「ポッサム‐運命を盗む(原題)」第3-4話あらすじと見どころ:クォン・ユリ(少女時代)、翁主から平凡な女に…

[09月21日16時00分]  【ドラマ】

「ポッサム‐運命を盗む(原題)」第3-4話あらすじと見どころ:クォン・ユリ(少女時代)、翁主から平凡な女に…
<br/>

© MBN All rights reserved

左議政イ・イチョムの忠臣テチュルが兵を率いて翁主スギョンを追い詰める!KNTVにて2話連続で日本初放送中チョン・イルとクォン・ユリ(少女時代)共演の「ポッサム‐運命を盗む(原題)」第3話と第4話のあらすじと見どころ、豆知識をご紹介、KNTV「ポッサム-運命を盗む(原題)」スペシャルサイトではドラマの見どころやハイライト映像、相関図など公開している。

あらすじを知りたくない方は、見どころ※豆知識をご覧になって、あらすじは確認用にどうぞ。また、次の木曜日に再放送するので、見逃した方はチェックをお忘れなく!



「ポッサム‐運命を盗む(原題)」朝鮮王朝第15代王・光海君の時代が舞台。寡婦を連れ去り再婚させる風習“ポッサム”をテーマに、男やもめと後家になった王女が、王宮に潜む陰謀を明らかにするため、夫婦を偽り共に生活するロマンス時代劇。【「ポッサム‐運命を盗む」を2倍楽しむ】では、ドラマの時代背景や、ポッサムや寡婦について、メインキャストについて詳しく紹介しているので、視聴の参考にどうぞ。

■キャストメインキャスト紹介
バウ役:チョン・イル
ファイン翁主スギョン役:クォン・ユリ(少女時代)
イ・デヨプ役:シン・ヒョンス
イ・イチョム役:イ・ジェヨン
光海君役:キム・テウ
チュンべ役:イ・ジュニョク
チョ尚宮:シン・ドンミ
 ほか

ポッサム© MBN All rights reserved■第3話
イ・イチョムが送った兵に見つかったスギョンをデヨンが助ける。スギョンの傍にいた子連れの男に剣を向けたデヨンは、ポッサムしたのが妓楼で出会ったバウだと気づく。だが、ひとまずスギョンたちを逃がすためにテチョルのいく先を阻む。その後、父イチョムの前に引き出されたデヨンは、必死にスギョンの助命を嘆願するが、聞き入れられずに納屋に軟禁される。納屋にはバウの兄貴分のチュンベもいた。

※【橘化為枳(タチバナカシテカラタチトナル)】デヨンの行動に呆れたイチョムが口にしたこの故事は、境遇によって人の気質が変わることのたとえ。

ポッサムスギョンを一人にできず、当初の約束通り王宮に送ることにするバウ。丹鳳門に到着するが、ならず者たちが見張っていた。そこでスギョンは宮女に変装して宮殿に潜り込むことに。母がいる宮殿の門前で義兄の姿を発見したスギョンは、他の宮女に母ユン氏付きのハン尚宮に手紙を託す。ところが手紙はキム・ゲシの手に渡ってしまう。

※【丹鳳門】朝鮮時代正宮は景福宮だが、景福宮が焼失したために第9代王・成宗以降は、離宮として建造された昌徳宮が正宮として使用された。昌徳宮の主要な門の一つが丹鳳門。他にも観光スポットとして有名な宣仁門や建陽門、平昌門、丹鳳門、粛章門、金虎門、曜金門などがある。

ポッサムその夜、約束の愛蓮池にいたのはゲシだった。「スギョンが生きていると、左議政が窮地に立たされ、大北派の政敵の西人と南人が政権交代を狙って謀反を起こす。そうなれば王にも害が及ぶ」、と説明したゲシは、だから「死んでください」と、スギョンの耳元に囁く。そこに偶然、王、光海君が通りかかる。王はゲシの肩越しのスギョンの顔を間違いなく確認したが、そのまま芙蓉池に向かう。スギョンの後を内侍に尾行させたゲシは、イチョムと密会して王宮外の人目のないところでスギョンを始末するように言う。その頃、王は内禁衛将ジュンヨンを呼び出しとんでもない密命を下す。

