キム・ナムギル「結婚しない宣言」も飛び出した25日“赤の館”ファンイベント再現レポ・前半!コメント動画

[2014年04月10日18時20分]  【芸能】

キム・ナムギル「結婚しない宣言」も飛び出した25日“赤の館”ファンイベント再現レポ・前半!コメント動画

(C)copy;スタージェイエンターテイメント

2日間連続パシフィコ横浜にて開催された韓国人俳優キム・ナムギルの1年ぶりのファンイベントの初日、25日(火)「2014 KIM NAM GIL THE SHOW」を取材したので、いつものように90%の再現目指して楽しいレポートでご紹介!この日は、ステージを“赤の館”に見立ててミラクルロックサウンドから甘く切ないバラードまでキム・ナムギルの魅力にファンが酔いしれた!本人公式サイトにコメント動画公開中。

(赤文字) はその場の雰囲気や記者の感想など。本人がしゃべった日本語は下線< >はステージの様子など。

★本サイトに掲載している記事、写真を無断使用・無断複製はおやめくださいね。



■レポを読む前に知っておく情報
「善徳女王」のピダム、「赤と黒」のゴヌク、そして4月にDVDリリースが決定している「サメ~愛の黙示録~」、映画『モダンボーイ』などの作品のメインキャスト役で超人気の俳優。そして、作品中たびたび日本に近いキャラクター役を担当し、日本語のセリフをたくさん披露している。


■レポートスタート

【オープニング】
この日は、“赤”のドレスコードがあり、2階に用意された記者席から見下ろす1階席は真っ赤!ペンライトももちろん赤!
<映像:東京タワーから会場のある横浜みなとみらい>
♪1曲目:Creep♪
映像の後、おひげなしのキム・ナムギルが、革ジャンのワイルドなスタイルで歌いながら登場。
(ナムギルが顔を向ける側の客席から早くも悲鳴!前半は本人自らがイベント進行。通訳は影の声で)

ナムギル:センキュ!(今回は発音にも気を付けてレポ!大拍手。ファンの呼びかけに応え「フフフッ」といきなりセクシーな含み笑い)皆さんこんにちは、キム・ナムギルです。(「かっこいい!」のファンの声には「すみません」、「サランヘヨ」の声には「僕も!」。トークでも女心をわしづかみ!)
今日、僕たち1年ぶりですよね。(収まらないファンの興奮を…)今から話をするので待っていてくれますか?1年前にお会いしてからは「サメ」というドラマを撮りました。映画『海賊』を撮りました。1年間は、映画やドラマでほとんど休むことなく、3月の今日、皆さんにお会いするためここに駆けつけました。(大拍手)
皆さん、健康には問題ないですか?健康が一番ですね。水を飲んでもいいでしょうか?(この後も、熱唱のせいか、久しぶりのファンの前で緊張したのか、水をたびたび飲む。その結果…)

ナムギル:(モソモソしながら)このズボン履きにくいんですね。(トップスターらしからぬポーズでズボンの補正?大爆笑)全然大大丈夫!今日の公演は、昨年とは少し違うステージにしました。今回はバンドの皆さんに来ていただいております。私の想いを歌に込めて、バンドのメンバーと一緒に素敵なステージをお届けしたいと思います。ありがとうございます。(とっても日本語がうまくなっているナムギル。よほど発音の練習をしたのだろう。「ございます」で“ざ”、「ひとつ」で“つ”の発音確認をたびたびする。そのたびにファン、笑&拍手!)バンドの皆さんにも拍手をお願いします。(大拍手)

ナムギル:…?(ナムギルのコメントを聞き取れず、通訳がなく、ナムギルがプチ怒?)今回はロックバージョンのコンサートを準備しました。最初にお届けしたのは、イギリスの代表的、伝説的なロックグループのレディオヘッドから「Creep」でした。
次の曲は、心が曇るとき、悲しみで表情がかげるとき、いつも僕が温かい光を照らしてあげるよと、言う歌です。皆さんへの僕の想いだと感じてください。
♪2曲目:Wherever You Will Go♪

KNG(C)copy;スタージェイエンターテイメント
ナムギル:ありがどうございます。今、日本の唄を歌っていないということでリアクションはイマイチなんでしょうか?(爆笑。しかし、ファンのリアクションがイマイチという訳ではない。ナムギルは、客席のある一人の人物が気になっている…その人物とは後で) 日本の唄はこの後たくさん控えていますよ。
万が一、あまりはしゃぎすぎてファンの皆さんの中でお年を召した方が、ショックを受けてはいけないと思い、抑え気味に歌っています。(笑い)(「ケンチャナヨ=大丈夫」、「若いわよッ」というファンの声に「おいくつですか?」と返すなど、ファンと一体したトークを展開) 実は、僕ももう歳とっていて疲れて…。今度の唄はオリジナルな日本の唄です。日本でも人気で、橋幸夫さんの「絆」という歌です。(会場ざわつく。さすがに、大歌手だが…橋幸夫は古い。客席爆笑!)
どうして、皆さんの年齢に合わせて選んだのに。(大ブーイングに「すみません」で即謝罪!笑)もしご存知でした一緒に歌ってください。
♪3曲目:悲しい関係♪

