NHKBSP「コウラン伝 始皇帝の母」異人、愛の告白!第10話予告と第9話ネタバレ:後宮ヒエラルキー

[2020年11月28日09時00分]  【ドラマ】

NHKBSP「コウラン伝 始皇帝の母」異人、愛の告白!第10話予告と第9話ネタバレ:後宮ヒエラルキー

©DONGYANGHUANYU FILMS
& TELEVISION CULTURE CO., LTD

中国ドラマ「コウラン伝 始皇帝の母(原題:皓镧传)」(全34話)皓ランへの想いが募る呂不韋(りょふい)!しかし呂不韋にある悲劇が待ち受ける11月29日(日)夜9時からNHKBSプレミアムにて放送の第10話あらすじと第9話ネタバレあらすじ、豆知識(後宮ヒエラルキー)を紹介、番組公式サイトでは紹介ムービーが視聴できる。



「コウラン伝 始皇帝の母」は、中国、春秋戦国時代、趙の名家で育った聡明で美しい娘、李皓鑭(りこうらん)が、時代に翻弄されながら、秦の始皇帝の母となるまでの波乱に満ちた人生を描く愛と闘いの物語。
【「コウラン伝」を2倍楽しむ】では時代背景や人物紹介、各話の詳しいあらすじと見どころなどまとめて紹介している。

11月22日放送の第9話では、縁日デートで皓ランへの想いが溢れる呂不韋が猛烈アプローチ!呂不韋からサプライズプレゼントをもらい、さらに「欲しいものは全てあげると約束しよう」と言われたら、いつもはプライドの高い皓ランもこれにはイチコロ。思いが通じた2人は趙を離れようと約束するのだが、呂不韋の父・呂鑫(りょきん)の邪魔が入り、逃亡は失敗・・・。約束をすっぽかされ、雨に打たれながら呂不韋の屋敷前で佇む皓ランが痛々しく、またすれ違う2人がもどかしかった。

さらに韓からやって来たわがまま王女、瓊華(けいか)妃が大暴れ。瓊華の横暴に巻き込まれた殷小春(いんしょうしゅん)。さらに彼女を助けようとした皓ランは鞭打ちの刑にあってしまう。いつもならピンチを救ってくれるはずの呂不韋が来ず、かわりに嬴異人(えいいじん)が皓ランを助け、さらに軟膏まで背中に塗ってくれた。異人の皓ランへの想いは明白だったがそれを呂不韋が陰から目撃してしまうというイベント盛りだくさんの回となった。

そして11月29日放送の第10話では、皓ランは瓊華から無理難題をおしつけられるが、異人の助言で難を逃れる。そして呂不韋が皓ランへの想いを募らせる中、ついに異人が皓ランへ告白!しかし、ある事件がきっかけで呂不韋に悲劇が訪れるのだが・・・。恋模様と陰謀が渦巻く波乱の第10話もお見逃しなく!

■前回:第9話ネタバレあらすじ
皓ランは趙王に実家に帰ると告げ3日間の休みを貰った。この間に趙を出ようと考えていた皓ランは殷小春に別れを告げた。皓ランは宮殿を出て母の墓へやってくると、そこに父・李赫(りかく)と義母・高敏(こうびん)が来ていた。母にした仕打ちを許せない皓ランは激怒するが、高敏は土下座して、これまでのことを謝罪した。そして、正室の地位を譲り、皓ランの母の遺体は李家の墓に移すと約束してくれた。そして李赫は皓ランに自分の誕生日会に出席するよう頼むのだった。

呂不韋と皓ランはその夜、一緒に縁日をまわり、楽しいひと時を過ごした。皓ランが気に入った人形をこっそり買いプレゼントする呂不韋。そして彼女が欲しいものは全てあげると約束した。呂不韋は皓ランが一番大切だと感じ、熱烈な呂不韋の気持ちに皓ランも応えた。思いが通じた2人は、李赫の誕生日が終わったら一緒に趙を出ることにした。

