「青天を衝け」第8話大老就任の井伊直弼、弾圧開始!そして栄一が結婚!第7話ネタバレあらすじと予告動画

[04月03日08時00分]  【ドラマ】

「青天を衝け」第8話大老就任の井伊直弼、弾圧開始!そして栄一が結婚!第7話ネタバレあらすじと予告動画

©NHK

吉沢亮主演、NHK大河ドラマ「青天を衝け」(総合午後8時~、BSP、BS4K午後6時~)ついに栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)が祝言を挙げる!一方、大老になった井伊直弼(岸谷五朗)が安政の大獄を執行する4月4日(日)放送の第8話「栄一の祝言」あらすじ、3月28日(日)放送の第7話「青天の栄一」のネタバレあらすじ、予告動画は番組公式サイトで公開している。NHKプラスで1週間見逃し配信、NHKオンデマンドでも配信。



3月28日放送の第7話では、鮮やかに栄一がタイトル回収をして視聴者を沸かせた。藍売りの旅先で栄一が詩に込めた「青天を衝く勢いで進む」思い。漢詩テロップが信州の山々と共に映し出され、吉沢亮のナレーションによって爽やかに描かれたタイトル回収。それを受けTwitterでは「最高のタイトル回収!」「ロケーションのすばらしさとナレーション、感動的でした」と称賛の声が集まった。長七郎(満島真之介)の旅立ちや栄一と喜作(高良健吾)の喧嘩、そして絶景を前に青天を衝いた栄一。そんな栄一が千代を前に直球プロポーズで締めくくり第7話は全編青春映画の様な爽やか群像劇となった。

一方で幕府では老中・阿部正弘(大谷亮平)を失ったことで次期将軍に一ツ橋慶喜(草彅剛)を推す動きが活発になっていく。そんな中、一ツ橋派を嫌う将軍・徳川家定(渡辺大知)に近づく井伊直弼。岸谷五朗が計算か天然なのか測れない演技を見せ、これからの物語を盛り上げる予感をさせた。そして少しのシーンにも関わらず只者ではないオーラを見せた上白石萌音演じる篤君と、性格に難ありと見せかけて聡い一面を覗かせた川栄李奈演じる美賀君の存在感にも視聴者からの注目が集まった。

そして4月4日放送の第8話では、栄一と喜作が千代を巡って一騎打ちを繰り広げるが、果たして勝負の行方は?そして江戸では井伊直弼が老中に就任し、天皇の許しを得ないまま日米修好通商条約を締結、さらに慶喜を次期将軍に考えている一ツ橋派の弾圧へ乗り込んでいく。幕府が荒れる中、次期将軍候補・紀州の徳川慶福(磯村勇斗)が登場、そしてついに栄一と千代の祝言が開かれる第8話もお楽しみに!

■大奥、女たちの奮闘
政治が行われる幕府を「表」であったのに対し、江戸城の奥に存在した将軍家の子女や正室、側室、奥女中たちの住まいを「大奥」と呼んでいた江戸時代。本来、女性は奥を守り、表を取り仕切る男たちを支えて来たが、それが幕末になると表の政治問題が波及するようになってくる。現在「青天を衝け」で描かれている大奥は、将軍継嗣問題において、南紀派と一ツ橋派が大奥工作を行っている最中だ。

南紀派は紀州徳川家のことで、尾張や水戸と並び、将軍の跡継ぎを輩出することを目的に作られた「御三家」のひとつ。南紀派は体の弱い第13代将軍・家定が将軍に就任すると、次期将軍を巡り家定の生母である本寿院や乳母である歌橋を味方につけた。一方で、慶喜を将軍に就かせたい一ツ橋派の薩摩藩主・島津斉彬は養女の篤姫を家定の正室として大奥に送り込み、同じく一ツ橋派の越前藩主・松平慶永らと共に彼女を通じて将軍に働きかけようとしたのだった。

美しい着物を着て、菓子を作り、貝合わせを楽しむ華やかな大奥だが、時代の流れによって女性たちは政治的な派閥争いにも巻き込まれていった。その中でも、大奥の篤姫や歌橋など、女たちの裏工作が弱体化した幕府へ大きく働きかけるところは、幕末大河の見どころと言えるだろう。



■前回(第7話)ネタバレあらすじ
江戸へ行く長七郎の送別会が尾高惇忠(田辺誠一)の家で開かれた。惇忠は、江戸へ立つ弟のために漢詩をしたため、家は自分が守るから学問や武道に励むようにと激励した。そして長七郎は栄一たちの期待を一身に受けて江戸へと旅立って行った。そして、喜作が千代の嫁入りを賭けて長七郎に勝負を申し込んだことを知った惇忠は、栄一の家で喜作からじっくり話を聞くことにした。

実のところ、自分に結婚話が持ち上がっていたと話す喜作。とんとん拍子に進む結婚話に焦った喜作は、周りに決められるより結婚相手は自分で決めたいと思い、是非とも千代を嫁にと惇忠に願い出た。しかし栄一は、喜作は優しくいい男だが、実直さが足りないからお千代の夫には向いてないと言い出し、2人は取っ組み合いの喧嘩になってしまった。千代を巡り争う2人だったが、そこへ姉のなか(村川絵梨)が仲裁に入りやっと収まったのだった。

