チョン・イル「ヘチ 王座への道」第1話<賤しい王子>あらすじと見どころ

[11月09日08時00分]  【ドラマ】

チョン・イル「ヘチ 王座への道」第1話<賤しい王子>あらすじと見どころ

©SBS

いよいよ明日11月10日(日)夜9時からNHKBSプレミアムにて放送開始する超話題の韓国時代劇「ヘチ 王座への道」の第1話あらすじと見どころ、豆知識を紹介!番組公式サイトには主演チョン・イルからのコメント動画と予告動画が公開されている。

【「ヘチ」を2倍楽しむ】では、ドラマの時代背景や見どころ、実在の人物の紹介などをまとめて紹介している。
第1話視聴の前に、ドラマ前史と派閥=党派(老論、少論、南人)について詳しく解説している【エピソード0】のご一読をお勧めしたい。

■キャスト相関図(NHK)
延礽君ことイ・グム役:チョン・イル
茶母ヨジ役:Ara(コ・アラ)
熱血漢パク・ムンス役:クォン・ユル
町のごろつきダルムン/タルムン役:パク・フン
密豊君ことイ・タン役:チョン・ムンソン
ほか

■第1話「賤しい王子」(見どころ・豆知識)
1719年、粛宗治世の末期、国王の長男で王位継承者である世子(セジャ)イ・ユンに世継ぎができないことが分かる。朝廷の2大派閥は生き残りをかけて動き出し、老論(ノロン)派は、素行の悪い傍系の王族、密豊君(ミルプングン)ことイ・タンを推し、少論(ソロン)派は、王の三男の延齢君(ヨルリョングン)ことイ・フォンを推す。世子を支持するのは当時ほとんど朝廷に残っていない少数の南人(ナミン)派だけだった。
派閥については【エピソード0】で。粛宗については粛宗紹介、イ・ユンについては景宗紹介で詳しく紹介している。

司憲府の監察官ウィ・ビョンジュは科挙(役人登用試験)に首位合格したが、南人出身のために肩身の狭い思いをしていた。その夜同僚のハン・ジョンソクたちは“夜茶時”を決行し、密豊君の関与が疑われる殺人事件を隠ぺいしようとした老論の重臣キム・チャジュンを告発する。司憲府の長官イ・イギョムは、自分の知らないところで自分と同じ老論の重臣が夜茶時(ヤダシ)に遇ったと聞き憤慨する。
景福宮(ヘチ)@navicon(2019.6.30:景福宮にて)“獬豸(ヘチ)”とは善と悪を審判する伝説の動物で、司憲府の役人はヘチと呼ばれていた。ソウルにある景福宮にもこのヘチがある。ウィ・ビョンジュンを呼び出したのは老論の長ミン・ジノン。彼がヘチについてどう語るのか?ビョンジュ役は「イ・サン」で正祖の右腕ホン・グギョンを演じたハン・サンジン。本作ではどんな役回りなのか?司憲府とは役人の違法行為を監督する官庁。“夜茶時(ヤダシ=야다시)”とは、朝鮮時代、非常時に司憲府の監察が夜中に緊急集合してことを起こすことを言う。韓国語では騒がしいことを“ヤダン(야단)”といい、密豊君の恋人ユニョンがこれにかけて笑い話にしたのだ。

一方、身分の低い母から生まれ冷遇されている王の次男、延礽君(ヨニングン)ことイ・グムがチョホンという女を連れて都に戻ってくる。帰郷早々、名馬を手に入れるためにイ・グムは科挙の替え玉を引き受け、受験会場でおせっかいな若者パク・ムンスと知り合う。ところがパク・ムンスに替え玉受験を見破られてしまう。町を逃げ回るイ・グムは、異母弟のヨルリョン君と遭遇する。
登場からチョン・イルの細マッチョな肉体美や馬を駆って砂浜を走るカッコいい姿が拝める。本作はチョン・イルの除隊後初のドラマ復帰作。演じたのは「トンイ」のヒロインの息子で「イ・サン」の祖父に当たる後の英祖の役。時代劇は撮影が厳しいと言われているが、これまで時代劇に主演している彼にとっては、時代劇での復帰が気楽だったとのこと(韓国での評判参照)。チョン・イルとクォン・ユルの掛け合いが愉快だ。パク・ムンスについては朴文秀で紹介している。

