チュ・サンウク主演「太宗イ・バンウォン(原題)」第1話先行放送の前に、時代背景・見どころ・韓国での評判と予告動画で先取り

[09月26日20時00分]  【ドラマ】

チュ・サンウク主演「太宗イ・バンウォン(原題)」第1話先行放送の前に、時代背景・見どころ・韓国での評判と予告動画で先取り

Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2021 KBS. All rights reserved

チュ・サンウク主演の韓国本格時代劇「太宗イ・バンウォン(原題)」(全32話)がKNTVにて、ついに10月9日から日本初放送!9月28日(水)午後9時15分には第1話が先行放送される。これに先駆けて物語の見どころや時代背景、韓国での放送時の反応などを紹介しよう。日本版予告動画も番組公式サイトで公開している。



「太宗イ・バンウォン(原題)」はチュ・サンウク主演で朝鮮王朝の礎を築いた第3代王“太宗”となるイ・バンウォンの生涯を新たな視点で描く本格時代劇だ。

■キャスト
イ・バンウォン(太宗)役:チュ・サンウク
イ・ソンゲ(太祖)役:キム・ヨンチョル
元敬王后ミン氏役:パク・ジニ
神徳王后カン氏:イェ・ジウォン
 ほか

■あらすじと時代背景
1388年、周辺国からの侵攻に悩まされていた高麗の時代。時の王であるワン・ウ(イム・ジギュ)に命じられ、遠征に反対しながらも明の実効支配化にある遼東の制圧に向かった全州李氏の武将イ・ソンゲ(キム・ヨンチョル)は、遠征途中の威化島で突如として兵を従えて高麗の首都開京(現在の開城)に引き返す(威化島回軍)。

既に国民から見放されていた高麗王朝で、ワン・ウを廃位に追い込んだソンゲは新たに恭譲王(パク・ヒョンジュン)を擁立するが、後に王家を皆殺しにし、1392年、自らが王となり朝鮮を建国し、後に太祖と呼ばれる人物となる。

ソンゲには神懿王后ハン氏(イェ・スジョン)と神徳王后カン氏(イェ・ジウォン)という二人の夫人がおり、ハン氏との間に6人、カン氏との間に2人の男児をもうけた。中でもソンゲが寵愛していた八男のバンソク(チャン・ジェハ)を朝鮮建国後最初の世子(後継者)に指名する。しかし、この事がハン氏の産んだ腹違いの兄達の怒りを買い、一族の不和の始まりとなる。

中でも頭角を現したのが五男バンウォン(チュ・サンウク)。父が威化島回軍を起こした時には、開京で家族の安全を守り、父の政敵を暗殺するなど、父の朝鮮建国に忠実に全身全霊を捧げてきた人物だ。

1398年に第一次王子の乱で世子だったバンソクを殺害したバンウォンは次男バングァ(キム・ミョンス)を世子として推薦し、2代国王定宗となる。その後、四男バンガンが起こした第二次王子の乱を鎮圧したバンウォンは譲位を受けて3代国王太宗として即位。

王となったバンウォンは建国直後の朝鮮の法整備を行う反面で、政敵となる人物や妻である元敬王后ミン氏(パク・ジニ)の弟ら外戚を冷酷に排除し、王権の集中に勢いをつけていく…。
※もっと詳しい時代背景と「第一次王子の乱」「第二次王子の乱」についてはこちらで解説。

■見どころ
500年に渡って続いた李氏朝鮮時代の幕開けとなる、太祖や太宗の時代を描いた作品としてはこれまでにも「龍の涙」「六龍が飛ぶ」「私の国」など多く存在し、当時の朝鮮で起こった出来事は現代でもよく知られている。本作では時代の出来事をメインに描かれた過去の作品とは異なり、全州李氏一族の中での人間関係や、イ・バンウォンが起こした歴史的出来事の動機などイ・バンウォンの人生そのものにフォーカスされ、政治ドラマというよりはヒューマンドラマとして描かれている点で過去の作品とは一線を画している。
※同時代のその他の作品は【ドラマの年表:朝鮮王朝】で確認できる。

「不滅の恋人」「タッチ〜恋のメイクアップレッスン〜」「還魂」では特別出演ながら強烈な印象を残したチュ・サンウクが、一族の争いや、父との対立、兄弟の殺害など時に冷酷なイ・バンウォンを迫真の演技で魅了する。またKBS大河ドラマで過去2度に渡って、イ・バンウォンを演じてきたキム・ヨンチョルがその座を譲り、父である太祖役を演じている点も時代劇ファンには感慨深いのではないだろうか。

■韓国での反響
本作は韓国KBSで2021年12月11日〜2022年5月1日まで放送され、全国での最高視聴率は28話の11.7%(ニールセンコリア調べ)となっている。KBSが手掛ける本格時代劇としては2016年の「チャン・ヨンシル 〜朝鮮伝説の科学者〜」以来、5年ぶりの作品となり話題を呼んだ。

脚本を「朝鮮ガンマン」イ・ジョンウ作家、演出を「素晴らしい遺産~花咲く人生~」のキム・ヒョンイル監督が担当し、イ・バンウォンの人生を新たな側面から描いた「太宗イ・バンウォン(原題)」の放送スケジュールは以下の通りだ。

日本初放送 10月9日(日)スタート
毎週日 20:00~22:10 ※2話連続放送
再放送 毎週土 11:30~13:40 ※2話連続放送
※1話先行放送 9月28日(水)後9:15~10:30

※主演チュ・サンウクの独占インタビュー番組「太宗イ・バンウォン」インタビューSPを日本初放送。
 10月6日(木) 22:00~22:30
 再放送 10月10日(月・祝) 5:30~6:00ほか

KNTV「太宗イ・バンウォン(原題)」番組サイト

kandoratop【作品詳細】【「太宗イ・バンウォン」を2倍楽しむ】



■視聴方法
KNTVはスカパー!、スカパー!プレミアムサービス、ひかりTV、J:COMほか各ケーブルテレビで視聴可能。

KNTV視聴方法ページ

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!