「24 JAPAN」第14話、獅堂(唐沢寿明)と麗(仲間由紀恵)の前に次のテロ計画が!第13話ネタバレと予告動画

[01月09日10時31分]  【ドラマ】

「24 JAPAN」第14話、獅堂(唐沢寿明)と麗(仲間由紀恵)の前に次のテロ計画が!第13話ネタバレと予告動画

@テレビ朝日

唐沢寿明主演「24」第14話、次のテロを実行に移し始める黒幕=アンドレ・林(村上淳)!刺客の男(武田航平)は入国し、次の計画は実行へと移される!CTUで尋問される獅堂(唐沢寿明)はいつ現場に戻れるのか?麗(仲間由紀恵)はどう行動する?テレビ朝日系2021年1月15日(金)よる11時15分より「24 JAPAN」第14話が放送、告動画は番組公式サイトで公開中だ。



1月8日に放送された第13話で、話題となったのは、やはり、CTU第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)とテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)の直接対決だ。第12話までの何回かアクションシーンはあったが、今回も迫力のあるアクションに称賛の声が多かった。また、獅堂に負けてしまい第13話で退場となる神林にも「まだ、出てほしい」「ほんとにいい悪役」「神林が見れなくなるの残念」といった声も多い。

テロリストに狙われている日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の身辺も騒がしい。息子である朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯した時点で公にしていれば大きな問題とならなかったところ、闇の情報屋・上州(でんでん)がもみ消しをはかっているうちに、カウンセラーの殺人にまで発展してしまっている。今後、麗が総理になれたとしても、この事実は消えることはない。どうやって火消しをするのか?

1月15日に放送される第14話からは、次のテロ計画が本格化する。高橋和也に代わって登場するテロリスト役は武田航平だ。オリジナル版でいうところのドレーゼン一家の末っ子・アレクシスの役どころとなる。金で雇われている神林とは違い、獅堂や麗に直接の恨みがある一家の刺客ということで今後のテロ計画はさらに凄惨なものとなることが予想される。また、CTU内に菫とは別の内通者がいる模様だ。後半戦、まだまだ獅堂の試練は続く。

■前回:第13話ネタバレあらすじ
日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)の手下・長谷部研矢(上杉柊平)に協力してもらい、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、神林のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を連れて脱出する。六花と美有とは離れ、研矢と二人で神林たちの銃撃戦に応じる。なんとか神林の猛追をかわすものの、六花たちと落ち合えない。六花はスマホを落としてしまい、落ち合うべき場所にいけないのだ。

一方、麗は見過ごすことのできない疑念にさいなまれていた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)が、不意の事故で死亡したからだ。麗は、闇の情報屋・上州(でんでん)が夕太の過去をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考え、全てを告発しようとする。だが、「総理になって権力を手に入れてからにしろ」などと、夫である朝倉遥平(筒井道隆)をはじめ、近しい人物たちから次々と心無い言葉を浴びせられる。夕太の罪を知っていて公表しようとしていたジャーナリストの山城まどか(櫻井淳子)に、麗はすべてを話すから公表してほしいと頼む。しかし、まどかはなにかにおびえている。しかも、塔子が殺されたことも知っている。そしてこの件から手を引くといい、麗に「女性初の総理になってほしい」と話して去って行ってしまった。

同じ頃CTUでは、自殺したCTUの内通者・明智菫(朝倉あき)がここ5カ月にわたり、自身の母親の口座に大金を振り込んでいたことが判明する。菫の母親も加担していたのではとマイロ(時任勇気)に口座を調べさせた。菫の口座の入金履歴を解析したA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、現馬が7年前に携わった極秘任務「夜のとばり作戦」が今回の暗殺計画と関連しているのではないかと疑い、詳しく調べ始める。

六花と美有を探している獅堂は神林の手下に狙われていた二人をすんでのところで助けた。追手を振り払って逃げる獅堂、六花、美有。美有は小屋にいる研矢を呼びに行こうとすると、神林の攻撃が始まった。神林は長距離も狙えるライフルを持っているのに対して、獅堂の銃は短距離しか狙えない。不利な状況の獅堂だが、落ちていた硝子破片で太陽を神林の目にあてるなど細かく応戦した。その時、CTUからの援軍のヘリがやってきた。神林を助けるはずの音守(神尾佑)は逃げ出し、ぎりぎりのところで獅堂は神林に打ち勝った。獅堂、六花、美有はヘリに乗ることができた。研矢はひとり逃げ出していた。

CTUでは新たなテロリストが入国したことが判明したところだった。

■第14話あらすじ
CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)はついに、テロ実行グループに誘拐された妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を救出。2人を病院へ送り出し、自らは聴取を受けるためCTUに残る。だが、どうにも胸騒ぎがしてならない現馬は、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)に妻子の様子を見に行くよう依頼。すぐさま病院に向かった伊月だったが、2人に割り当てられた病室で“ある人物”と遭遇したことが発端となり、嫌な予感を覚え…!

その頃、現馬が一度は食い止めた日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画は、秘密裏に新たな動きを見せていた。なんと黒幕=アンドレ・林(村上淳)の指揮のもと、新たなテロリストが日本へ入国したのだ!その情報を掴んだA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、新班長・小畑緑子(霧島れいか)に報告し、即座に麗を避難させるべきだと進言するが…!?

一方、闇の情報屋・上州(でんでん)に脅迫された麗は、息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)の死の真相を、これ以上追及しないことを決意。他殺を疑い、警察に通報しようとする夕太と、真っ向から対立してしまう。そんな中、麗の周辺では“意外な人物”が怪しい行動を取り始めることに!さらに、現馬の経歴について調べていた麗自身もまた、CTUに激震が走るような驚くべき行動に出て…!?

テレビ朝日系 10月、毎週金曜よる11時15分「24 JAPAN」がスタート。出演:唐沢寿明/木村多江/桜田ひより/仲間由紀恵/筒井道隆/栗山千明/池内博之/朝倉あき/佐野史郎/片瀬那奈/でんでんほか。番組公式Twitterアカウントは「@24japan_tvasahi」。PR動画は番組公式サイトにて公開中。

「24 JAPAN」番組公式サイト
「24 JAPAN」 TELASA(テラサ)
「24 JAPAN」 ABEMA

【2021年冬ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  2. 【「王になった男」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、各話あらすじ、見どころ、評判など
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 「2021 TXT FANLIVE SHINE X TOGETHER」3月6日2回目ファンライブ3つの観戦ポイントは?
  5. ヨ・ジング主演「王になった男」第23-最終回あらすじ:都承旨イ・ギュの決断と王宮決戦!東医宝鑑と農事直説|テレ東

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,520タイトル、  85,906作品!