高音部では裏声も使い、見事な歌いっぷり。韓国では歌手ナミが「悲しい縁=スルプンインヨン」というタイトルで歌ったヒット曲。宇崎竜童の作曲、妻の阿木燿子が作詞したとても素敵な楽曲。⇒原曲試聴可能(amazon)
<ステージ端に曲にあわせて踊る女性のシルエット登場>
ナムギル:今の“恋”に関する歌なので切ない想いを届けに近くに行こうとしたら消えてしまいました。あー悲しい…(この様子は、ぜひとも映像で確認してほしい)歌っていたら突然シルエットの女性が現れて、もっと歌の世界に浸ってしまいました。僕が歌っているときに、僕の横でダンスを踊ってくれる方!(一斉に「ハイ!」)

ナムギル:少し歌を休んで、皆さんと会話したいと思います。最近皆さんにとって一番の関心事は?気になって質問しました。日本のファンの皆さんは、僕の運営している“ギルストーリー”というサイトをご存知ですか?アジアの恵まれない人たちのために何か役に立つことをしようと立ち上げたサイトです。今回、フィリピンの方たちのために募金を呼びかけたところ、日本の皆さんがたくさん協力してくださいました。フィリピンの皆さんに代わって感謝申し上げます。(大拍手)
私の関心は別のところに向かっています。(ざわつく会場)僕が果たして結婚できるか?本当に悩んでいます。日本の女性の中で僕を救済してくださる方!(一斉に挙手!夫持ちの記者も思わず小さく挙手) ありがとうございます。 一生結婚しないで、皆さんと過ごしていきます!(大胆発言に大歓声!)これから歌うのはプロポーズの歌です。(首をかしげるファンたちに)僕の歌ですよ!僕の歌で他に何があるんですかッ!?僕のことなんて皆さんの関心の外にあるんですよね…。(大爆笑!もちろんナムギルのデビューシングル「Roman(ロマン)」だ。ここでマイクとゴッツンコ!ここも必見のシーン。記者、爆死)
後ろの皆さん見えていますか?旦那さんの食事を作ってこなかった方!(大多数が挙手)すごいネ。アイーーン!(この後もいたるところで、志村けんの“変なおじさん”の「アイーン」を連発。以下省略するが、ポーズまで真似る。ピダムの面影全くなし!)
これから歌うのはそんな歌じゃない!10秒感情に浸らせてね…だめです!感情に浸れない…。

途中軽いトークを挟みながらも3曲熱唱。
♪4曲目:Roman♪<映像:女優イ・ソヨン出演の話題のMV
ナムギル:日本では、歌の歌詞をとても大事にすると聞きました。ですから、前回よりももっと歌詞に気を使い、発音に気を使いながら練習しました。(大拍手!とてもきれいな発音、お見事!「ひとつ、いつか、ごいます」などの言葉を顔をくしゃくしゃにしながら確認。でも、記者はゴヌクの「ゴジャイマス」が好きだったな…) 本当に発音が難しかったです。
次の曲は、あなたと私は本当に違うところが多い。でも私はあなたを愛している、という歌です。
♪5曲目:君が好きだ♪

ナムギル:僕の好きな歌ばかりをお届けしていますが、ほとんどが恋の歌、別れの歌ばかりですね。あー寂しい。今度の歌は、愛する人と別れて、彼女のことを待ちながら作った歌とのことです。
最近は、誰かが自分の元を去っても、その人のことをずっと待ち続けたりすることがなくなってきているようです。世の中が目まぐるしく変化し、恋もインスタントのように早くなっているような気がします。そんな思いが込められているこの歌をお届けします。
♪6曲目:キダリダ(待っている)♪
KNG(C)copy;スタージェイエンターテイメント
ナムギル:歌の世界にどっぷりつかっていましたが、途中とてもよく目立つ人がいました。(ざわつく客席!)お子さん連れの方…面白くないかもしれません。向うに僕の控室がありますから、そこで寝てていいですよ。(どうやら、小さなお子さんがナムギルの優しい歌声を子守唄に寝入ってしまった様子。大爆笑)
どうやら、どっぷり感情に浸っていたのは僕ばかりのような気がしてきました。(寝ぼけ眼の子に「おじさんが、後で楽しい歌うたってあげるね!」。大爆笑。慰めるファンとの絶妙なコール&レスポンスに抱腹絶倒!)でも、ちょっと寂しいですね。


