「コネクション」第9話あらすじと考察:チョン・ミド、チョン・ユミンと50億めぐり神経戦…2件の殺人は“ユノ”が犯人

06月22日07時00分ドラマ
画像:YouTube|SBS「커넥션」よりキャプチャー

21日に放送されたSBS金土ドラマ「コネクション」では、オ・ユンジン(チョン・ミド)がチェ・ジヨン(チョン・ユミン)と保険金を巡って争う姿が描かれた。

次回予告動画はYouTubeにて公開中だ。この回のネタバレあらすじと見どころなどを初回する。

「コネクション」第9話

この回の視聴率は、ニールセンコリアによると、全国9.1%、首都圏、8.9%、催告は11.2%を記録し、同時間帯1位で、5週連続金曜ドラマ1位をキープした。また、20〜49歳層(2049)視聴率でも2.7%で、金曜日に放送された全番組中1位を記録した。



「コネクション」は、何者かによって麻薬中毒にさせられた麻薬チームのエース刑事ジェギョン(チソン)が、友人の死を通じて露わになる異質な友情を描いた中毒追跡サスペンス。⇒【各話のあらすじ・見どころ】

■キャスト

【相関図】と人物紹介
チャン・ジェギョン役:チソン
オ・ユンジン役:チョン・ミド
パク・テジン役:クォン・ユル
ウォン・ジョンス役:キム・ギョンナム
 ほか

■第9話ネタバレあらすじ


殺人犯チョン・ユノ逮捕に失敗

チャン・ジェギョン(チソン)は同僚の警察官たちと共にチョン・ユノ(イ・ガングク)の家を訪れた。だが、ユノは早朝に出て行った後だった。ユノの妻カン・シギョン(リュ・へリン)もまた同級生。シギョンに断って中に入ったジェギョンは、庭に駐車してある車の痕跡から殺人事件がユノの仕業だと確信する。

ジェギョンから、ユノが容疑者として指名手配されたことを聞いたシギョンは、学生時代の話を持ち出し「学校を追い出されたときも、友達を売ったよね。今回もそうなの?」と怒り、ジェギョンの隙をついて携帯電話でユノに連絡し、「逃げて。絶対に捕まらないで」と伝えた。結局、その日、ユノを捕まえることはできなかった。

レモンポンの代用薬エタフェン

警察署ではジェギョンはトイレにこもり、禁断症状を抑えるためにユンジンがダイエット用に入手してくれた「エタフェン」でしのいでいた。同じとき、ユンジンは、ジェギョンに頼まれて彼の家の玄関に置かれた「パク・ジュンソ」記名の小包を見つけ、『よくやっている。今回も二錠以上は飲まないように』というメモと共にレモンポンを破棄した。

イ・ミョングク殺害犯と動機

パク・テジン(クォン・ユル)、オ・チヒョン(チャヨプ)とウォン・ジョンス(キム・ギョンナム)がアジトに集まった。テジンは「ジェギョンがなぜ餅店(製粉所殺人)の容疑者をユノだと確信したのか」とチヒョンに尋ねた。チヒョンは「ジェギョンはすでに知っていた。ジュンソが死んだ日に俺たちが一緒にいたことも知っていた。それで事実を話した」と伝えた。

ジョンスは興奮しまた薬を飲んだ。続けてチヒョンは怒る2人を疑い「なら、その日なぜお前たちは素直に出てきたんだ?」と訊き、ジョンスとテジンは「お前こそなぜ出てきたのか」と反論。

チヒョンは「俺がイ・ミョングクを殺した」と告白。怒鳴るジョンスに「ミョングクは自分が発見した天然麻薬の成分について、一錠あたり10万ウォンで買い取れと。そうしないと、お前とイク・グループの副社長が麻薬中毒だということを世間に公表すると、要求してきた」と説明。最初は脅すだけのつもりだったが、ユノがミョングクをスコップで殴殺。仕方なくヨンリュン冷凍倉庫に隠したと告げた。

さらにチヒョンは「ジュンソが死んだ日に遺体は取り出されていた。ジュンソが『11時30分までに来なければその遺体のことを警察に言う』と。でもなぜイ・ミョングクの遺体が家に移されたのかは分からない」と話した。

ウォン会長からの信任を失うテジン

クミョングループ会長ウォン・チャンホ(ムン・ソングン)はテジンに「ジョンスは私の後を継いでうまくやれると思うか?」と尋ねる。テジンは膝をついてもう一度信じてほしいと訴えた。そして、20年前、アンヒョン新都市ができたとき、父はそのチャンスをつかめなかったが、自分はチャンスを必ず生かし、ジョンスを最高の富豪にするまでやり遂げさせてほしいと頼む。

