コレを聞けば今スグ韓ドラが見たくなる!『韓国テレビドラマコレクション2019』トークショー再現レポ①

[2018年12月11日14時45分]  【芸能】

コレを聞けば今スグ韓ドラが見たくなる!『韓国テレビドラマコレクション2019』トークショー再現レポ①

写真:@navicon

12月10日(月)に東京で開催された『韓国テレビドラマコレクション2019』(キネマ旬報社刊)出版記念イベントを取材!「今スグ韓国ドラマが見たくなる、とっておきの話」を聞かせてくれた第二部『トークショー』とお楽しみ抽選会の様子を再現レポートでご紹介、トークショーの中で紹介された作品の予告動画は各作品公式サイトで公開している。
●第一部『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』の表彰式はコチラで紹介⇒プロのライターがハマったのは「キム・サブ」!授賞式再現レポート

★本サイトに掲載している記事、写真を無断使用・無断複製はおやめくださいね。
※各ドラマタイトル太文字クリックでドラマ詳細ページへ。「動画視聴サイトへ>>」から予告動画ページに遷移。また【2倍楽しむ】では、各話の詳しいあらすじと見どころ、キャストの魅力、時代背景や豆知識をまとめて紹介している。赤字は記者の感想など。

【第二部 『韓国テレビドラマコレクション2019』トークショー】
※敬称略。
MC:古家正亨
パネラー:
 デジタルアドベンチャー 編成制作局 宣伝チーム 土井裕美子
 ビーエスフジ 編成局 広報部 真田夏希
 アジアンエンタメライター 青木久美子
パソコン操作:『韓国テレビドラマコレクション』編集長 キネマ旬報社 岡﨑暢子

kore
 1位「浪漫(ろまん)ドクター キム・サブ」
 2位「逆賊(ぎゃくぞく)―民(たみ)の英雄 ホン・ギルドン―」
 3位「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

MC:第一部『韓国テレビドラマコレクション大賞』受賞作品は皆さんも思い入れがあるのでは?1位、2位の作品を放送されたKNTVさんはいかがでしたか?

土井:「日本初放送時には反応はそこまでではない。その後、DVDや他チャンネルで放送後に人気が出てくる」というKNTVあるあるがあります。「逆賊」はユン・ギュンサンさんの主演作品で、社内でも様子を見ていましたが見事に大活躍。ユン・ギュンサンさんは体格はいいですが、顔がかわいらしく朴訥とした魅力が出ていた作品です。
(MCの「女性目線では、体がっちり&顔がかわいいは胸キュンポイントですか?」という質問に、土井さんより早く会場が反応して拍手!)

MC:3位の「トッケビ」については?
真田:2018年BSフジで放送した作品中で最も反響の大きかった作品です。(大拍手)もちろん、(受賞作3作品の中で)コン・ユさんが一番好きです。

MC:青木さんは韓流創成期から関わっていますよね。(いきなりエイジングジョークに大爆笑)今回の受賞順位は順当ですか?
青木:ライターさんの主観的な好みでの選出。どの作品も絶対お勧めの作品ですが、「トッケビ」が1位かな?という大方の予想を抑えて渋好みのところがいかにもライター目線かな?
(これには第1部から会場に漂っていた「トッケビ3位?」の雰囲気も同感のようだ)

2018MC:「トッケビ」は2017年に韓国で放送された作品。近年、タイムスリップやファンタジー、刑事ものなどが韓国で増えてきましたが、「2018年の韓国ドラマの傾向」について教えてください。

青木:ファンタジーの流れは引き続きながらも一人二役、ロボットものが多かった気がします。かつては悪役をしたいという方が多かったですが、今は一人二役をやりたいという方が多いようです。やりがいを求めているのでしょうね。
「スイッチ~君と世界を変える~」もそうですし、「トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~」もおもしろかったですし、「私たちが出会った奇跡」は、ベテランのキム・ミョンミンさんがやっています。個人的に面白いと感じたのは「私の男のひみつ」。日日・マクチャンドラマだったんですが、毎日ドラマで一人二役なので俳優さんは大変かと。
(「日日・マクチャンドラマ」とは毎日放送される帯ドラマで、ストーリー展開がありえない設定。主演は「女を泣かせて」のソン・チャンウィ)

古家正亨MC:では、2018年をふり返って、良かった韓国ドラマを教えてください。

青木:「君も人間か?」。ソ・ガンジュンさんがロボットと人間の二役をしましたが、演技が凄い!しかも、ロボットの方が人間より断然素敵!(とんでもない発言に会場爆笑)人間はダメ男でロボットは素晴らしい。ソ・ガンジュさんの演技に釘付けになります。お勧めです。

MC:演技の上手い俳優さんですが、磨きがかかりましたね。(拍手の多さからすでに視聴したファンやソ・ガンジュンファンの多さが見てとれる)

土井土井:今年もラブコメの傾向はそのまま引き続きましたが、その中でも感動的な要素が混じった作品が多かった気がします。具体的には「30だけど17」です(大拍手)。飛ぶ鳥落とす勢いのヤン・セジョンさん主演ですが、過去の傷を抱えた男女が出会ってお互いの傷を癒すという「癒しの要素」が入った作品。「ここに来て抱きしめて」はチャン・ギヨン君主演作ですが、こちらも過去に哀しい出来事があり、愛し合うことでお互いの傷を癒していく。韓国全体で癒しを求める作品が多かったのかなと思います。

