生徒たちは授業を受けずはしゃぎまくっていた。

問題児ばかりの授業は思うように進まず、デロリスも諦めかけ始めた時、たまたま校長室の話を盗み聞きする。そこでデロリスは聖フランシス高校が廃校の危機にあることを知ってしまう。そこでデロリスは、音楽クラスの生徒たちで聖歌隊を結成することを思いつく。始めは反対していた生徒たちだったが、次第に音楽への熱意が広がっていく。実は聖フランシス高校は過去に音楽コンクールで何度も賞をとっていた聖歌隊があった。それを知ったデロリスは、今の聖歌隊をコンクールに出場させようと奔走するのだが・・・。

■キャスト
デロリス:ウーピー・ゴールドバーグ(中村晃子)
シスター・メアリー・パトリック:キャシー・ナジミー(さとうあい)
クリスプ理事長:ジェームズ・コバーン(小林清志)
修道院長:マギー・スミス(藤波京子)
モーリス神父:バーナード・ヒューズ(松村康雄)
シスター・メアリー・ラザラス:メアリー・ウィックス(河村久子)
シスター・メアリー・ロバート:ウェンディ・マッケナ(矢島晶子)
リタ:ローリン・ヒル(高山みなみ)
フランキー:デヴィン・カミン(森川智之)
スケッチ:ロン・ジョンソン(高木渉)
アーマル:ライアン・トビー(石田彰)
マリア:アラナ・ユーバック(篠原恵美)
タニア:タニア・ブロント(高乃麗)

■スタッフ
監督:ビル・デューク
脚本:ジェームズ・オア/ジム・クラックシャンク/ジュディ・アン・メイソン
製作総指揮:ローレンス・マーク/マリオ・イスコヴィッチ
音楽:マイルス・グッドマン

日本テレビ「金曜ロードショー」番組公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 新木優子、山下智久と映画『SEE HEAR LOVE』で5年ぶり共演!山P×新木2ショット、公式サイトも初解禁
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  4. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  5. 巣から落ちた郭公!消えたスベクヒャン王女…「帝王の娘 スベクヒャン」第64-68話あらすじと見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,724タイトル、  86,092作品!