上白石萌歌、宮沢氷魚、山本舞香が登壇した「ソロモンの偽証」完成報告会レポート

[09月13日23時09分]  【ドラマ】

 上白石萌歌、宮沢氷魚、山本舞香が登壇した「ソロモンの偽証」完成報告会レポート
<br/>

上白石萌歌、宮沢氷魚、山本舞香が9月13日、都内で⾏われたWOWOW開局30周年記念 連続ドラマW 宮部みゆき「ソロモンの偽証」(10月3日日曜夜10:00放送&配信スタート※第1話無料放送)の完成報告会に出席した。



作家・宮部みゆきによる、売上累計300万冊超えの壮大なヒューマンミステリーを連続ドラマ化。原作の舞台である1990年代の公⽴中学校を、SNSが普及する現代の私⽴⾼校に置き換え、全8話という⻑編で宮部ワールドの世界観を描き出す。“学校内裁判”を主導する⾼校生・藤野涼子役の上白石は、これが連続ドラマ初主演。WOWOWで2012年に放送された連続ドラマW 東野圭吾『分⾝』が⼥優デビュー作だけに「当時の私は12歳くらい。それから9年が経ち、再び原点に帰ってくるような懐かしさと、背筋の伸びる思いと⾊々な気持ちが⼊り混じりました。台本を開いたときに⾃分の名前が最初にあるのは不思議な気持ちでした」と感慨を報告。演じるキャラクターについては「藤野涼子は⾊々なものを背負っている⼥の子であり、撮影中は彼⼥を救うことができないだろうか︖という思いで過ごしていました。また彼⼥にはシャープなイメージがあったので、鋭い眼差しで⾒つめるような姿勢で過ごしていました」と工夫を紹介した。

soromon

裁判に参加する謎の⻘年・神原和彦役の宮沢は、別の学校の生徒という設定だけに「僕だけ制服が違うのでアウェー感を感じましたが、それすらもはねのけるようなミステリアスな存在感を持っていたので、アウェー感に負けないよう意識しました」と報告。撮影は26歳の頃に⾏われたが「まさかこの年齢で⾼校生を演じるとは思わず。学生時代のフレッシュな気持ちを思い出して演じました」とちょっとだけ照れていた。
ひどいニキビに悩む三宅樹理役の山本は「ニキビに悩むという苦しみを⾃分も感じてみたくて、特殊メイクにもこだわりました」と明かし「それにラストシーンは…あ、危ない︕結末を⾔いかけた︕本当に危なかった〜︕」と思い⼊れが強すぎるあまり、ついつい⼝を滑らせそうになっていた。

雪が降り積もるシーンでは、実際に200トンもの本物の雪を用意。上白石は「本当に寒くて。しかも私はスカートの下にタイツをはいていなくて、⾜も⾚くなって軽いやけどみたいになった」と極寒の舞台裏を紹介。山本から「⼀番露出が⾼くて、靴下も短かった。⼼配になって私のレッグウォーマーをあげました」と明かすと、上白石は「温かい飲み物もくれて…。そんな優しさに救われました」と山本の気遣いに感謝していた。

また上白石は、役作りの参考のために本物の裁判を傍聴したそうで「検事という設定なので、傍聴中は裁判の検事の動きや裁判の生の空気を感じ取るように意識。その緊張感ある空気を撮影現場にも持ち込もうと思いました」とこだわりを打ち明けていた。
作品の内容はシリアスだが、撮影以外では柔らかな空気が流れていたという。上白石は「本物の学校みたいで、晴れたときにはみんなで外にイスを並べて太陽を浴びながらゴハンを⾷べたりした」と懐かしそう。宮沢も「撮影時に撮ったスナップを⾒ると、本当の⾼校生みたいな優しい時間が写真の中に収められていました」としみじみ。⼀方の山本は「役柄的に周囲と会話を交わすタイプではなかったので、とりあえずみんなにお菓子を配るという距離の縮め方をしていました」とそれぞれ撮影期間を楽しんでいたようだった。

ドラマの内容にちなんで「隠し事」を発表する企画では、それぞれから驚きの隠し事が明かされた。宮沢は「この仕事を始めるにあたり、事務所に所属することを親には⾔わず、事務所に⼊ってから伝えました。親には事後報告だったのでびっくりしていました」とまさかの事実告白。宮沢は「親に事前に相談したらダメだと⾔われるのはわかっていたから」と事後報告の理由を明かすと、山本は「⾃分の子供からいきなり『芸能界に⼊った︕』と⾔われたら驚く…。大変な子ですね︕真⾯目なイメージがあったので意外︕」とビックリしていた。
その山本は「お泊りができない」といい「ホテルと違って⾃分の家には必要なものがすべてあるし、芝居をするときは⾃分の整った環境でやりたいと思うから。⽢ったれた理由です」と⾃虐。上白石は「この作品の撮影中は重い夢を沢山⾒ました。裁判シーンのときは、難しい問題が⼀生解けないような夢を五日連続で⾒ました。夢と現実がリンクすることはよくあって、現実での思考と⾒る夢が結ばれることも多い」とまるで特殊能⼒のような隠し事を告白。それに山本は「それ特殊能⼒だよ︕」と興奮するも、上白石から「撮影中に夢は⾒ませんでしたか︖」と聞かれると「私!?爆睡︕」と笑い⾶ばしていた。

最後に主演の上白石は「真実とは何だろうか︖という問いが生れる今の世の中にあって、ドラマを通して伝えることのできるメッセージは沢山あります。キャラクターそれぞれを深く描くなどドラマならではのシーンや⾒どころもあるので、⾒応えのある作品に仕上がりました」と放送に向けてアピールしていた。



原作:宮部みゆき『ソロモンの偽証』(新潮文庫刊)
脚本:篠﨑絵⾥⼦(「連続ドラマW 楽園」)
監督:権野元(「連続ドラマW 楽園」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW 楽園」)
出演:上白石萌歌 宮沢氷魚 山本舞香 浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.) 野村裕基 坂東龍汰 モトーラ世理奈 富田望生 ほか
チーフプロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:徳田雄久、小松貴子
製作:WOWOW 松竹

WOWOW開局30周年記念
連続ドラマW 宮部みゆき「ソロモンの偽証」
10月3日(日)スタート(全8話)
毎週日曜夜10:00 放送・配信〔第1話無料放送〕

映画・スポーツ・海外ドラマみるならWOWOW

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【最終回】NHK「花郎(ファラン)希望の勇者たち」第20話ネタバレなしあらすじ:花郎が選ぶのはパク・ソジュンか、パク・ヒョンシクか?
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【最終回】「100日の郎君様」第16話詳しいあらすじと見どころ:世子、戦地へ!ウォン・シムカップルの初恋は?豆知識:ペスク
  4. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  5. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,579タイトル、  85,964作品!