松坂慶子が刑務所で余生を暮らすためにムショ活を始める!「一橋桐子の犯罪日記」【2022秋ドラマ】

[09月27日10時50分]  【ドラマ】

松坂慶子が刑務所で余生を暮らすためにムショ活を始める!「一橋桐子の犯罪日記」【2022秋ドラマ】

@NHK

親友であり同居人を亡くした切子(松坂慶子)が選んだ、終の棲家は刑務所だった!2022年10月8日よる10時スタートのNHK総合土曜ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」。関連動画が番組公式サイトで公開された。



人気作家・原田ひ香原作の「一橋桐子(76)の犯罪日記」を、「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」の脚本家・ふじきみつ彦が、切なくもユーモアたっぷりにドラマ化する。主演は松坂慶子。松坂演じる一橋桐子は、3年間同居していた唯一無二の親友・宮崎知子(由紀さおり)を亡くしてしまう。少ない年金、それほど稼げないパート代、たった一人の食事……。悲しみの淵に沈んでしまう。

そんな桐子がテレビを見ていると、刑務所の受刑者が「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」といっているのを聞き、自分も刑務所に入ろうと思いつく。桐子の「ムショ活」が始まった。果たして無事に刑務所にたどり着くことはできるのか?

さらにドラマとEテレの異色コラボが決定した。「NHKの10月は、ドラマ×Eテレの“俳句コラボ”」と題して、ドラマには主人公の心情を表すものとして“俳句”が頻繁に登場する。Eテレ「NHK俳句」には、ゲストとして毎週ドラマの出演者が登場する。

■あらすじ
一橋桐子(松坂慶子)は、3年間同居していた唯一無二の親友・宮崎知子(由紀さおり)が病気で亡くなり、哀しみの淵に沈んでいた。年金&パート生活も楽ではなく、このまま孤独死してしまうのではという思いが、桐子の心を絞り上げていく。

そんな時に桐子は「余生を刑務所で過ごせないか」と思いつく。かくして桐子の“ムショ活”が始まった

NHK総合10月8日スタート、土曜ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」。出演:松坂慶子、岩田剛典、長澤樹、片桐はいり、宇崎竜童、木村多、由紀さおり、草刈正雄ほか。番組公式Twitterアカウントは「@nhk_dramas」。PR動画は番組公式サイトにて公開中。

NHK「一橋桐子の犯罪日記」番組公式サイト
NHK俳句番組公式サイト

【2022年秋ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!