【上映会レポート】『薔薇とチューリップ』は、ジュノのジュノによるジュノファンのためのプレミアムな映画!

[01月21日23時19分]  【映画】

【上映会レポート】『薔薇とチューリップ』は、ジュノのジュノによるジュノファンのためのプレミアムな映画!

アジアのトップ男性グループ2PMのジュノが主演した日本映画を初お披露目する「ジュノ(2PM)in映画『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベント」が1月21日(月)パシフィコ横浜にて開催された!昼の部を取材したので映画鑑賞の感想をレポート!予告動画はYoutubeにて公開中だ。

※上映後に行われた「プレミアム上映イベント」についてはコチラ⇒ジュノ(2PM)、きき湯ゲームで大盛り上がり!

★本サイトに掲載している記事、写真を無断使用・無断複製はおやめくださいね。

【映画製作の経緯】
映画上映の前に韓流のアニキ古家正亨が登場し、「ご本人ではございませんが…」と繰り返し前置きして客席を笑いで温めた後、本作の制作された経緯が紹介された。

ジュノ本作は、ジュノの俳優としての演技力を高く評価したNBCユニバーサル・エンターテイメントがジュノ主演のオリジナル映画を作成したいという思いから企画が始まった。原作を依頼したのが、『東京タラレバ娘』『海月姫』『雪花の虎』の大人気女性漫画家で、かねてより熱心な2PMのファンとして知られている東村アキコが担当。
そして2017年に完成したイラストが紹介され、この原画を受けてジュノが一人二役、正反対のキャラクターを演じることに決まり、ネーム(絵コンテ)をもとにシナリオを作った完全オリジナル作品。(ここで原画のイラストと1枚のネームがスクリーンに映し出され、実際にネームと同じシーンが映画本編にも登場した)

原作コミックは今春小学館の『月刊 スピリッツ』で連絡されることも決定している。映画は5月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋 センチュリーシネマでも公開が決まっている。古家から「一般の方では(この映画を)一番最初に見ることになる」と紹介され客席から大きな拍手が巻き起こった。

【鑑賞レポート】
映画はまさに、ジュノのジュノによるジュノファンのための作品だった。

世界的若手現代アーティスト・ネロと韓国人留学生・デウォンがある温泉旅館で出会い、“ある目的”のために入れ替わる。この二人は瓜二つだが性格は正反対。ネロは傲慢でストイックでデウォンは優しくて自分に自信のない大学生。

そんな2人が入れ替わったことでネロは本来の優しさを取り戻し、デウォンは次第にたくましくなっていき本当の自分を見つける”自分探しの物語”。

2人の自分探しに大いに貢献したのがネロのマネージャー・ミョンア(玄理)と温泉旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)。初の2役に挑戦したジュノは劇中で、喜怒哀楽のすべてと可愛いお間抜けぶりまでも披露する。特にジュウォンとかおりの出会いのシーンは、阿部寛主演『エルマエ・ロマエ』を彷彿させる傑作で、ファン爆笑&キュン死必至の名演出だ。
また、かおりに旅館を継がせようと必死の中居さん(ふせえり)がジュノに迫るシーンも爆笑。

そして、本作には2PMのチャンソンも出演しており、ジュウォン役のジュノは“一張羅のTシャツ”を着てエライはしゃぎようで、客席がファンたちは抱腹絶倒!さあ、一体どんなTシャツなのか?また、劇中、実際にジュノが絵(?)を描くシーンもあるのでお楽しみに!

終盤、1枚の絵で泣かせるシーンもあり、90分の上映があっという間に終わった。

【プレミアムイベント へ】
上映会の後は、ステージに設えられた大スクリーンに仰天しながらも風呂屋の暖簾をくぐるように登場したジュノが、緊張しまくりの状態で映像を交えながらのトークやゲームなどでとっておきのスペシャルイベントが始まった。

スペシャルイベントのレポートについては後程【韓流イベント】のコーナーで紹介するのでお楽しみに。
【『薔薇とチューリップ』関連記事】

映画『薔薇とチューリップ』2019年5月3日(金)より
シネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋 センチュリーシネマにて劇場公開!
(c) 2018 東村アキコ・小学館/ NBCUniversal Entertainment Japan

公式サイト
ティザー予告

kandoratop 【韓流イベントレポ】【観賞レポ】【プレミアム上映イベント】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート
  4. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  5. BS12「ホジュン~伝説の心医~」第66話~最終回あらすじ:“東医宝鑑”完成!病人のもとへ!予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,862タイトル、  87,361作品!

相続の相談