【最終回ネタバレ】全員笑顔の大団円!「魔法のリノベ」第10話でラスボス“有川”原田泰造も人生をリノベ!

[09月20日11時09分]  【ドラマ】

【最終回ネタバレ】全員笑顔の大団円!「魔法のリノベ」第10話でラスボス“有川”原田泰造も人生をリノベ!

@カンテレ・フジテレビ

9月19日(月)カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ「魔法のリノベ」最終回の第10話で「一休食堂」のリノベも成功!ラスボス“有川”原田泰造と“蔵之介”遠藤憲一が山登りで和解!…ネタバレあらすじと見どころを紹介。関連動画は番組公式サイトで公開、Tverで最新話無料配信、FODで1話~最新話まで配信されている。

気になる視聴率は初回から、7.4%、6.7%、6.7%、6.2%、6.1%、6.3%、6.2%、6.0%、5.8%、と推移し最終回は6.6%を記録した。



「魔法のリノベ」は「まるふく工務店」の凸凹コンビ真行寺小梅と福山玄之介が住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく人生再生、リノベーションお仕事ドラマ。

9月19日に放送された最終回で、小梅が「まるふく工務店」を辞めたのが、有川に蔵之介の過去の悪事をネタに脅迫されていたからだと判明する。蔵之介は過去からは逃れられないと、ホームページに謝罪文を載せ、小梅は玄之介に説得されて「まるふく工務店」にかえってくる…のだが、またしても、有川の邪魔がはいる。

何度も苦境にあいながらも、まるふくメンバーは結束を固め、始めは敵だった久保寺も味方につけて、最後は全員の力でラスボス・有川の野望を倒すことができた。

と、ここで終わらないのが“リノベは魔法”、“人生をリノベする”が主題の本作。全てを失った有川が呆然自失のまま現れると、蔵之介は「やり直せる。今度は俺がお前をリノベする番だ」と有川に寄り添い、社長を辞めて有川と共に世界中の山登りをすることに!大団円のエンディングでは、満面の笑顔でまるふくメンバーと乾杯する有川の姿も映し出され、Twitterには「実は有川部長本人が一番リノベされたがっていたのかも」「有川を倒して終わりじゃないとこ、優しい」「希望がもてるドラマ」といった反応が寄せられた。

また、気持ちを切り換えるために山デートに出かけた小梅と玄之介が、やまびこにのせてお互いの気持ちを伝えあい、惚気合う様子が、「新しい手法」「アドリブかなってくらい楽しそう」「見ていてホッコリキュンとしました」と視聴者の癒しに。山登り、そして本音を叫ぶやまびこも、心のリノベーションとして大事な役割をになっていた。

飽きのこないテンポよい展開、ワクワクさせられる改築ビフォーアフター、前向きでカワイイ大人たちのお仕事ドラマへの視聴者からの評価は高く、全員が幸せな笑顔で終えられた大団円も大満足で迎えられた。

■「魔法のリノベ」Blu-ray & DVDプレゼント!
2023年3月3日(金)に「魔法のリノベ」Blu-ray & DVDが発売されるのを記念して、5名様にプレゼント!⇒詳細は番組公式サイトにて



■前回:最終回第10話ネタバレあらすじ
「私、まるふく辞めます」小梅(波瑠)の突然の辞職宣言に、玄之介(間宮祥太朗)は大きなショックを受けるが、同時に小梅の言葉が本心ではなく、自分たちに何か隠していることに気づく。しかし、決意を固めた小梅に、そんな玄之介の気持ちは届かない。

同じ頃、グローバルステラDホームから立ち退き料1億4千万円を提示されていた「一休食堂」の店主・剛志(大友康平)は、妻・倭子(中島ひろ子)の助言もあり、ついに店と土地の売却を考え始める。

蔵之介への恨みと野心を胸に、20年にわたり、水面下で土地開発を進めてきた有川(原田泰造)は、ようやくすべてが思い通りになるとほくそ笑むが、その隣にはなぜか小梅の姿が…。