しかしウォン会長は「お前が内心で何を考えているのか、今はっきりした。お前の代わりがいないと思っているのか?家族にでもなったつもりか?お前が本分を忘れた瞬間、お前は俺にとって何でもない。俺の目に触れぬように静かに自分の位置を守れ」と警告した。

その後、テジンはジュンソが死んだ日のことを思い出す。テジンは彼の妻ジヨンと会っていた。ジュンソは2人の関係に気づいており、電話をかけてきて工事現場に11時半に来いと言ったのだった。

携帯電話のベルで我に返るジェギョン。ユノからのSOSだ。電話を切ろうとするテジンに、「お前とジュンソの妻とのこと。ジョンスが知れば、そのためにジュンソを殺したと思うんじゃないか」と脅してきた。憤怒するテジンは携帯電話を投げつけた。

ユンジンとジヨンが50億ウォンの保険金を巡り神経戦

夜、ジェギョンの家にホ・ジュソン(チョン・スンウォン)とユンジンが集まり、イ・ミョングクの手帳の分析をする。そこにジヨンが訪ねてくる。そして参考になればと、ジュンソが11年前に加入した年金保険について触れ、なじみのないポリョンの60代のおばあさんが受け取っていると説明。みんなで一緒に会いに行こうというジヨンに対し、「ジュンソ事件はまだ警察で捜査中だ。国立科学捜査研究院の解剖結果もまだ出ていないし、死因を明らかにするものは気になるだろうが、警察に一任するべきだ」とジェギョン。

その後、ジヨンとユンジンはジュンソの保険金50億ウォンをめぐって言い争い、ジヨンは「その50億ウォンは実質的に私のものだと思う」と主張。これに対し、ユンジンは「保険金を受け取ったら、それは受け取った人のもの。保険料を誰が払ったかなんて関係ない」と反論。

ジヨンは「親しい友人たちも捨てて、唯一の家族の私も除外して、普段連絡もしていなかった二人に保険金を残したことをあなたもおかしいと思わない?礼儀がなってない」と言った。これに対し、ユンジンは「他のことは我慢できるが、あなたの口から礼儀という言葉を聞くと吐き気がする。今、誰の前で礼儀を語っているの」と怒りをあらわにする。

帰ろうとするユンジンをジュンソが引き留め、用意していたバースデイケーキで、ジェギョンと二人で気まずくお祝い。ジヨンはジュンソが決めた4ケタの暗証番号「0305」がユンジンの誕生日だと気づく。それを知らずにジヨンもその番号を使っていたのだった。怒りに震えて帰っていくジヨン。

その時、ユンジンの携帯電話に怪しい男がいると写真を送って来る。それはユノだった。ユンジンの携帯を持ってジェギョンが写真に写る近くの公衆電話まで走り、「チョン・ユノ!」と叫んだ。



■第9話の見どころと考察


この回では、ジュンソ以外の2つの殺人の実行犯がユノだと明らかになった。また、ジェギョンの症状が代用薬でおさまったか心配するユンジンが、ジェギョンと行動を共にし、「誰かがジェギョンを利用してジョンスを捕まえようとしているのではないか」と、考察する。

この回、ジョンスの父であるウォン会長からの信任を失ったテジンだが、ユノにまで不倫がバレ、さらにはジュンソにもジヨンとの浮気を知られていたことも分かった。これではジュンソ殺害犯の矢印はテジンに向かっている。果たしてジュンソ殺害犯はテジンなのか?

またノ・ギュミンの存在も気になる。ギュミンはジュンソを工事現場まで送り、その後姿を消したタクシー運転手。彼もまた同級生だ。この回は、2005年4月、高校生のチェ・ギョンテとノ・ギュミンから始まっている。ギュミンがトイレに入っているときに、ジョンスたちがやって来てギョンテにリンチを加える。怯えて出てこれないギュミン。5話でギョンテの死についてジェギョンとジュンソがもめているのを、物陰から見ていたのもギュミンだ。そしてその手には「ウォン・ジョンス」の名札があった。
“リンチ、地面に漏れた石油”から考えると、ギョンテの死はジョンスたちのせいなのか?それを暴こうとしてジェギョンは転校させられたのか?

第10話は6月22(土)はいつもより5分早い21時55分からの放送となる。予告動画は以下のYouTubeにて視聴できる。
YouTube|SBS Catch「커넥션」10話予告

SBS「コネクション」は毎週金・土曜日22時から放送。

SBS「커넥션」HP

kandoratop【作品詳細】【関連・各話のあらすじ】