【ゲストコーナー】
ナムギル:(発音練習をしながら)こんな風に、練習のすべてに協力してくれた方がいます。昨年の公演でもステージでご紹介した方です。僕のボーカルトレーナーでもあり、音楽監督を務めてくださったキム・ミンソク先生をご紹介します。
<ゲスト登場:白の背広の正装姿>
ゲスト:キム・ミンソクと申します。(拍手)
ナムギル:キム・ミンソクさんは、僕の1歳年下ですけれども、(えーーッ!と何とも失礼なファンの声) このイベントに向けて僕がどんなに一生懸命練習してきたかを話してくれます。
ゲスト:なんで、びっくりしましたか? なぜかな…?(笑)
ナムギル:こう見えて、まだ彼女もいないんですよ。(爆笑)
ゲスト:僕は、とても落ち着いている風貌です。
ナムギル:今日は僕よりかっこよく決めてきましたね。(服装でカバーしました」の言葉に) 皆さんへの礼儀でキチンとした格好でいらしたんですよね。(大拍手)ミンソク先生は日本語も上手ですよ。
ゲスト:何の話をしましょうか?
ナムギル:あのお子さんを起こすことができる話。(爆笑)その子の傍に行ってみたいな?(大喝采)僕がステージから降りても絶対に立ち上がらない約束してくれますか?


■ハプニング
ここからは、ナムギルがステージから降りて子供に近づき、子供との抱腹絶倒の会話が繰り広げられた。
 ナ:「何才?」 子:「10歳」 
 ナ:「おじさん嫌い?」 子:「嫌い!」 
 ナ:「お母さんにここに連れてこられたのイヤ?」 子:「イヤだ」 
 ナ:「おじさんが早く終わらせるからね(大人のファンブーイング)すみません」…
 ナ「昨年の公演にいらした方は?(ほぼ全員挙手)ステージに上がるときに、僕がどうなったか憶えていますか?
(確か躓いた?)

ゲスト:僕をステージに上げて何しているんですか?(大爆笑)
ナムギル:(ミンソク先生に)僕のこと嫌いだって…。
ゲスト:大丈夫だよ…私がナムギルさんと一緒にいろんなところを回っていると、皆さんはあの男はいったい何者だろうかと、思う方もいらっしゃるかと思います。僕は、どんな時もキム・ナムギルさんに影のように寄り添っています。スタッフも怪訝そうに見ています。モニターチェックでも、こうしてピタッと後ろにいます。服装はこの格好で…。(笑)
ナムギル:僕の初印象と、歌手ではないですが歌を歌う人間としてどうなのかを言ってください。
ゲスト:初印象は「赤と黒」を終えた後で、ドラマのイメージそのままのかっこいい男でした。でも、ドラマのイメージを捨てきれずに、“悪い男”のイメージでした。ただ単に悪い男でした。僕がここで口を開くと大変です。(大笑)
歌や発声の練習にやって来たんですが、完璧主義者でした。今回も発音の練習を毎日夜中の3時まで2か月間しました。発音に関しては日本の先生をお招きして何回かレッスンを受けているんです。夜中の3時に僕は家に帰りたいと思っていました。でも完璧主義者のナムギルさんは帰りません。お分かりのように歌のレベルもとても上がりました。(大拍手)すべて、キム・ミンソク先生のおかげと言ってください。
ナムギル:(先ほどの子どもを気にしながら)また、退屈しちゃうから、早く終わってください。(ジョーク交じりに終わりを告げられて、キム先生、拍手で退場) ここで、バンドのメンバーの皆さんを改めて紹介いします。


【バンドメンバー紹介】
ベース=キム・ジンファン、ギター=イ・ソンホ、キーボード=イム・ヨンジョ、ドラム=カン・ミンソク それぞれかっこよく楽器でご挨拶
-水を飲みすぎたナムギルはここで一旦退場-

<「善徳女王」「赤と黒」『海賊』「サメ~愛の黙示録~」映像に合わせてバンド演奏>

25日イベントレポ後半へ ≫


※キム・ナムギル主演の「サメ~愛の黙示録~」は、4月9日より、DVD&ブルーレイがリリースされる。

【25日“赤の館”レポ前半/レポ後半】 【26日“黒の館”レポ前半レポ後半

kandoratop 【韓流イベントレポ】

※下の特集ページでは、それぞれのドラマの詳しいあらすじや見どころ、豆知識など、ドラマ視聴に役立つ情報をまとめて紹介している。

【「善徳女王」を2倍楽しむ】【「赤と黒」を2倍楽しむ】【「サメ」を2倍楽しむ】


■イベント情報
日時:2014年3月25日(火)「2014 KIM NAM GIL THE SHOW」
    3月26日(水) 「2014 KIM NAM GIL THE SECRET」
場所:パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主管:スター・ジェイ・エンターテインメント
協力:キム・ナムギルジャパンオフィシャルファンクラブ
主催:P&P, Art&Cue Corporation

■「サメ ~愛の黙示録~」
・DVD SET 1 (5 枚組) 2014年4月9日(水)発売
・DVD SET 2 (5 枚組) 2014年5月2日(金)発売
<特典映像>60 分予定
<初回限定特典>ブックレット(12P)・マグネットシート(予定)
<通常特典>アウターケース仕様
価格:各18000+税

2014KIMNAMGILイベント公式サイト






[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  2. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  5. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,853タイトル、  87,333作品!

相続の相談