その頃、宮殿では仁元(イヌォン)王妃の誕生の宴が開かれており、イ・グムはヨルリョン君と共に宴に出席するがみんなから冷たい目で見られる。ミルプン君はイ・グムがなぜヨルリョン君側に就くのかと聞くが、イ・グムは相手にせず、お互い賤しい血筋、傍系の血筋と言い合う。
ミルプン君を強烈なキャラクターで演じているのはチョン・ムンソン。ミュージカル『地下鉄1号線』でデビューしているだけに、宴で披露する“剣舞”はなかなか見もの。

王がミルプン君の先祖である昭顕世子の妻、姜嬪の復権を宣言する。ミルプン君はこれにより後継者争いで優位に立てると喜び、ヨルリョン君を擁する少論は焦り、世子イ・ユン側はいよいよ世子交代なのかと落胆する。
昭顕世子は清に融和的だったことで父王(16代王・仁祖)に疎まれ不審死しており、その後、仁祖毒殺の濡れ衣で妻、姜嬪は処刑された。夫婦について詳しくは「悲劇の昭顕世子に向けた仁祖の怒り」で紹介している。

イ・グム宅では、妻ソ氏がチョホンを連れてきたことに憤慨し、チョホンに手をあげる。帰宅したイ・グムはチョホンに母が賤民だったことを話し、自らを賤しい王子と蔑む。チョホンはだから賤民の自分に優しくしてくれるのかと、イ・グムに感謝する。
グムがチョンホに話す内容はまさに「トンイ」でハン・ヒョジュが演じたヒロインのトンイこと崔淑嬪だ。

替え玉受験男(イ・グム)を執念深く捜し続けるパク・ムンスは司憲府ジョンソクに会いにいき、「52才、ノ・テピョンの替え玉受験をした男を探したい」と訴えるが、ジョンソクから「司憲府の役人になってからやれ」とあしらわれてしまい、茶母のヨジに手伝ってもらおうと考える。

その頃、妓楼では、酒を飲むイ・グムが、妓生に変装したヨジを見かける。ヨジは、老論のミン・ジホンら重臣たちの密会を探っていた。老論ではミルプン君は暴君になるだろうと予測していたが、だからこそミルプン君と手を組んで朝廷を掌握できると考えていたのだった。ところが、優位に立ったといえ、司憲府の監察官たちが殺人容疑でミルプン君に捜査の手を伸ばしており、油断はできない。ミン・ジノンは、司憲府長官イ・イギョムに、正義感で熱くなるハン・ジョンソク封じは、南人のウィ・ビョンジュに任せるよう告げる。

別室のイ・グムは、自分が請け負った替え玉受験の依頼主がミルプン君だったと知り愕然とする。そしてミルプン君が自ら殺害した死体の数を記録する“タン刑屍録”というのがあると知る。この情報はハン・ジョンソクも握っており、ヨルリョン君に報告していた。
”刑屍録”について報告するジョンソクの話の中で、ミルプン君の犯罪歴を知ることができる。そしてここで“52才、ノ・テピョン”が何者で、今どうなったのかも分かるのでお聴き逃しなく。

イ・グムはミルプン君が何を企んでいるのか調べるために、彼が開く狩猟大会に出席することに。刑屍録を手に入れるためにヨジもまた大会に潜り込む。ミルプン君の幕舎で刑屍録を探している現場をイ・グムに見られてしまい、幕舎を出たところでミルプン君たちと出くわし…。
今回はヨジ役のAraの妓生姿や、激しいアクションが見られる。

一方、町では科挙の合格者発表が貼りだされ、パク・ムンスは合格者一覧にある名前をみつけて驚愕する。
ムンスが見つけたのは、自分の名前なのか、それとも?

NHK「ヘチ 王座への道」番組サイト
 2019.11.10スタート 毎・日21:00~22:00
ヘチ 王座への道【2分動画】

kandoratop【作品詳細】【「ヘチ」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  3. 沢口靖子「科捜研の女19」第24話、土門(内藤剛志)が警察学校の教官に?!予告動画と第23話ネタバレあらすじ
  4. BS12「ホジュン~伝説の心医~」第51話~55話あらすじ:オグンついに恋成就!ジュンのヒル治療とは?予告動画
  5. BS12「ホジュン~伝説の心医~」第56話~60話あらすじ:都を捨てる~イェジン、サムジョク寺へ!予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,917タイトル、  87,418作品!

相続の相談