「気象庁の人々」「キム秘書」の“ラブコメの女王”パク・ミニョンは「七日の王妃」の“涙の女王”だった!

[03月29日17時20分]  【ドラマ】

「気象庁の人々」「キム秘書」の“ラブコメの女王”パク・ミニョンは「七日の王妃」の“涙の女王”だった!

左から:『キム秘書はいったい、なぜ』、『気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?』『七日の王妃』

Netflixで独占配信中の「気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?!」でヒロインを務めるパク・ミニョンは「キム秘書はいったい、なぜ?」などの作品で“ラブコメクィーン”として人気だが、彼女がそう呼ばれることになったのは意外と最近、それまでは“涙の女王”と呼ばれていた。



■デビューはシットコムで“青春スター”に
パク・ミニョンは、韓国・ソウル特別市出身の韓国の人気女優。1986年3月4日生まれ、身長164センチ、O型。
2005年、SKテレコムのCMでデビュー。翌年、シチュエーションコメディ「思いっきりハイキック!」で女優デビュー。初主演は2007年、日本の漫画(教科書にないッ!)が原作の「I am Sam~アイアムセム」で巨大ヤクザ集団のボスの一人娘役で演技力を高く評価された。

■MVで“涙の女王”に
2008年、BIGBANGのMV「Haru Haru」(動画を見る)に出演し大粒の涙を流す演技が話題となり“涙の女王”と呼ばれた。翌年には「幻の王女チャミョンゴ」で連続時代劇初出演。 チョン・リョウォンの敵役としてW主演を務め史劇女優としても高い評価を得た。翌年、ユチョンと共演した時代劇「トキメキ☆成均館ス キャンダル」(2010)で男装ヒロインを熱演しトップ女優に仲間入りすると、日本でも一気に知名度を上げた。そんな彼女は日本作との縁が深いようでイ・ミンホと共演した「シティーハンター in Seoul」(2011)と、ソン・スンホン主演「Dr.JIN」で(2012)の日本リメイク作に連続出演。
2014年には、アクション・ロマンス「ヒーラー~最高の恋人~」でチ・チャンウクとの“目隠しキス”“秘密の映画館デート”などで切ないロマンスで視聴さをキュン泣きさせた。
その後は「弁護士の資格~改過遷善」(2014)と「リメンバー~記憶の彼方へ~」(2015)でリーガルドラマにも挑戦したが、2017年、「七日の王妃」で朝鮮王朝に実在した7日間だけの王女役を担当し、ヨン・ウジンとイ・ドンゴンとの世紀の三角関係を切なく演じた。ドラマ冒頭から彼女の涙で始まる本作は、多くの韓国ドラマファンが「韓ドラ史劇最高の悲恋物語」と“涙の女王”に太鼓判を押した。

■できる秘書役で“ラブコメクィーン”に
「七日の王妃」のインタビューで「悲恋が好き」と言っていたパク・ミニョンが翌年の2018年に選んだのはラブコメ「キム秘書はいったい、なぜ?」だった。韓国の大人気ウェブ漫画が原作で、「退職したい」部下(パク・ミニョン)と「引き留めたい」上司(パク・ソジュン)の駆け引きラブロマンスで、主演2人の最高のケミ(息の合った演技)で大ヒットしパク・ミニョンは“ラブコメクィーン”に名乗りを上げた。その翌年にはキム・ジェウクと共演した「彼女の私生活」で強烈なアイドルオタクでコミカル演技に磨きをかけた。キャリア女性を演じることの多かった彼女が次に選んだのはソ・ガンジュンと共演した心に傷を持つ男女の不器用な恋を温かく描いた「天気がよければ会いにゆきます」(2020)。そして「気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?!」(2022)で、気象庁を舞台に部下と内証のオフィスラブを繰り広げるロマコメに戻ってきた。このドラマはNetflixを通して韓国とほぼ同時に日本でも観られるとあって、連日ランキング入りしている。
パク・ミニョンが次に出演予定となっているのは、“シングルライフヘルパー”のストーリーを描くtvN新ドラマ「月水金火木土」。今度はどんな演技を見せてくれるのか、期待が高まる。


現代ドラマから時代劇まで様々なジャンルのドラマでトップ女優として活躍するパク・ミニョン。今や“ラブコメクィーン”と呼ばれる彼女が、“涙の女王”として韓国ドラマ史上最も悲しいロマンス史劇と言われている「七日の王妃」は、4月10日よりNHK海外ドラマ枠(NHKBSプレミアム、毎週日曜午後9時)で「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」の後続ドラマとして放送される。

NHK「七日の王妃」番組公式サイト
 2022年4月10日スタート 日21:00~22:00

【作品詳細】【「七日の王妃」を2倍楽しむ】

【作品詳細】【「キム秘書はいったい、なぜ?」を2倍楽しむ】

【作品詳細】【「気象庁の人々」関連・各話のあらすじ】

kandoratop

【画像】
「キム秘書はいったい、なぜ?」
DVD&BD SET1・2 発売中!
(c)STUDIO DRAGON CORPORATION
DVD公式サイト

「気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?」
Netflixシリーズ『気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?!』独占配信中
Netflix

「七日の王妃」
Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2017 KBS. All rights reserved
作品公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「奇皇后」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころなど)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,691タイトル、  86,064作品!