【新大河「どうする家康」】今度の英雄は気弱でナイーブ…どうする松本潤!キャスト、語り、物語などまとめて紹介

[2022年12月18日20時00分]  【ドラマ】

【新大河「どうする家康」】今度の英雄は気弱でナイーブ…どうする松本潤!キャスト、語り、物語などまとめて紹介

©NHK

「鎌倉殿の13人」の後を受けて、2023年1月8日から松本潤(嵐)主演で送るNHK大河ドラマ「どうする家康」がいよいよ始動!戦乱の世を生き抜き、そして終わらせた徳川家康の生涯を脚本・吉沢良太が新たな視点で描く。PR動画、出演者のコメントがNHK_PRにて公開中だ。



松本潤(嵐)主演、第62作目となる大河ドラマ「どうする家康」は戦国時代に岡崎城主・松平宏忠の子として生まれた家康が、個性豊かな家臣団と共に天下統一を果たした生涯を描くオリジナルストーリー。

誰も描かなかったナイーブな家康を!
脚本は映画『Always 三丁目の夕日』「リーガル・ハイ」を手掛けた人気脚本家、吉沢良太が担当。大河ドラマ主役として徳川家康が単独の主役に据えるのは1983年滝田栄が主演を務めた「徳川家康」以来40年ぶり。これまでに家康は多くの役者が演じてきた歴史がある上、タヌキ親父、策略家などのイメージを持つ人も多いかもしれない。しかし、吉沢は誰もが知る偉人ではなく、ひとりの繊細な青年が、自らの宿命を受け入れ、心に鎧をまとい、必死にもがき苦しみながら、乱世を生き延びていくという姿を描きたいと意気込みを見せる。

そんな吉沢の熱い思いを託されたのが松本潤だった。初の大河出演にして初の主演のオファーを受けた時を振り返り「初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!?」とコメントを番組ホームページに寄せている。またオファーを受けた時期(2020年11月)も松本を迷わせた。嵐の活動休止の区切りとなる2020年を走り切りたいという思いでいた松本は、返事を一時保留した後、年明けに決断した大河出演。大きな挑戦に挑む松本が、ナイーブで気弱な英雄をどう演じるのか、期待が高まるばかりだ。

心強い“チーム徳川
家康の周囲を固めるのは個性豊かな俳優陣たちにも注目したい。“チーム徳川”となる家臣団には大森南朋、松重豊、山田裕貴、杉野遥亮、岡部大(ハナコ)、山田孝之、音尾琢磨、松山ケンイチ、イッセー尾形と豪華メンバーが集結した。家康の正室・瀬名役は、本作で松本と3度目の共演となる有村架純が出演。孤高のカリスマ、織田信長役には大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演を務めた経験もある岡田准一、その家臣で大出世を遂げ家康のライバルになる豊臣秀吉役をムロツヨシが演じる。また家康が父と慕う今川義元を野村萬斎、そして最強の武将・武田信玄を阿部寛が演じる。

家康が生きた戦国時代、予期せぬことが次々と起こる中で、家康は”チーム徳川”のリーダーとしてたくさんの「どうする?」に直面する。時に戦場で、そして家族や家臣、民衆から突きつけられる「どうする?」に対し、判断ミスで苦杯をなめても決して逃げずに乱世を終わらせた徳川家康。そんな波乱万丈の生涯を描いた「どうする家康」の初回放送を楽しみに待ちたい。

寺島しのぶの語り=「中の人」にも興味津々
語りは寺島しのぶ、ある人物の「中の人」として語りを務める。制作サイドでは「ひとりの弱き少年」「後ろ盾もなく、豊かな国土もなく、あるのは個性派ぞろいの家臣団だけ」な人物として描く家康の物語の中で、「ナイーブな家康を、語りの方は強き神の子であると固く信じてやみません。」と、全幅の信頼を寄せている。

■物語
貧しい小国・三河にある岡崎城主・松平広忠の子として生まれた少年・竹千代(のちの徳川家康)は、戦で父を亡くし、母と離れ孤独な日々を過ごしていた。今川家へ人質として送られる途中で織田家に強奪され、若き日の織田信長と出会う。破天荒な信長から自らの手で未来を切り開くことを信長に教えられた竹千代。さらに父に仕えていた旧臣らと再会を果たし、彼らが松平再興を願っていることを知る。

嘉永6年(1560年)、桶狭間で今川義元と織田信長の合戦が勃発。今川家が混乱する中、家康は家臣と共に三河城を取り戻すことに成功する。だが、それは苦労とピンチの始まりだった。領民による一向一揆、戦国最強の武将・武田信玄の脅威にさらされ“三方ヶ原”の戦いでは徳川軍全滅の危機に追い込まれ、絶体絶命に。自分の弱さに歯がゆさを感じつつも敗戦をバネに、家康は個性派揃いの家臣たちを率いていく。

しかし、本能寺の変で目標であった信長を失った家康は、再び窮地に。前には人心掌握に長けた豊臣秀吉、頭脳明晰な石田三成が行く手を阻まれ、真田昌幸たち周辺の大名からは足元をすくわれそうに・・・。果たして家康たちは戦乱の世を終わらせ新しい時代を切り開けるか?どうする家康!

■キャスト
▼徳川家康:松本潤(幼少期/竹千代:川口和空)

▼徳川勢
瀬名:有村架純
於愛の方:広瀬アリス
徳川信康:細田佳央太
酒井忠次:大森南朋
石川数正:松重豊
本多忠勝:山田裕貴
榊原康政:杉野遥亮
本多正信:松山ケンイチ
服部半蔵:山田孝之
井伊直政:板垣李光人
鳥居忠吉:イッセー尾形
鳥居元忠:音尾琢真
大久保忠世:小手伸也
平岩親吉:岡部大
夏目広次:甲本雅裕
本多忠真:波岡一喜
渡辺守綱:木村昴
登与:猫背椿

▼織田勢
織田信長:岡田准一
お市:北川景子
豊臣秀吉:ムロツヨシ
織田信秀:藤岡弘、
柴田勝家:吉原光夫
明智光秀:酒向芳
佐久間信盛:立川談春

▼今川勢
今川義元:野村萬斎
今川氏真:溝端淳平
糸:志田未来
関口氏純:渡部篤郎
巴:真矢ミキ
たね:豊嶋花
お田鶴:関水渚
鵜殿長照:野間口徹

▼武田勢
武田信玄:阿部寛
山県昌景:橋本さとし
穴山梅雪:田辺誠一

▼語り
寺島しのぶ

NHK総合2023年1月8日スタート、NHK大河ドラマ「どうする家康」。脚本:古沢良太、出演:松本潤、岡田准一、有村架純、ムロツヨシ、大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、松重豊、野村萬斎ほか。番組公式Twitterアカウントは「@nhk_ieyasu」。PR動画はNHK_PRにて公開中。

NHK大河ドラマ「どうする家康」番組公式サイト
NHKオンライン・NHK_PR

【大河ドラマ】【「どうする家康」関連記事】

【2023冬ドラマ(1月期新ドラマ:地上波)】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  5. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,725タイトル、  86,098作品!