MC:社会が混乱しているところもあって、韓国のドラマは社会や世相に反映しますね。

真田:「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のチョン・ヘインさん主演で、再び「年下彼氏ブーム」が来るのかなと?先月末から「ボーイフレンド」も始まりましたので、これも最終回に向けてどうなるのか期待です!
(昨日、チョン・ヘインのファンミーティングがあったばかりとあって、会場にもヘインファンが多い様子。「ボーイフレンド」はパク・ボゴムが年下男子。これにもひときわ大きな拍手が沸き起こる)

古家正亨MC:今年ブレイクしたイケメン俳優は誰?
土井:「ここに来て抱きしめて」のチャン・ギヨンさん。もともとモデル出身でクールな印象ですが、インタビューなどでは冗談もいう方でギャップがお勧めです。彼の眼差しや低い声も魅力的で個人的に彼にグッときました。
(どうやら土井さんのツボは“ギャップ”!ここで男性にしては声の高い古家さんから、イ・ビョンホンさんから「低い声で話しては?」とアドバイスを受けたことがあると会場を沸かせた)

青木:私もチョン・ヘイン、ヤン・セジョン、ウ・ドファンを普通にカッコよくて注目ですが、個人的にはベテランのソン・スンホンさん。「プレイヤー」と「ブラック~恋する死神~」で今までと違う彼に…(きっと目はハート!)

MC:つい最近、韓国で「プレイヤー」の撮影現場に行ってソン・スンホンさんに会ってきましたが、インタビューの予定がなかったのに話をしてくれました。最近新しい自分の見せ方、演じ方を見つけたとおっしゃっていました。ますますこれからいい作品が出てくるんでしょうね。
(真剣なエピソードの後は「眉毛」ネタで会場笑)

真田真田:チョン・ヘインさんがいいですね。「よくおごってくれる素敵なお姉さん」はまだ見れていないんですが、「あなたが眠っている間に」にも出演されていて、(主演の)イ・ジョンソクさんより素敵に見えてしまいました。警察官役がとても似合っていてキラキラ輝いていました。もちろんイ・ジョンソクさんもカッコいいんですが。

MC:違う俳優目当てで見て別の俳優さんにひかれることってよくありますね。では、演技がうまいなあ~と思った演技ドル(演技がうまいアイドル)は?

青木:EXOのD.O.(ド・ギョンス)です。俳優一本でやってもいいくらいの演技力ですよね。(爆笑。K-POPファンが怒りそうなコメントだが、最高の賛辞)実は「100日の郎君様」はまだ見ていないんですが、今とても見たい作品です。
MC:映画『スイングキッズ』も韓国で凄い人気ですね。

土井:「100日の郎君様」がKNTVにて1月から放送します。彼は「大丈夫、愛だ」でも演技力に定評がありますが、史上最高にキラキラしています。彼が今回、孤独な王世子と彼が記憶を失くして庶民になるんですが、その正反対が「まーかわいらしい!」。相手役のナム・ジヒョンちゃんと100日間のかりそめの結婚をするという設定で、チャキチャキしたちょっと姉さん女房の彼女との相性が抜群。だんだん男らしさの出てくる「好き」になってからのギョンス(D.O.)君がとてもカッコ良いです。(ここでも「ギャップ萌え!会場からも同意の拍手」

真田:私はパク・ヒョンシクさん。「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~」がとても好きで、「上流社会」「花郎<ファラン>」なども。スタイルもいいので画面上にも映えるのでカッコいいなと思います。
(スタート時の緊張ぶりはどうしたのか。3人とも最高の笑顔でお気に入りの俳優を続々紹介)

俳優MC:そういえば、チョ・インソンさんと共演した若手は必ず伸びますね。改めてチョ・インソンの凄さを感じますね。
では、ここで日本でも人気が出そうなネクストブレイクスターを聞かせてもらいましょう。
(D.O.とチョ・インソンと「大丈夫、愛だ」で共演)

土井:個人的には、キム・ソノさん。「トゥー・カップス」に出ていたときには軽い詐欺師役で出演し、主演のチョ・ジョンソクさんとのブロマンス的なノリがすごくおもしろくて。彼は軽い役もできますしシリアスな役もできます。「100日の郎君様」にも出ていてこちらはシリアスな役。もともと舞台出身の俳優で演技力がしっかりしていますので、安心して見ていただけます。

青木:ヤン・セジョンさんに注目しています。個人的な好みでもあるんですが、脇で出ても目を引く感じて、出しゃばりすぎず、それでいてトップにいられる俳優で。「愛の温度」に主演しています。
MC:最近は脇でいかに輝くかというところで勝負を賭けたいという俳優さんも増えているようです。

真田:「私のIDは江南美人」のASTRO チャ・ウヌ君。10月に韓国で色んなアーティストが出演するライブ観賞をする機会があり、そこにASTROが出ていました。大きなスタジアムだったんですが、ウヌ君のショットが抜かれるたびに悲鳴が上がり、彼の人気の凄さを再認識しました。
(ウヌ君の名前に会場からも歓声が上がる。ここでMCから「とあるイベントで、ガールズグループが受賞する時に、会場が冷えるのだが、その時に人気スターの顔を大スクリーンに映すという古典的手法で盛り上がっていた」という面白裏話を披露し、会場を沸かせた)
●続きを読む⇒【トーク後半と+抽選会】

kandoratop【韓流イベントレポ】
【第一部:表彰式】【第二部:トーク前半】【第二部:トーク後半+三部】


★本サイトで掲載されている記事、写真については一切の転載・複製を禁止いたします。


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 「警視庁アウトサイダー」第4話で上白石萌歌の“アデュー(adieu)”が話題に!“兄ちゃん”は誰だ!?ネタバレと第5話あらすじと予告
  5. 巣から落ちた郭公!消えたスベクヒャン王女…「帝王の娘 スベクヒャン」第64-68話あらすじと見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,724タイトル、  86,097作品!