皓ランは具合が悪い高敏のために医者を呼んだ。医者は高敏は少しづつ回復していると告げた。李赫は誕生日会に出席できると喜びその場から離れたが、高敏は話に付き合って欲しいと皓ランを座らせ、そしてお茶を出し、自分は「これを食べると元気になる」と薬を口に入れた。そして、高敏は皓ランの母の死を償わなければならないと言うと、血を吐いて亡くなってしまった。

側にいた女中が慌てて皓ランが高敏を殺したと叫ぶと、李赫や家の者をはじめ、高敏の兄・高雄陽やその息子、高昊陽(こうこうよう)が駆けつけた。高敏が口にしたものにヒ素が入っていることがわかると、皓ランは高敏殺害の容疑をかけられる。しかし、すでに高敏を疑っていた皓ランは、これは自分をはめる罠で高敏は岫玉の仇を討つ為に自殺したのだと主張した。事情を問い詰められた女中は高敏の自作自演であることをばらし、皓ランは殺害の容疑を免れた。

呂不韋は父・呂鑫に趙を離れることを告げると、呂鑫は「女の為に出世を諦めるのか」と猛反対した。そして部下と門番に阻まれ呂不韋は家から出られなくなってしまった。呂不韋との約束の場所に来た皓ランだったが呂不韋は現れなかった。皓ランは呂不韋に会いに屋敷へ行ってみるが呂鑫に追い払われてしまった。宮殿に戻った皓ランだったが、呂不韋に裏切られたショックから食事もとらず、怒りで大好きな琴を壊してしまう。司徒月に言われてやって来た異人は皓ランを慰め、琴を直してあげた。

ある日、韓国の王は趙王に贈り物を送ってきた。その中に韓国で一番の美女と言われる瓊華王女もいた。趙王は彼女の美しさに惚れこみすぐに側室として向かい入れた。しかし瓊華は体調を崩し、病に伏せってしまう。宮廷医師・殷小春が瓊華に薬を処方するとすぐに回復したが、同じ症状の侍女に小春が自分と同じ薬を飲ませているのを見ると激怒し、その侍女を捕らえてしまった。あまりの瓊華の横暴に小春は頭にきてしまい反抗すると、瓊華はわざと王様から賜った数珠を床に投げつけ、それを小春のせいにして捕らえてしまった。

瓊華は小春を罪人部屋に閉じ込め、罪を認めるよう強要したが小春は瓊華からの謝罪を求めた。皓ランはわざと臭い料理を持って小春に会いに来た。そこへ皓ランと小春が共謀していると耳にした瓊華が現れた。皓ランが小春を許して欲しいと願い出ると、それならかわりに罰を受けなさいと言って皓ランが死ぬまで鞭を打つよう兵士に命じた。

司徒月はすぐに呂不韋に助けを求めたが異人を頼るよう言われてしまった。小春は瓊華に謝らざるを得ない状況になり謝罪したが、もう遅いと瓊華は鞭打ちの手を止めなかった。そこに知らせを受けた異人が入って来て皓ランは助かった。

皓ランは部屋で1人でいると、異人がやって来た。皓ランは急いで背中の傷を隠したが、異人は皓ランの傷口に軟膏を塗ってあげた。調度その時、呂不韋が皓ランの様子を見にやって来た。皓ランをいたわる異人から皓ランへの想いが見て取れ呂不韋はその場から立ち去った。

趙王は、皓ランが鞭で打たれたと聞いて瓊華に理由を聞きに行った。部屋へ入ると、不機嫌な瓊華は趙王からの贈り物である壺を壊し、その上を素足で歩いて見せた。焦った王は瓊華王妃をすぐに抱きかかえた。すると瓊華王妃は突然血を吐いて意識を失ってしまった。瓊華を診た医師は、今までに見たことのない症状だと言うので、趙王はすぐに小春を許し瓊華を治すよう頼んだが、小春は彼女自身が来ない限り診察はしないと頑なに断った。