小梅のあまりに不可解な行動に、急きょ集まった久保寺(金子大地)、竜之介(吉野北人)、ミコト(SUMIRE)の3人は、京子(YOU)から、有川が三津井(山下航平)に脅迫まがいな話をしていたことを聞かされる。久保寺と小出(近藤芳正)、越後(本多力)は三津井に会いに行き、有川の策略について話を聞く。

その頃小梅は、有川から送られてきた一通のメールを思い出していた。20年前に蔵之介(遠藤憲一)が有川に送ったメールには「一休食堂を死なない程度に追い詰めろ」と書かれている。有川はこのメールをネタに、「まるふく工務店」を守りたい小梅をに脅迫していたのだった。

光井から小梅が脅迫されていることを知った一同は、小梅奪還にむけて動き出す。蔵之介は有川に小梅を返して欲しいと直談判するが、有川は「大事な時間を奪われた」と取り合わない。「まるふく工務店」のホームページには蔵之介が過去に起こした罪への謝罪文が掲載された。玄之介から「まるふくに帰ってきてください。僕らならリノベできます」との言葉もあり、小梅はまるふくへ帰ってくる。

「グレートマミーと風まかせ7人兄弟」のテレビ放送を見た倭子から、考えが変わったのでリノベの提案をしてほしいと連絡が入る。玄之介と小梅は、地元に根付いた「一休食堂」のアットホームさを堪能し、リノベに活かすことに。そんな中、蔵之介のメールがネットニュースに取り上げられ、SNSで炎上、「まるふく工務店」は対応に追われる。

有川は円卓の部下団を前に、「一休食堂」の息の根をとめるよう自主的に動くよう指示を出す。すると、久保寺が反旗を翻し、一同もそれにならい、有川を「キモイ」と否定し始める。有川は部下たちを罵り、その様子を三津井が動画に収めていることにきづき、唖然とする。

「一休食堂」へのリノベプランは地元民も観光客もすべて受け入れる「おかえり」がテーマ。店内にはテーブル席と座敷席、地元野菜直売コーナーをもうけた他、倭子の風景画ギャラリーが備えられ、店外にはサイクリストのための自転車置き場やバーベキューテーブル、足湯までを配した盛りだくさんのプランだった。

リノベ成約で活気に満ちた「まるふく工務店」に、すべてを失った有川がやってくる。蔵之介は「やり直せる。今度は俺がお前をリノベする」と有川を励まし「世界中の山に行こう」と誘う。

蔵之介が社長の座を退き、「まるふく工務店」もリノベを考えることに。「一歩一歩進んでいきましょう」と玄之介。小梅は「私たちの旅は終わらない」と微笑む。

「一休食堂」のリノベが完成し、賑わう店内に、有川と蔵之介が山登りの帰りに立ち寄る。「まるふく工務店」のリノベも進み、メンバー一同が祝杯をあげる。小梅と蔵之介は夕日をみながら手をつないで歩いていく。

フジテレビ、カンテレ「魔法のリノベ」は2022年7月18日(月)夜10時スタート。脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)/原作:星崎真紀『魔法のリノベ』 (双葉社 JOUR COMICS)/主題歌:ヨルシカ/出演:波瑠、間宮祥太朗、金子大地、吉野北人(THE RAMPAGE)、SUMIRE、本多力、山下航平、YOU、近藤芳正、原田泰造、遠藤憲一/第10話ゲスト出演:大友康平、中島ひろ子 ほか。

カンテレ、フジテレビ「魔法のリノベ」番組公式サイト
カンテレ、フジテレビ「魔法のリノベ」番組公式Twitter @mahorino8

【2022年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】



[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. Netflix韓国ドラマ「サムバディ」大胆な濡れ場に挑戦したカン・ヘリム!第5-6話ネタバレと見どころ
  4. 【「上陽賦~運命の王妃~」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、キャスト紹介、豆知識|中国ドラマ紹介
  5. キム・ヨングァン主演「サムバディ」衝撃のラストを考察してみた!第7-8話(最終回)ネタバレと見どころ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,688タイトル、  86,061作品!