一方、江戸では川路聖謨(平田満)が平岡円四郎(堤真一)を訪ね、老中・阿部正弘が亡くなったことを告げた。川路は、これまで幕府内だけでなく大奥や諸外国との応対も引き受けていた阿部がいないことはで天下はおおいに荒れると示唆した。そして阿部の代わりに権力の座に就いたのは堀田正睦(佐戸井けん太)だった。強硬に通商を求めるハリスに対し、幕府はついに開国に踏み出そうとしていた。それを知った慶喜は、開国に反対している父・斉昭(竹中直人)がまた何か動き出すのではないかと危惧していた。

そしてその心配通り、斉昭はまたしても朝廷に幕府を非難する手紙を送ってしまった。それを受けて川路はすぐに斉昭のもとを弁解のため訪れたが、開国しようとする幕府に対し怒りをあらわにする斉昭をとりなすことは難しかった。しかし、斉昭ももはや自分の出る幕ではないことを察しており、家臣の武田耕雲斎(津田寛治)に川路らに酒を出すよう命じるのだった。

後日、堀田から斉昭のことを聞いた慶喜は父のもとを訪ね、朝廷への文や過激な言動が攘夷へ扇動するきっかけとなり、周りが困っているから止めるように願い出た。斉昭の言葉で天皇が迷っている現状は、果たして忠義にかなっているのかという慶喜のもっともな意見に、斉昭も納得せざるを得えなかった。さらに慶喜は「今後は京への文は一切書かないと、備中守(堀田正睦)に宛てて書いてほしい」と言質を取った上に念書を書かせた。

血洗島では、なかが同じ村の家に嫁いでいった。伯父の宗助(平泉成)らの耳にも喜作と千代の結婚話は届いており、渋沢家はめでたい事だと言って喜んでいた。一方、栄一に思いを寄せる千代は喜作との結婚に思い悩んでいたが、栄一から「喜作と一緒になるのか」と聞かれ、自分には有難い話だと言って自分の気持ちをごまかしていた。

その頃、開国に揺れる幕府を立て直すべく、江戸では慶喜を次期将軍に推す声が再燃していた。円四郎がまとめた手記をもとに、福井藩士・橋本左内(小池徹平)が手を加え、松平慶永(要潤)によって世継ぎを慶喜に定めるよう建白書が提出された。将軍・徳川家定は乳母である歌橋(峯村リエ)から慶喜を世継ぎに推す動きがあることや、ハリスとの拝謁を慶喜に任せようとしていることなどを知らされた。篤君は「異人に会わなくてよかった」と話しをそらしたが、幕府内での慶喜の良い評判を口にした歌橋の一言で家定は怒ってしまい、ハリスには自分が会うと言い出した。

そしてついにハリスが江戸城に招かれることになった。長七郎は真田範之助(板橋駿谷)と共にハリスが江戸城へ向かうための行列を見に来ていた。攘夷に傾倒する長七郎はそれを見て憤慨するも真田に止められ、そしてある儒学者のもとに連れていかれた。連れていかれた先にいた大橋訥庵という学者は「思誠塾」を開き、多くの塾生に影響を与えている人物で、長七郎は訥庵の説く尊王攘夷に興味を引かれるのだった。

一方、血洗島の栄一は、藍売りへの旅を控えていた。今度の旅は惇忠と行くことになっており、旅先で漢詩を詠むことを楽しみにしていた。そこに長七郎からの手紙を携えて惇忠が現れた。その手紙には、江戸には尊王攘夷の志士が集まっていることや、千葉道場で武芸に励む長七郎の暮らしが記されてあった。長七郎はその他に喜作と栄一にも手紙を同封していた。栄一に宛てた手紙には、「千代と結婚するのはお前だと思っていた。本当にこのままでいいのか?」と書かれてあり、さらに栄一を悩ますのだった。

そして、栄一は惇忠と共に藍売りの旅へ出かけた。くれぐれも商売に手を抜かないよう父・市郎右衛門(小林薫)に釘を刺された栄一だが、旅先では徒然にその思いを漢詩に乗せた。信州へ向かう道中、栄一は険しい岩肌を一心に進み、登りつめた頂上で壮大な景色を目の当たりする。そしてその気持ちを「青天を衝く勢いで、白雲を突き抜けるほどの勢いで進む」と詩にしたためた。迷いが消えた栄一は、旅から帰ったらすぐに千代に会いに行った。そして「お千代、お前が欲しい」と言って結婚を申し込むのだった。

その頃、江戸では家定が茶会を開いていた。堀田から老中を慶永に推薦されていた家定だったが、自分を見下している慶永を嫌っていた。そして阿部や堀田に代わる重臣はいないものかと考える家定の前に現れたのが、彦根藩主・井伊直弼だった。

■第8話「栄一の祝言」あらすじ
栄一は自分の思いを語り、千代に結婚を申し込むが、待ったをかけてきた喜作と剣術で勝負をつけることになる。一方、幕府では大老になった井伊直弼が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展してしまう。井伊に意見した慶喜や斉昭には処分が下され、安政の大獄と呼ばれる苛烈な弾圧が始まるのだった。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第8話は4月4日(日)総合よる8時よりBSプレミアム、BS4Kよる6時より放送。脚本:大森美香、出演:吉沢亮/小林薫/和久井映見/高良健吾/草彅剛/堤真一/要潤/岸谷五朗/竹中直人/平泉成/北大路欣也ほか番組公式Twitterアカウントは「@nhk_seiten」。第8話予告動画が番組公式サイトで公開されている。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」番組公式サイト

【2021年春ドラマ一覧】【大河ドラマ】【関連記事・各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  2. イ・ボヨン×キム・ソヒョン主演「MINE」ってどんなドラマ?明日から日韓同時放送!【新作韓ドラ】
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,543タイトル、  85,929作品!