皓ランは趙王に頼まれ小春の説得にやって来た。皓ランを巻き込みたくない小春はしぶしぶ瓊華を診察した。瓊華は小春が処方した薬を過剰に摂取していた為に血を吐いてしまったことがわかり、小春の治療により意識を回復した。

■豆知識:後宮ヒエラルキー
中国に限らず、古来より王様にはたくさんの側室がおり、後宮やハーレムといった場所が形成されていることは良く知られた話。日本でも古典でみられる女御や更衣が住む内裏の七殿五舎や、江戸時代の大奥が存在した。そこには男社会に負けず劣らず、女たちの熾烈なマウント合戦が繰り広げてきたことだろう。第9話で韓からやって来た瓊華王女がすぐ側室に向かい入れられたが、この時代の後宮にはどんなランクシステムが存在したのだろうか。

儒教を記した『礼記』によると、周の時代では皇后を筆頭に6つの序列があったとされる。上から后、夫人、嬪、世婦、御女と続き、実際後宮にいたのは、これら皇帝の妻妾とその世話をする宮女たちだった。妻妾は一般的に后妃と呼ばれ、皇は皇后、妃は妃嬪を表し、妃は側室、嬪は妾を指した。周公旦が定めたのが、皇后の下に三夫人、九嬪、二十七世婦、八十一御女(女御)を置く百二十一人からなる制度だが、これは男子官僚の三公、九卿、二十七大夫、八十一元士という位に対応させたものと言われている。

王が朝廷のトップに対し、皇后は後宮を取り仕切る総取締役を担っていたのでその位は高く、妃嬪の比ではなかった。そして妃嬪にも男子官僚と同じ様に爵位品等が与えられ、肩書によって呼ばれていたが、これは王からの寵愛の度合いを示すものだったと言われている。第9話に登場した瓊華は小妃という位を授かったが、王妃付きの女官で王様のお気に入りである皓ランを、自分の立場を脅かす存在として疎ましく思うのも当時の後宮ではよくある話だったのかもしれない。

■第10話あらすじ
韓の瓊華王女は皓ランに宴を取り仕切るよう命じる。戦で資金不足の中、皓ランにはじをかかせる魂胆だった。資金調達に困った皓ランに、呂不韋は手助けすると申し出るが、皓ランはそれを断る。異人に相談した皓ランはヒントを資金調達のヒントを得る。

一方、呂不韋は皓ランへの想いを募らせていた。一度は皓ランを手放した呂不韋だったが、彼女への未練を断ち切ることが出来なかった。そんな時、ある悲劇が呂不韋を襲う。それは蛟王子が仕掛けた罠なのだが・・・。

原題:皓镧传
制作:2019年 中国

■キャスト相関図(NHK)
李皓鑭(リ・こうらん)役:ウー・ジンイエン [声:中村千絵]
呂不韋(りょふい)役:ニエ・ユエン[声:東地宏樹]
嬴異人(えいいじん)役:マオ・ズージュン [声:平川大輔]
雅(が)役:ハイ・リン [声:松井茜]
厲(れい)役:ニン・ジン [声:深見梨加]
趙 丹(ちょうたん)役:ワン・ジーフェイ [声:内田直哉]
韓 瓊華(かんけいか)役:ジャン・ナン [声:甲斐田裕子]

紹介ムービーとインタビュー映像
NHK「コウラン伝 始皇帝の母」番組公式サイト
 2020.09.27スタート 毎・日21:00~22:00 BSプレミアム
  ※再放送 翌週13:00~ 
Youtube予告動画

【華流ドラマ】【作品詳細】【「コウラン伝」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  2. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  3. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  4. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)
  5. 韓国ドラマ「知ってるワイフ」最終回考:ドラマが伝えたかったこととは?夫婦として大切なこと

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,568タイトル、  85,971作品!