『海辺の家族たち』マルセイユの魅力がつまった場面写真が解禁!

[04月09日10時00分]  【映画】

『海辺の家族たち』マルセイユの魅力がつまった場面写真が解禁!

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる名匠ロベール・ゲディギャン監督作『海辺の家族たち』が5月14日(金)より全国順次公開!本作の舞台となるマルセイユの魅力が詰まった場面写真が解禁!公式サイトでは予告映像が公開されている。



マルセイユ近郊の海辺の家に、父との最期の日々を過ごすために集まる3人の子供たち。
それぞれが胸に秘めた過去と向き合う時間を、漂着した難民の子供たちが思わぬ希望に変えていく──
空と海を一望できる美しい入り江沿いにあり、かつては別荘地として賑わったが、今ではすっかり寂れた町で、過去にとらわれて絆を見失い、明日へと踏み出せない家族たちが描かれる。だが、彼らが〈人生を変える新しい出会い〉を受け入れたことで、再び未来が輝き始める。こんな時代だからこそ、人と人の繋がりが何よりも大切だと、忘れられないラストシーンが教えてくれる感動作。今、世界が忘れた優しさが、ここにある。

海辺1監督を務めたのは、自身が生まれ育ったマルセイユを舞台に、労働者階級や移民など社会的に弱い立場の人々の人生を温かな眼差しで見つめ続け、〈フランスのケン・ローチ〉と称えられるロベール・ゲディギャン監督。本国で半年以上のロングラン上映を成し遂げた大ヒット作『マルセイユの恋』や『幼なじみ』、『キリマンジャロの雪』などで高く評価され、ベルリン国際映画祭や、ヴェネチア国際映画祭、審査員も務めたカンヌ国際映画祭の常連でもある名匠が、映画人生40年の集大成となる傑作を完成させた。

海辺2解禁された場面写真では、ロベール・ゲディギャン監督の地元であり、映画の舞台となるフランス・マルセイユの美しい入り江沿いにある小さな町で暮らす人々の様子が切り取られている。海辺でタコを手に持ちながら談笑する3人兄妹や、船上でのアンジェルと漁師のバンジャマンの仲睦まじい様子、U字のアーチが美しい高架橋の下の入り江の傍で遊ぶ子供たちなど、マルセイユの入り江ならでは魅力が詰まった美しい写真が並ぶ。これまでも、ほぼすべての監督作品をマルセイユで撮影してきたゲディギャン監督。

本作『海辺の家族たち』もマルセイユ近くのメジャン入り江で撮影された。「この入り江を見ると私はいつも劇場を思い出す。山腹に建つ、まるで外観しかないように見える色とりどりの小さな家々。それらを見渡す高架橋があり、そこを走る列車はまるで子どものおもちゃのようだ。海に向かって開けた光景が、水平線を背景…彩色されたキャンバスのように変えてしまう。冬の光の中、誰もいなくなったときには特にそう見える。メランコリックで美しい、使われていない舞台セットになるのだ」と監督が語るように、目の前に広がる美しい入り江と、すぐ後ろにそびえる山、そして高架橋がまるで舞台装置のように映画の中で重要な役割を果たしている。この風景が物語の中でどのように描かれているのか、ぜひスクリーンで鑑賞したい。

『海辺の家族たち』5月14日(金) キノシネマみなとみらい・立川・天神 ほか全国順次公開

『海辺の家族たち』公式HP

監督:ロベール・ゲディギャン
出演:アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイラン、ジャック・ブーデ、アナイス・ドゥムースティエ、ロバンソン・ステヴナン
2016年|フランス|フランス語|カラー|ビスタ|DCP|5.1ch|107 分
原題:La Villa|英題:The House by the Sea|レイティング:G|
字幕翻訳:宮坂愛
提供:木下グループ 配給:キノシネマ
©AGAT FILMS&CIE–France3CINEMA–2016

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 「馬医」第48話あらすじと見どころ:奴婢からの身分回復は?クァンヒョンとチニョンの愛の行方…
  3. 韓国ドラマ「カンテク~運命の愛~」第21-最終回あらすじと見どころ:ウンボ、自らの正体を明かす!テレビ東京
  4. 「馬医」第50話(最終回)あらすじと見どころ:顕宗の英断と重臣たちの反感!そして新しき道へ…
  5. 【東京五輪】27日ソフトボール女子決勝!日本 vs アメリカ ライブ配信!

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,567タイトル、  85,953作品!