『シン・エヴァンゲリオン劇場版』世界配信記念でコミコンに庵野秀明総監督登場!世界のエヴァファンに熱いメッセージ発信

[07月26日17時08分]  【映画】

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』世界配信記念でコミコンに庵野秀明総監督登場!世界のエヴァファンに熱いメッセージ発信

(c)khara

日本のアニメに革命を起こした SF 超大作、遂に完結!『シン・エヴァンゲリオン劇場版』世界配信を記念して世界最大のポップカルチャーの祭典・コミコンに庵野秀明総監督が登場し、世界のエヴァファンに向けて、熱いメッセージを発信した!またパネルを含む Prime Video の「Comic-Con@Home」パネル映像が公開された。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を8月13日(金)より、Amazon Prime Video(以下、Prime Video)にて、プライム会員向けに独占配信する。



Amazonプライム会員(月会費500円、年会費4,900円)であれば、追加料金なしで何度でも視聴いただけます。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は日本を含む240以上の国と地域で独占配信される予定となっており、日本以外の国では、本作はPrime Videoにとって初の日本の大型アニメフランチャイズのDTS作品となる。(※DTS=Direct to Streamの略、劇場映画を直接配信すること)

シン

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』を含め、『新世紀エヴァンゲリオン』のリニューアルでもリメイクでも続編でもなく、新たな『エヴァンゲリオン』として2007年に誕生した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの4作目にしてシリーズのラストを飾る作品です。人造人間エヴァンゲリオンに搭乗し、それぞれの生き方を模索するシンジ、レイ、アスカ、マリ。人と世界の再生を視野に入れた壮大な世界観と細部まで作り込まれた緻密な設定、そしてデジタル技術を駆使した最新映像が次々と登場し、美しいデザインと色彩、心に刺さる情感あふれる表現。

7月21日(水)に劇場終映(一部劇場を除く)となった本作は、累計興行収入102.2億円を突破し、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズで最もヒットした作品となりました(7月22日現在、興行通信社調べ)。この度7月23日(金)にオンライン上で開催された「Comic-Con@Home(コミコン・アットホーム)のパネルセッションに、本作の原作・脚本・総監督を務めた庵野秀明氏が登壇。Prime Videoでの配信を待ち望む世界のエヴァファンに向けて、作品への想いを述べた。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のパネルを含む Prime Video の「Comic-Con@Home」パネル映像


司会者とのパネルセッションの中で庵野総監督は、「本当は8年で完結させようと思っていましたが、16年かかってしまいました。全てが終わった今、ホッとしています。」とラストを迎えた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを振り返った。
1995年にTVシリーズとして誕生し、26年もの間SFアニメ超大作の金字塔として君臨している本作に関して庵野総監督は、「作品自体のストーリーやドラマ、技術的なクオリティは、スタッフとキャストの努力のお陰で、常になるべく高い位置にあるように頑張って維持しています。それとは別に、『エヴァンゲリオン』には世界の人に共通する何かがあったのだと思います。それは自分自身の物語として捉えられるような仕組みになっていたからなのかもしれません。一概には決められませんが、世界中の人がそれぞれ自分にとってこれだと思うものが、届いた結果なのかなと思っています。」とエヴァが世界で愛され続けている理由について見解を述べた。

また、過去にTVシリーズと『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』で2度終わりを迎え、今回が3度目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のラストに関して、「おおむね最初から決めていました。漠然とあった終わり方が、少しずつ形を変えて今回の終わりに行きつきました。ディティールは変化しましたが、根本的には変わっていません。」と、ラストの制作秘話を明かした。

さらに「今年61歳になったので、エヴァではなく実写作品の映画を何本か作りたいと思っています。アニメーションは、今後実写作品を数本作ってから、またやれるチャンスがあればと思っています。まだ何も決まっていませんが。」と今後の展望を語りつつ、「実写作品とアニメーション作品の制作の仕方は全く違います。アニメーションでは出来ないことを実写で色々と描けるので、本当に楽しみにしています。」と笑顔で語り、新たな目標に向かって強い意欲を表した。

最後に、「『エヴァンゲリオン』に限らず、僕の描く作品は基本的には日本で暮らす人たちに向けたドメスティックな内容です。そのような作品が世界の人に愛されているのは本当にありがたく、光栄です。皆さん『エヴァンゲリオン』を本当にありがとうございます、そしてよろしくお願いいたします。」と世界中のファンに感謝の意を示し、パネルセッションを締めくくった。

Prime Videoでは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』も見放題配信中。8月13日より配信スタートとなる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を含め『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ4作全てをPrime Videoで一気見できるまたとないチャンスをお見逃しなく。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 EVANGELION:3.0+1.01 THRICE UPON A TIME
配信:2021年8月13日(金) Amazon Prime Videoにて独占配信
企画・原作・脚本・総監督:庵野秀明


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. Netflix「イカゲーム」は“韓国版カイジ”なのか?注目のコン・ユは第1話でイ・ジョンジェと〇〇〇対決
  2. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など
  3. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 【イカゲーム】(全話)韓国ドラマ紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,575タイトル、  85,960作品!