松下奈緒「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」脳科学を駆使し、稀代の悪女・中山美穂の無罪を勝ち取れ!あらすじと予告動画

[04月11日12時00分]  【ドラマ】

松下奈緒「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」脳科学を駆使し、稀代の悪女・中山美穂の無罪を勝ち取れ!あらすじと予告動画 
<br/>

©テレビ東京

“裁判は勝った方が真実”?松下奈緒が脳科学を駆使し、勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士に!相棒は40歳の新人弁護士・佐藤隆太!3人の夫を次々殺害したとされる魔性の女・冬川沙也加(中山美穂)の“記憶”から無実の証拠は見つかるのか?オリジナルサスペンスドラマ、月曜プレミア8「脳科学弁護士 海堂梓ダウト」は4月12日(月)夜8時からテレビ東京で放送、予告動画は番組公式サイトで公開されている。



「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」は、現役の弁護士でありながら大学の研究室で脳の記憶を研究する『特任准教授』の肩書も持つ海堂梓が、弁護人として関わる事件を目撃者や容疑者の“記憶”を手掛かりに、時に強引に脳科学を駆使し裁判を勝ち取る、異色の法廷サスペンス。

主人公・海堂梓を演じる松下奈緒は、「レッドアイズ 監視捜査班」(2021/日テレ)の捜査班を率いる颯爽としたリーダー役に続いて、本作で初の弁護士役、しかも“勝つために手段を選ばない”シャープな敏腕弁護士に挑戦する。“裁判は勝った方が真実”という価値へのこだわりを持つ一方で、自身の正義も貫く海堂。松下は「海堂先生の役はなかなか緊張感がある役でした」とコメント、「弁護士の法廷ドラマに脳科学がプラスされてるというのは、心理戦だったり人の行動を通していろんなことが見えてくる展開で、一歩先を行っていると思うんです。海堂は人のことを深く見ている、それが武器として二つ合わさった法廷ドラマ」とドラマの魅力と語る。海棠がみせるスイーツ好きといったギャップにも注目!

佐藤隆太が演じるのは、海堂と共に事件の謎を解明していく40代にして新人弁護士で年上の部下・斎田誠。松下と佐藤の共演は「芙蓉の人~富士山頂の妻~」(NHK総合/2014)で夫婦役を務めて以来7年ぶりとなる。佐藤は松下との共演について、前回はよき理解者、今回は最初は対立する関係、そういった関係性が面白かったと語り、斎田役どころについては「見てくださる方と同じ目線で事件を追っていく役なので、斎田と一緒に、見ている方も一体何が起こっていて、誰が黒幕で、事件がどう転がっていくんだろうっていうところを、推理しながら楽しんでいただきたいと思います」とコメント。

“裁判は、勝った方が真実”が口癖の海堂と“真実を追求し、正当な判決を受けさせるべき”と主張する斎田。正反対な性格の2人を取りまとめるのが、奥田英二演じる法律事務所所長・鹿島憲太郎。夜はカジノと化す法律事務所内で、アウトローな人々や現役刑事からも情報を仕入れ、2人をアシストするという、なんともつかみどころのない清濁併せ持った謎多き上司だ。最初に台本を読んだ時に「おー!」と唸ったと語る奥田は「普段、我々は感情に動かされているのか、それとも感情を自分でコントロールしているのか。この作品ではそういう要素が一つの核になっていて、まさに今の現代社会でも普段気づいていない感情の魔物の存在に気づかされると思います。…自分の日常の“感情”と向き合いながら見ていただくと、より一層面白いんじゃないかと思います」とドラマの魅力をアピールしている。

そして、今回このチームが弁護を引き受けることになったのは中山美穂演じる“稀代の悪女”と称される冬川沙也加だ。沙也加は、自分が殺したと告白しながらも「無罪にできる?」と海棠に不敵な問いを投げかけるような謎めいた美女。中山は沙也加役は現実ではありえない役で、その心情がまったくわからず楽しむ余裕がなかったといい、どのシーンも全部悩んだといい、「私的にはものすごく落ち込む、悲しすぎる役でしばらく立ち直れないくらい悲しかったんです。だから、その部分を大事にできたらと思いながら演じていました」と語り、ただ沙也加が「大きな決断をしたところは魅力的」と明かしている。沙也加の下した大きな決断とは何か?海棠チームは彼女を無実にすることはできるのだろうか?

さらに個性豊かな俳優陣、村川絵梨、波岡一喜、小市慢太郎、髙橋洋、泉川実穂、黒羽麻璃央、井上裕介(NON STYLE)らが脇を固め、ドラマを盛り上げいくれる。豪華キャスト陣で繰り広げられる、人間の“記憶”をテーマにした新感覚ミステリーを楽しみに待ちたい!!

■あらすじ
弁護士の海堂梓(松下奈緒)は「記憶は塗り替えられる」、「裁判は勝った方が真実」が信条で、大学で脳科学を研究する特任准教授でもある。40歳で新米弁護士となった斎田誠(佐藤隆太)は鹿島憲太郎(奥田瑛二)が所長の“真実一路法律事務所”で海堂のアシスタントを務めることになる。そんな折、殺人事件の被告・冬川沙也加(中山美穂)が海堂に弁護を依頼してくる。沙也加は彫刻家の夫を殺した罪に問われ、過去にも2人の夫が不審死を遂げていた。沙也加は「私、殺したの」と不敵に微笑み、「無罪にできる?」と海堂に問う…。

テレビ東京2021年4月12日(月)夜8時より月曜プレミア8「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」を放送。出演:松下奈緒 佐藤隆太 中山美穂 奥田瑛二 村川絵梨 波岡一喜 小市慢太郎 髙橋洋 泉川実穂 黒羽麻璃央 井上裕介(NON STYLE)ほか。PR動画は番組公式サイトで公開されている。

月曜プレミア8「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」番組公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 巣から落ちた郭公!消えたスベクヒャン王女…「帝王の娘 スベクヒャン」第64-68話あらすじと見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,540タイトル、  85,927作品!