サンとテスのウインク対決?BS日テレ「イ・サン」第11-15話あらすじと見どころ:罪なき忠義~護衛官への道!予告動画

[02月21日10時00分]  【ドラマ】

サンとテスのウインク対決?BS日テレ「イ・サン」第11-15話あらすじと見どころ:罪なき忠義~護衛官への道!予告動画

Copyright(c) Since 2005, MBC & iMBC All Rights Reserved.

サンを生涯守り抜こうと決心したテスは、武官の採用試験を受験するため動き出す!ホン・グギョンも登場し、孤独だったサンの味方が少しずつ増えて来るが…サンを陥れようとする輩の企みでサンがピンチに!BS日テレで再放送中の「イ・サン」明日2月22日(月)第11話~15話のあらすじとみどころを紹介、YouTubeに予告動画が公開されている。

【「イ・サン」を2倍楽しむ】には、各話の詳しいあらすじと見どころ、舞台背景やキャストと実在人物、知っておくとドラマをもっと楽しめる豆知識をまとめてご紹介している。これまで見逃していた方はもちろん、視聴済のかたもこれを参考に再視聴されたい。



サンが成長してからの物語は他にもたくさんある。こちらで同じ時代のドラマをチェックしよう。⇒ドラマの年表(朝鮮王朝時代)
中でも、「大王の道」は史実に基づいて、「秘密の扉」はフィクションを絡めながら、サンの亡き父・サド世子と祖父・英祖との関係をうまく描いている。

■キャスト
イ・サン役:イ・ソジン(子役:パク・チビン)
ソン・ソンヨン役:ハン・ジミン(子役:イ・ハンナ)
パク・テス 役:イ・ジョンス(子役:クォン・オミン)
英祖(ヨンジョ)役: イ・スンジェ
ホン・グギョン役:ハン・サンジン
ヒョウィワンフ(孝懿王后)王妃役:パク・ウ

■第11話「罪なき忠義」
文科の試験で、王、英祖を激しく非難する答案が見つかった。そこには世孫サンを真の王だと記す一文も。日頃から、息子の思悼世子を死に追いやったことで良心が咎めていた王はそこを突かれて激怒し、宮中は大騒ぎに。文科も武科も試験はすぐさま中止され、この逆賊を直ちに捕らえよとの王命が下る。
サンの謀反への関与も疑われるなか、その直後、今度は宮中に逆賊が侵入する…。
一方、テスは、武科の試験の要領を教わっていたホン・グギョンに、どうしても受かりたいのなら、重臣ハン・ジュノが武科を受験する婿に送るであろう課題が書かれた書状を盗み見ろと勧められていたのだが…。
サンを陥れようと企む者たちが、英祖の一番つらいところを突く陰謀でサンを窮地に立たせる。英祖は激怒し、サンの亡父、思悼世子(サドセジャ)の元護衛官たちまでが逆賊とされてしまう。11話最大の見せ場は、この後に英祖がサンに質問を投げかけるシーン!イ・スンジェとイ・ソジンの演技対決を絶対お見逃しのなく。詳しくは11話詳細あらすじで。

イサン■第12話「三日の猶予」
サンを陥れようと企む者たちの陰謀によって、サンの亡き父、思悼世子(サドセジャ)の元護衛官ソ・インスたちが謀反の濡れ衣を着せられてしまった。亡き父の忠臣を何としても助けたいサンだが、彼自身も逆賊の首謀者ではないかとの嫌疑をかけられてしまう。サンの疑いを晴らすため、自らソ・インスたちの取り調べをせよとの王命を最初は拒んだものの、悩んだ末、取り調べの場に現れたサン。だがすぐに、彼らは無実だと取り調べの中止を宣言してしまう。
サンは王のもとを訪れ、ソ・インスたちの無実を証明すると告げるのだが…。
一方、宮中に押し入った者たちの懐から見つかったとされる暗号が、テスが盗み見た兵曹判書ハン・ジュノの書状にあった言葉と同じであることに気づいたホン・グギョン。ハン・ジュノがサンを陥れようとする者たちの一味であり、その背後には更なる大物がいると睨んだ彼は、サンを助けたいテスとともに、その調査に乗り出す。
サンがまるで名探偵のように、一つの手がかりから次第に敵を追い詰めていくさまが見どころ!詳しくは12話詳細あらすじで。ホン・グギョンとテスの活躍もお見逃しなく。

