近藤正臣、手錠の抱擁に感動!「科捜研の女17」最終回15%で有終の美!第18話ネタバレと見逃し配信

[2018年03月23日16時00分]  【ドラマ】

近藤正臣、手錠の抱擁に感動!「科捜研の女17」最終回15%で有終の美!第18話ネタバレと見逃し配信

©テレビ朝日/ @TOEI

昨日22日に放送された沢口靖子主演木曜ミステリー「科捜研の女」(テレビ朝日、午後8時~)シーズン17の最終回は、平均視聴率15.0%で幕を閉じた!テレ朝キャッチアップおよびTverにて最新話無料配信している。
東映「科捜研の女17」のサイトにはクランクアップの様子が写真と一緒に公開されている。⇒東映「科捜研の女17」

「科捜研の女」は京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)ら個性豊かな研究員が、専門技術を駆使して事件の真相解明に挑むシリーズ。今回は第17弾。1999年10月21日に初回放送され、最終回前話で通算200回の通算の平均視聴率は12.3%と安定した数字で人気を誇っている。

今シーズン初回は12.3%で幕を開け、その後11.0% 10.0% 12.3% 11.5% 13.1% 12.2% 12.8% 10.6% 12.9% 12.3% 12.9% 12.4% 10.9% 14.4% 13.6%と余裕の2桁推移。15日に放送した最終回前話では15.1%の自己最高の数字を叩きだし、最終回は前回から0.1ポイント微減したものの、15%をキープして有終の美を飾った。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
レギュラー放送で15%を超えたのは、2011年11月10日放送の「シーズン11」第4話で記録した15.5%以来6年ぶりの快挙だった。

2クールにわたった最終回は2時間スペシャル。近藤正臣と沢口靖子の頭脳戦が繰り広げられる中、近藤のミステリアスな演技や事件の解決後、近藤が手錠をかけられたままかたせ梨乃を抱擁したシーンが多くの視聴者を感動させた。
ネットにも「久々の近藤正臣さんのミステリーによる、最終回は、なかなかの見ごたえでしたねー!」「近藤正臣さんの異常時のラブシーンは、やっぱり決まってましたねー!」などの書き込みがあった。

また、石井一彰が演じた捜査一課の蒲原のアクロバティックな犯人逮捕劇にも注目が集まった。中には、「蒲原が犯人に使った技は“フランケンシュタイナー” ジュニア選手が多用するプロレス技」と解説する視聴者も。

そして、最終回では、中川大志が演じた民間の科学捜査鑑定所の研究員・江藤が再登場し、なんと徹夜で科捜研の鑑定の協力をした。第1話では、優先順位をつけないマリコたちの仕事ぶりを「税金の無駄遣い」とまで言い放った彼の驚く変貌の理由は200回スペシャルにあった。

200回スペシャルでは、長時間労働の過ぎるマリコら科捜研のメンバーが別の担当者に引き継いだが、その一人が江藤の先輩で、危うく冤罪を生むところだった。事件解決後、「一番肝心な使命感までは引き継げなかった」と悔しがった先輩の話を聞いて、江藤も「使命感」について興味を抱き、科捜研からの応援を喜んだのだった。
結局、科捜研の過剰勤務は使命感の元に「良し!」という、現実社会で取り組んでいる「働き方改革」に物申す決着をつけた。あくまでもドラマの中でだが…。

■前回(18話「取調室の怪人」)ネタバレあらすじ
南米のルベルタ副大統領とサトエ夫人(かたせ梨乃)が来日。公安部が暗殺計画の情報を掴み、土門刑事(内藤剛志)たちが副大統領夫妻の警護に駆り出された。一方、現金輸送車が襲撃される事件が発生し、マリコ(沢口靖子)たち科捜研が捜査を開始。

そんな中、自らを「幽霊」と名乗る男(近藤正臣)が不法侵入の疑いで任意同行され、「榊マリコを呼んでくれ」と名指しした。名前も指紋もない男をマリコは科学捜査を使って、40年前に学生運動で暗躍していた活動家で、「天才」と呼ばれた犯罪のスペシャリスト朽木だと突き止めた。だが朽木は40年前に死んだはずだった。すると朽木は、「犯罪予告のためにやって来た」とマリコを挑発。

警察では現金輸送事件と副大統領暗殺計画が関連している事実を掴んだ。そのカギを握っているのはかつて朽木の部下だった繁森(西尾徳間)。

朽木はマリコと手を組むことを提案し、マリコは繁森たちのアジトで得た情報と引き換えに、朽木に暗殺阻止の協力を仰いだ。朽木の出したヒントと土門(内藤剛志)らの活躍により暗殺は未遂に終わった。ところが朽木が姿を消し、繁森が殺害された。犯人は朽木だった。

一時は仲間割れとも考えられたが、マリコはすべてが40年前の“朽木の死”につながっていると考えた。そしてまだ明かされていない関係者がもう1人いると睨み、ある人物のDNA鑑定を日野所長(斉藤暁)に頼んだ。その人物とは副大統領の妻、サトエ夫人だった。

マリコの推理通り朽木は副大統領夫妻が飛び立った空港にいた。実は40年前に亡くなったのは朽木の弟。兄弟がもめて弟に朽木が殺されそうになった時に、朽木の妻が弟を刺殺した。その妻こそがサトエ夫人だった。

繁森にとって天才朽木は目の上のたんこぶ。殺害現場を見ていた繁森は、現場に火をつけて朽木が死んだことにした。そして凶器の包丁が手元にあると朽木を脅して、彼の存在を世の中から抹消し、自分がグループのリーダーになった。

朽木は妻を海外に逃亡させ、自分は幽霊として40年間を過ごしてきた。愛する妻を守るためになんとしても暗殺を阻止したかった。そして繁森が逮捕されれば妻のかつての罪が明るみに出てしまう。そのために繁森を殺害した。しかし、殺される直前、繁森が凶器を隠した金庫の鍵を飲み込んだ。検死でこの鍵が発見されてすべてが明らかになった。

罪を一人で負う覚悟だった朽木の目の前にサトエ夫人現れた。サトエ、いや朽木の妻は愛する夫を残して立ち去ることができなかった。
40年ぶりに再会した二人の心は、繋がっていた。手錠のかかった両腕に妻をくぐらせた朽木は、強く妻を抱きしめた。

「科捜研の女 シーズン17」の最終回は、3月22日に放送された。テレ朝キャッチアップおよびTverにて最新話無料配信している。
出演:沢口靖子/内藤剛志/若村麻由美/風間トオル/斉藤暁/渡部秀/山本ひかる/金田明夫/西田健/石井一彰ほか。最終回のゲストは近藤正臣、西岡德馬、かたせ梨乃、中川大志だった。

テレビ朝日「科捜研の女スペシャル」番組公式サイト
テレ朝キャッチアップ「科捜研の女」

【2018冬ドラマ】【「科捜研の女17」関連・各話あらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  2. 【「100日の郎君様」を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力、評判など
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート
  5. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,855タイトル、  87,335作品!

相続の相談