NHK「青春ウォルダム 呪われた王宮」第13話あらすじ:チョン・ソニ、世子パク・ヒョンシクへの恋爆発…『パネル展』開催中

06月23日20時00分ドラマ
© STUDIO DRAGON CORPORATION

世子ファン(パク・ヒョンシク)は、自らの幽閉を解くために2つの指示を出す…BS4Kで6月30(日曜21時)、NHKBSで7月4日(木)24時25分(5日(金)0時25分)枠で放送の「青春ウォルダム 呪われた王宮」(全20話)第13話のネタバレなしのあらすじと見どころを紹介する。番組サイトで予告動画公開中だ。[ステレオ2か国語(主:日本語吹き替え/副:韓国語)| 字幕放送有り]



<b>■『青春ウォルダム 呪われた王宮』パネル展
NHKでは、NHK放送博物館にて、『青春ウォルダム 呪われた王宮』パネル展を開催中だ。
階上では、韓国版のポスターや貴重な撮影現場の写真を展示。パク・ヒョンシクのインタビュー映像も。
6/15(土)~7/14(日)午前10時~午後4時30分(入館は16時まで)
*入場無料 *月曜休館
詳しくはNHK番組サイトで。

「青春ウォルダム」は不可解な呪いにかけられた孤独な王世子と、一家殺人の濡れ衣を着せられた天才少女とのロマンス時代劇だ。【「青春ウォルダム」を2倍楽しむ】では 時代背景、ネタバレあらすじ、見どころ、豆知識などまとめている。

■キャスト【相関図】【メイン6人徹底紹介】【その他】
イ・ファン役:パク・ヒョンシク
ミン・ジェイ[チェイ]/コ・スンドル役:チョン・ソニ
チャン・ガラム[カラム]役:ピョ・イェジン
ハン・ソンオン役:ユン・ジョンソク
キム・ミョンジン役:イ・テソン
チェ・テガン役:ホ・ウォンソ
 ほか

■第13話あらすじネタバレ
© STUDIO DRAGON CORPORATION© STUDIO DRAGON CORPORATION開城(ケソン)の家に来た使者がテガンだったと思い出したチェイ。チェイはテガンが数々の事件の犯人だと主張するがファンは事件のときにテガンは自分と一緒にいたので潔白だと言う。納得できないチェイは事件が起きた時にテガンが何をしていたのかを調査する。

一方、スンドルの正体が逃亡者チェイだと知ったテガンはファンにチェイを追放すべきだと告げる。祝詞の事件で姿を消していたオ・マンシクの居場所が判明する。動きを感づかれないようファンとチェイ、ソンオンの3人だけで捕らえにいくことにする。

マンシクを見つけたファンたちは、逃げる彼を追って草原へ。ファンが刀を突き付けて10年前に何があったのかを聞くと、マンシクは恨みの目を向け「お前の父のせいで村が皆殺しになった。あの中に盗賊などいなかった」と。続けて話をしようとしたとき、矢がマンシクの胸に突き刺さって絶命。3人は刺客たちと死闘を繰り広げ、逃げる刺客たちをおいかけて山中へ。矢の攻撃を受けたファンは2人と別れて刺客を追うが…。

■見どころ、感想、豆知識など
牡丹の香炉をきれいに洗って返したマンドク。これは明らかに証拠隠滅?また、今回やっとファンたちが助けた姉弟がマンドクの店に食事に来るが、姉弟が「15歳と11歳で名前はダルレとモル」聞いた瞬間、ポクスンが凍り付きマンドクも顔色を変える。果たして夫婦と子供たちとはどんな関係があるのか?

この回の一番の見どころはチェイがファンを捜すシーンだ。12話で「ファンが辛いと断腸の思い」のチェイの言葉の後には、“断腸の思い”の説明があった。「親猿が子猿を失ったら、腸が切れるほど悲しむ」とファンが補足。ファンもチェイが辛いと「断腸の思いだ」と答えた。これは「愛の告白」レベルの会話。また、その後に続く2人の会話からもすでに2人の恋は始まっていたのだ。感動の再会シーンをお楽しみに。 この回の詳しいあらすじと見どころは、13話ネタバレで。

※本作はLeminoでも独占配信中だ。
【Leminoで独占配信の韓国ドラマ】

NHK「青春ウォルダム」
 BSP4K 4/7(日)21時、BS 4/12(金)[(木)深夜24時25分]スタート!

【作品詳細】【「青春ウォルダム」を2倍楽しむ】
kandoratop