イサン■第13話「倉庫に埋もれた証拠」
敵の拠点を発見したテスはすぐさま犯罪を取り締まる捕盗庁(ポドチョン)に通報するが、たまたま居合わせたチョン・フギョムにうまくその情報をもみ消され、その上、命も奪われそうになる。だが、うまく事を処理したとほくそ笑むチョン・フギョムの前に、再びテスが戻ってくる。しかも今度は、やはり敵の拠点の場所に見当をつけていたサンも一緒だ。必死で申し開きをするチョン・フギョムを尻目に、サンはすぐ兵を出動させるよう従事官に命ずる。
一方、サンを助けるため図画署の地図倉庫に無断で入り見つかってしまったソンヨンは、図画署の納屋に閉じ込められてしまう…。
ついに、元護衛官たちの無実が証明される!今回、記録画を思いつく場面で橋の工事が描かれる。実はこれには、ドラマ後半に続くある大きな意味が隠されている。詳しくは13話あらすじで。


イサン■第14話「静かなる口封じ」
自分を陥れるための陰謀に兵曹判書ハン・ジュノが加担していることを知ったサンは、彼に罪状をつづった書状を匿名で送りつけ、その動きを探ることに。ところが、書状を受け取ったハン・ジュノが真っ先に向かった先は、なんとサンの叔母ファワンのもとだった。父を死に追いやったのが、その妹であるファワンと知ったサンは愕然とするが、今こそ敵を一網打尽にする好機。サンは、同時に突き止めた私兵団の拠点に兵を送る。
一方、ファワンの養子チョン・フギョムに、自らの希望に近い重要な役職につけるとの話を持ちかけられていたホン・グギョンは…。
父を陥れ、謀反を企てた黒幕が思いもよらない人物だったことが判明!果たしてその人物とは?詳しくは14話詳細あらすじで。

イサン■第15話「護衛官への道」
ハン・ジュノは、陰謀はすべて自分一人で企てたことだという遺書を残して自害する。陰謀の黒幕を突き止める重要な手がかりを失って落胆するサン。だが、そんなサンに英祖は、これでひるむことなく真相を究明せよと言葉をかけ、ファワンは罪が明らかになりしだい処罰すると母親の実家で待機させることにする。
サンはソンヨンを宮殿の書庫に案内し、ソンヨンの手を取り、古い慣わしに囚われず画員を目指せと励ます。するとちょうどそこへ、サンの正室ヒョイがやってくる。
ファワンがサンの敵の一人であることを突き止めることに貢献したホン・グギョンは、思惑通りサンの側近に。サンはホン・グギョンに、不正せずにテスを武科に合格させるよう命じる。
元護衛官ソ・インスたちの無罪の証明で、お手柄を立てたテスとソンヨンを宮中に招いたサンは、ソンヨンの手をとって画員になることを勧める!そんな親しげな二人の姿を目撃したサンの正室ヒョイは、やきもちを焼くどころか、ソンヨンをサンの大切な友として受け入れる。詳しくは15話詳細あらすじで。ヒョイ王妃を演じたのはパク・ウネ。サンを愛した王妃と側室たち紹介で詳しく紹介。

BS日テレ「イ・サン」番組式サイト(前回放送時サイト)
 2021.02.08スタート 月~金13:00-14:00 再放送
 2016.08.16~2017.01.02 月~金 12:00-12:55/10:00-10:55 再放送
 2015.12.17~2016.04.4 月~金 12:00-12:55 
YouTube「イ・サン」関連記事(日本語字幕なし)

kandoratop【作品詳細】【「イ・サン」を2倍楽しむ】



[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,532タイトル、  85,918作品!