※【愛蓮池】【芙蓉池】どちらも昌徳宮の秘苑にある池。
※【大北、西人、南人】これら政治派閥については時代背景②【党派の年表】を参考にされたい。


チャドルを捜して門の前に待機していたバウは、尾行者を倒して2人に追いつく。事の次第を察したバウはひとまず空き家で夜を過ごし、明日都を離れることにする。あばら家の外に一人たたずむスギョンは、義父だけでなく実父にまで見捨てられたことを悲しみ、静かに涙を流す。バウはそんなスギョンに声をかけることができない。

翌朝、これ以上スギョンにかかわると危険だと判断したバウは、スギョンと別れてチャドルと故郷をめざす。だが、道中チャドルがスギョンも連れて行こうと泣き叫び、昨夜の彼女の涙を思い出したバウはスギョンを捜しに戻るが…。

■見どころ
冒頭、スギョンを守るためにキレのある剣アクションを見せるデヨン。演じたシン・スヒョンは、「仮面の王 イ・ソン」で世子の護衛武士役でも華麗な史劇アクションを披露している。

チャドルにお願いされて仕方なくスギョンの足裏の傷の手当てをしたり、靴を買ってやったりするバウ。ぶっきら棒ながら、スギョンの足サイズを真剣に考えたり、5両の大枚をはたいて花靴を買う姿に、今後のロマンス展開を予感させる。今回はチャドルが泣いて笑って機転を利かせてと大活躍。スギョンが王宮に潜り込む作戦でもチャドルが大活躍するのでお見逃しなく。

ポッサム側室たちが首をそろえて格下のキム・ゲシに付け届けをする。ゲシの持つ権力の大きさが見て取れるシーンだ。イチョムと密会中のゲシの大きな目の異様な光が何とも不気味。ところでイチョムが先代である第14代王・宣祖の名前を出すとゲシが露骨に不快感を表す。歴史書などでは、彼女が「宣祖と光海君の2人の王から愛された“不道徳な女”」として、三大悪女に並ぶ悪女として記している。作品によって彼女の立ち位置を“王の愛人”“忠臣”など異なって描いており、光海君と金介屎の関係で詳しく紹介している。2人の関係をロマンスにした作品に「王の女」がある。

王から密命を受けた内禁衛将ジュンヨンを演じたのは「イ・サン」でも王からの信頼された武官ソ・ジャンボを演じたソ・ボムシク。アクションや殺陣に定評のある俳優だ。そんな彼が受けた密命とは?

ポッサム■第4話
崖にたどり着いたバウが見たのはきれいにたたんだ外套と花靴。崖下をみてスギョンが飛び降りたと知ったバウは、ためらわずに海に飛び込み、嫌がるスギョンを無事救出する。父が海に飛び込んだと知ったチャドルは、「翁主のためにアボジ(父さん)が死ぬところだった」と初めてスギョンに文句を言い、二度と死のうとするなと約束させる。

死のうとした理由を「自分が死ねば皆が楽になる」というスギョンを、「自分のために生きろ。生きる理由など必要ない」と叱責するバウ。一方、“翁主様”と呼ぶなと叱られたチャドルだが、人前で“オンマ(お母さん)”と呼んでいいと許可をもらってご機嫌。村はずれにボロ家を見つけ、3人は当面家族を装ってここで暮らすことに。

地図年代別地図を見る※【臨津江(イムジンガン)】バウたちが暮らすのは坡州(パジュ)の月龍山(ウォルヨンサン)。朝鮮半島の韓国と北朝鮮の軍事境界線(DMZ)に近くで、そこを流れる川が臨津江。南北分断の悲劇を語る舞台として昭和のフォークグループ、ザ・フォーク・クルセダーズが「イムジン河」というタイトルで歌にした。詳しくは「パッチギ」映画音楽で。

