「グランメゾン東京」尾花(木村拓哉)が弟子の祥平(玉森裕太)を呼び戻す!第9話予告動画と第8話ネタバレ

[2019年12月09日08時27分]  【ドラマ】

「グランメゾン東京」尾花(木村拓哉)が弟子の祥平(玉森裕太)を呼び戻す!第9話予告動画と第8話ネタバレ

@TBS

最終目標のミシュランの星を目指して邁進する「グランメゾン東京」の前に、3年前のアレルギー事件が再度影を落とす!尾花(木村拓哉)は、弟子である祥平に「一度しか言わない、グランメゾン東京へ来い」と誘う!日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9時)12月15日、第9話の予告動画は番組公式サイトで公開中!最新話はTVer、GYAO!にて無料配信、Paraviで見放題配信中だ。



12月8日に放送された第8話は、尾花(木村拓哉)と、師匠・潮(木場勝己)との絆が描かれた。潮の元を離れてパリに渡り、ミシュランの星を獲得からの挫折、そして今また星を目指す弟子に対して、師匠として大事なことを伝えた。尾花は潮から再び教えられた「客、一人一人ときちんと向き合う」という大事な視点を、「グランメゾン東京」にさらに加えてゆくだろう。その心をうけた倫子(鈴木京香)が、リンダ(冨永愛)のインタビューに「今までどおり、お客様一人ひとりに真摯に向き合って最高の料理とサービスを提供したい」と答えることで、レストランとして一致団結していることもわかった。

視聴者の話題は、ラストシーンの尾花と京野(沢村一樹)の”同棲”だ。倫子の家も、潮の家もでた尾花が行きついたのは、京野の家だった。そこで、一つのベッドを争って、大の大人がまじでじゃんけん!その表情から、素でじゃんけんを楽しんでいるように見えたことも話題となった。ちなみに、二人は撮影中も仲が良く、沢村一樹がサーブのシーンでサブレの上に乗っている生ハムや、ナスのブレッセを転がしてしまうと、「尾花~尾花~」と木村を呼んで修復させていたといい、その時、木村が「だから、潮さんに怒られるんだよ」といわれていたという。

12月15日に放送される第9話は、第8話では弟子の立場として描かれた尾花が師匠の立場として、弟子である祥平(玉森裕太(Kis-My-Ft2))と向き合う。3年前のナッツ混入事件は、尾花たち「エスコフィユ」で働いていた人だけではなく、「エスコフィユ」を絶賛したリンダや、父親が事件に関連している栞奈(中村アン)にも影を落としていた。第9話では事件の真相が明らかになり、祥平が「gaku」を去ることとなる。果たして、尾花と祥平の師匠と弟子の関係は再度復活するのか?

■第8話ネタバレあらすじ
京野(沢村一樹)が、倫子(鈴木京香)に告白した翌日、尾花(木村拓哉)が音信不通になってしまう。周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。

尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。帰り際に、一番の問題は京野にある、とだけ言い残した。倫子や京野はもちろん、芹田(寛一郎)や萌絵(吉谷彩子)までも、潮の態度になっとくができない。尾花は客が来たからと冷静さを取り戻す。

倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。そんな中、尾花は潮の様子に異変を感じていた。潮は軽い心筋梗塞を起こし倒れてしまう。店を続けたいと潮はいい、尾花にランチタイムの営業を託す。尾花は「グランメゾン東京」の準備は早朝に終わらせて、ランチタイムに師匠の店を手伝うが、一人では手が回らず、京野を呼び出す。なじみ客ばかりのレストランの客は、一人一人好みが違う。潮は常にそれを把握し、対応してきた。客と向き合うことの大切さを思い出した尾花と京野だった。

夜、尾花が行方不明と聞いた祥平(玉森裕太(Kis-My-Ft2))が京野の元を訪れた。そして、3年前に尾花が逃げ出したのは、尾花自身に問題があったと思わせるための行動で、逃げたのではないのではと言い出した。そんな祥平を京野は優しく抱きしめた。しかし、この会話を栞奈(中村アン)がきいていた。

そして、退院した潮を再度「グランメゾン東京」に尾花は招き、潮向けのスペシャルな味付けをした料理を提供した。京野は潮の様子を見ながら、尾花に料理に香りをもっと強くするように要望した。そして、今回は潮も満足して料理をすべて食べた。実は潮は味覚障害を患っていた。そのため、味付けは薄目にして香りを強くすることで潮から満足感を引き出したのだ。そして、潮は尾花に、常連10人が満足してくれる星だってあるんだと言った。尾花が「俺があんたの舌になってやる。まだまだ店やめんなよ」と激励すると、潮も「星目指せ」と指を3本立てた。

倫子の家も潮の家もでた尾花が頼ったのは京野だった。京野に「俺は逃げていた。なんのために料理をつくっているのかわからなかった。うちのシェフには同じ失敗を繰り返させない」というと、京野は「俺とお前がいれば大丈夫だ」と返した。

そして、リンダ(冨永愛)の取材で、客のためなんてきれいごとで、そんなことでは星は取れないといわれてしまうが、倫子は「三ツ星です」と返していた。取材を終えたリンダに、栞奈は、立ち聞きした内容を話す。すると、リンダは、gakuもグランメゾン東京もつぶすと言い残した。



■第9話あらすじ
栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。

一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。

その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。

TBS 10月スタート日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9時放送)。脚本:黒岩勉、出演:木村拓哉/鈴木京香/沢村一樹/玉森裕太(Kis-My-Ft2)/尾上菊之助/及川光博/冨永愛/寛一郎/中村アンほか。番組公式Twitterアカウントは「@gurame_tbs」。PR動画は番組公式サイトで配信。

TBS 10月スタート 日曜劇場「グランメゾン東京」番組公式サイト
Paravi
GYAO!

【2019年秋ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 中国本格宮廷劇「花散る宮廷の女たち」第1-5話あらすじ:選ばれた才女~それぞれの選択!予告動画!BS12
  2. 中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第67-72話あらすじ:非情な選択~皇后の責任|WOWOW
  3. 中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61-66話あらすじ:皇子の悲劇~深い溝|WOWOW
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,920タイトル、  87,466作品!

相続の相談