一方、納屋に閉じ込められたデヨンは、叔母のヘインダンイ氏の忠告通りに、父の命令に従うと嘘をついて自由の身になり、姿を消したスギョンを捜し始める。

ポッサムその頃、村ではバウが職探しに奔走するが、貧しい村では職探しもままならず、金満家の両班宅に盗みに入る。首尾よく金目のものを盗み出し、見張りを買って出たチャドルと逃げるが、盗みに息子まで巻き込んだことに怒るスギョンは、怒りを露わにしてハンスト行動に出る。バウと大喧嘩したスギョンは姿を消し、夜ボロボロの服に顔を汚して帰って来る。泣いて縋るチャドルを宥めたスギョンは、酒幕で皿洗いをしたと初めて稼いだ金を見せ、これからは普通の女として生きると告げる。そして二度と盗みを働かないとバウに約束させるが、翌朝、川で欲張り両班の家に泥棒が入ったことを嬉しそうに噂話をする女たちを見て、自身の世間知らずを思い知る。

※【酒幕(チュマク)】宿泊もできる飲食店。
※【洪吉童(ホンギルドン)】朝鮮に実在したといわれている三大義賊の一人。詳しくはこちらで紹介。


朝廷では宣恵法の全国拡大を反対していた。その急先鋒がイチョム。地主たちから賄賂をもらっていると公言するイチョムは、その金は王が命じた、王室の権威のために宮殿再建費用になっているといわれ、返す言葉もない。

※【号牌法(ホペポブ)】号牌とは身分証明書のこと。住民を管理して兵役や労役を課すことを目的として16歳以上の男全員が持たされた。号牌を持つと役務が課せられるために、自分からわざと奴婢になる者もいた。詳しくは【朝鮮王朝豆知識】◆号牌で解説。

王とは名ばかりでイチョムに実権を握られている光海君。なんとしてもイチョムの弱みがつかむために、ジュンヨンがつかんだスギョンの居場所をさりげなくイチョムに知らせ、スギョンを殺害した証拠を持って来いと命じる。

スギョンとチャドルにねだられバウは、再び3人で市場に向かうが…。

■見どころ
スギョンが海に飛び込むシーン。ここで流れるOSTはジョンインが歌う「恋歌」。途中繰り返される「꽃잎=コンイプ(花びら)」という歌詞と、真っ白なチマ(スカート)が海に吸い込まれる様子がリンクする。「なぜ、ここまでするのか」というスギョンの問いに、「自分も一度死んだ身だ」と気になる言葉を口にするバウ。彼の過去に何があったのか?

ポッサム前回の花靴に続いて今回は簪(かんざし)を用意してやるバウ。なんといってスギョンに渡すのか。ボロ家の大掃除。幼いチャドルが働く傍で手持ちぶさたのスギョン。甘やかすチャドルにバウはなんというのか?そして、チャドルとスギョンが大根をかじるシーンでオナラの音が。果たしてその音の主は?

今回はチャドルの教育を巡ってバウとスギョンが口論する。まるで本当の夫婦げんかのようだ。力仕事をするようになってもりもり食べ、グーグー寝るスギョン。深窓の翁主が逞しい村の女に変わりつつある。今回は、スギョンが市場や初めての体験をしたり、家事もこなす。初めてのお料理の腕前は?

ところで、イ氏が兄イチョムにデヨンを許すようにとりなすシーンで、イチョムが気になる言葉を口にする。いったい何を言うのか?そしてその真意は?また、豆知識で解説した「号牌」については、チョン・イルが王・英祖を演じた「ヘチ 王座への道」で感動のエピソードがある。気になる方は11話のあらすじをチェック。

放送日:毎週(金)後8:00~10:30 ※2話連続放送
再放送日:毎週(木)前11:30~後2:00 ※2話連続放送


KNTV「ポッサム-運命を盗む(原題)」
 2021年9月10日スタート 金20:00-22:30 2話連続、日本初放送
KNTV「ポッサム-運命を盗む(原題)」スペシャルサイト



■視聴方法
KNTVはスカパー!、スカパー!プレミアムサービス、ひかりTV、J:COMほか各ケーブルテレビで視聴可能。

KNTV視聴方法ページ

kandoratop【作品詳細】【「ポッサム‐運命を盗む」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」第19-最終回(20話)あらすじと見どころ:想定外の謀反の結末!BSフジ
  3. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  4. 【第2章完結】「SUPER RICH」山口勝平が“少年漫画の王道”で名裁き!第7話ネタバレと第8話予告動画
  5. 2021年のものまね王者が12/3の夜に集結!「ものまね王座決定戦」で王者が決まる!予告動画公開中!

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,596タイトル、  85,981作品!